FC2ブログ
    英語の表現方法
    2012年06月06日 (水) | 編集 |
    昨日のシュミット博士のレポートもそうなんですが、時々面白い英語の記事を和訳してブログに書いています。でも、あまり英語が得意ではありませんから毎回和訳には四苦八苦しています。

    シュミット博士の痛みの表現は独特なものがあって、かなり困難でした。
      fruityな痛みって??

    中でも困ったのは9位のヒアリの項でした。
    ” Like walking across a shag carpet and reaching for the light switch.
    <直訳>毛足の長いカーペットを横切り、照明のスイッチに手を届かせるような

    一体痛みはどこに??

    一晩考えましたが結局分かりません。
    オーストラリアに住んでいたことがある「マックス母」さんがご近所にいらっしゃるので聞いてみましたが、やはり分からないとのこと。
    でもその後、マックス母さんは目を輝かせてFacebookで問い合わせたり、知り合いの外人さん(!)にメールで問い合わせてくれたりしました。なんて素晴らしい探究心!

    そして教えていただいたのが
    「シャグカーペットの上を歩くとかなり静電気が起きるようで、そのまま家電製品やスイッチに触るとバチッと放電するらしいから、そのことじゃないかな?」
    とのことでした。
    なるほど、それなら痛みの表現として分かります。

    毛足の長いカーペットの上を歩くことがほとんどない日本では理解しにくい文章表現です。
    英語の和訳ではいつも苦労していますが、今回は生活背景まで知らないと訳せないという難関でした。

    もしかしてもっといい和訳があるよ、という方は是非教えて下さい。

    いんちょ

     ←よかったらポチッとクリックしてください
    関連記事
    テーマ:ことば
    ジャンル:学問・文化・芸術
    コメント
    この記事へのコメント
    英語表現と言うより、
    この人の本気ともパロディともつかない研究姿勢に問題があるんだろ
    私は好きだが


    柳田理科雄を思い出した
    2012/06/06(Wed) 15:28 | URL  | せんせい #-[ 編集]
    >せんせい
    いや~~、パロディで踵に錆びた釘を刺して火の上を歩いたりしないでしょう!
    ガチ本気に違いない。^^;)


    > 私は好きだが

    だと思いました。^-^)v
    2012/06/06(Wed) 15:39 | URL  | いんちょ #-[ 編集]
    その後のFacebookのコメントで、
    どうやらアメリカ人しかわからない表現らしいです。オーストラリア人は「へぇ~そうなんだ、初めて聞いた。勉強になった」なんぞと言ってました。Myハズバンドもその一人。
    2012/06/06(Wed) 22:20 | URL  | マックス母 #-[ 編集]
    >マックス母さん
    色々調べていただきまして、本当にありがとうございます。

    アメリカ人にしか分からない表現を公式発表されても・・・・って感じです。^^;)

    とは言え、そういう自分も日本人にしか分からない表現をしているのかも?なんて思います。
    それならまだしも、
     静岡県の東部だけ、とか
     友人の間だけ、とか
     マニアだけ、とか
     自分だけ、とか
    極一部にしか通じない話をしていることもあるなぁ~、なんて反省してます。 ̄  ̄;)

    でも個人のブログじゃ、ま、いっか。   

                  誰がジャマイカやねん! -”-+)
    2012/06/07(Thu) 14:39 | URL  | いんちょ #-[ 編集]
    おそらくはほとんどのアメリカ人にも理解されない、
    慣用句でも何でもない、この人独特のウィットと思われます。
    『10位の表現から類推出来る頭の良いヤツだけ分かればよろしい』
    ぐらいの気持ちかと。
    2012/06/08(Fri) 01:40 | URL  | せんせい #-[ 編集]
    コメントを投稿
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック