FC2ブログ
    ウナギと梅干
    2010年07月29日 (木) | 編集 |
    土用の丑の日も過ぎ、時期はずれの観も否めませんが。(´^▽^`)なはは

    「ウナギと梅干は食べ合わせが悪い」と言われています。
    本当にこの説は正しいのでしょうか?

    鰻と梅干

    医学的には、梅干は胃酸の分泌を促してウナギの油分の消化を助けますから、どちらかというと好ましい組み合わせとなります。
    つまり、食べ合わせの言い伝えは、医学的根拠は無いです。

    ネットで調べると、結構自分達が実験台になって「ウナギ+梅干」の経口摂取試験をやっています。
    それらの結果を総合してみますと「全く問題なし」という結論が出ています。

    どうも「ウナギと梅干の食べ合わせが悪い」というのは迷信なようですね。

    では、いったい何故そのような迷信が生まれたのでしょう。
    それには、いくつかの説が考えられています。

    【ぜいたくの戒め説】
    梅干は胃酸を分泌させ、食欲を増進させます。
    梅干と一緒に食べると、高価なウナギをたくさん食べてしまいます。
    それはあまりに贅沢でイカン!

    【過食の戒め説】
    ウナギも梅干も、とても食がすすみます。
    脂っこいウナギも、梅干を食べながらだと口の中がサッパリして、ついつい食べ過ぎてしまいます。
    それでは食べ過ぎてしまってイカン!

    【栄養の消失説】
    「脂っこい食物をサッパリさせる梅干は、きっとウナギの栄養分を消してしまっているに違いない」
    それではイカン!  
    という誤解。

    【食中毒の予防説】
    うなぎが腐っていた時の酸味を梅干が打ち消してしまって分からなくなってしまう。
    それでは食中毒になってしまうのでイカン!

    どの説も分かったような分からないような理論ですね。

    とりあえず問題無さそうなので、腐ってないウナギと梅干をモリモリ食べて、暑い夏を乗り切りましょう。


    いんちょ

     よかったらポチッとクリックしてください
    関連記事
    テーマ:食品・食べ物・食生活
    ジャンル:ライフ
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック