FC2ブログ
    あい動物病院の周りで起こった出来事や、気になるニュース、趣味のこと、思ったことなどを 気の向くままのんびり書いていきます。
    フィラリアの血液検査1
    2012年04月25日 (水) | 編集 |
    犬フィラリアの予防開始前に血液検査をしています。以前にも書きましたが、検査をする理由は2つあります。
    1)去年までの予防ができているか。
    2)もし既にフィラリアに感染していると、予防薬投与で副反応がでることがあるので、その防止のため。

    検査は成虫抗原検査と、顕微鏡によるミクロフィラリアの検出です。

    犬フィラリアは心臓に寄生する寄生虫です。メスは血液中にミクロフィラリア(以下mf)という子虫を産みます。mfは長さ300μm程で血流に乗ってワンちゃんの体内を巡っています。
    蚊がワンちゃんの血を吸う時にmfも吸い込みます。蚊の体に入ったmfは2回脱皮して感染子虫へと成長します。
    感染子虫は、蚊がまたワンちゃんの血を吸う時にワンちゃんに移動します。ワンちゃんの体内に入った感染子虫は6~7ヶ月かけて心臓まで移動し成虫になります。


    開業当初は「犬を見たらフィラリアと思え」と言われるくらいフィラリアが多かったですが、皆さんの予防意識が向上したためにかなり少数になりました。
    しかし、まだまだ絶滅したとは言えません。しっかり予防しましょう。^^)v


    ちなみに、ミクロフィラリアとはこんなヤツです




    クネクネ動いている透明な糸状のヤツです。その周りのツブツブが赤血球です。
    憎たらしいでしょ?`Д´メ)

    いんちょ

     ←よかったらポチッとクリックしてください
    関連記事
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック