FC2ブログ
    ニキビダニ
    2011年09月14日 (水) | 編集 |
    ニキビダニは「アカラス」「毛包虫」とも呼ばれます。学名をDemodexというのでそのまま「デモデックス」と言うこともあります。

    憎々しいダニの仲間ですが、実は人では寄生率は100%という報告もあって、ほとんど全ての人の皮膚に寄生しています。^^;)

    アカラス
           ワンコの皮膚の掻爬検査で検出されたニキビダニ

    化粧品会社やマスコミなどがニキビなど皮膚病、肌荒れの原因と喧伝していますが、過剰増殖が起きない限りは実害はほとんどなく、このダニに対する不安をあおることによって無用な恐怖心が引き起こされる害のほうが多いとも言われています。
    というか、顔の余分な皮脂や皮質などを食べてくれるため、顔の清潔を保つために必要不可欠な虫とさえ言われています。

    皮膚病として発症するのは、ニキビダニが異常に過剰に増殖をしてしまった場合です。
    過剰増殖は、動物の体調が悪かったり免疫力が低下したりした時に起こります。これは、マラセチアの時にお話したのと同じです。

    ニキビダニ症はなかなか厄介な皮膚病で、有効な治療法の無かった昔は「安楽死」の対象だったと聞きます。これは皮膚病に罹ったワンちゃんが治らないばかりか、他のワンちゃんに伝染すると考えられていたからです。

    治療は一昔前はアミトラズという農作物用の殺ダニ剤(農薬!)で身体を洗っていました。w(°◇°)w
    当院でも何頭かアミトラズで薬浴しましたが、幸いにも重篤な副作用は出ませんでした。
    その後、動物に寄生する線虫(回虫、鈎虫など)の駆虫薬のイベルメクチンドラメクチンがかなり効果があることが分かり、治療に使われています。

    1歳未満の幼弱なワンちゃんがニキビダニ症になった場合は比較的楽観視しています。というのも、成長するに従ってワンちゃんの免疫力が高まって、ニキビダニに対抗する抵抗力が付いてくることが期待できるからです。
    その反面、高齢になってからニキビダニ症になった子はかなり厄介です。一旦治ったように見えて治療を中止すると、しばらくして再発することが多いのです。老齢のワンちゃんの免疫力が若い頃のように強くなることがないからです。

    さて、このうようなニキビダニですが、どういう訳かニャンコではほとんど発症例がありません。
    ところが、以前に当院にニキビダニ症のネコちゃんが来たことがあります。

    アカラス (猫)
               ネコちゃんから検出されたニキビダニ

    そのネコちゃんは他の動物病院で治療中でしたが、治らないということで転院してきました。皮膚の掻爬検査をしたら上の写真のニキビダニを見つけました! ネコでは初めて! ヽ(☆o☆)ノわぉ!
    実はそのネコちゃん、長期の大量のステロイド治療のために免疫低下を起こしていたばかりか、糖尿病になってしまっていてひどく体調が悪かったのです。
    治療の甲斐あって(といっても主はステロイドの中止です・・・^^;)、このネコちゃんは元気になり、糖尿病も治り、皮膚もきれいになりました。

    マラセチア症もそうですが、このニキビダニ症に罹るのには何か身体の不調があるはずです。その何かを見つけないと、マラセチア症、ニキビダニ症からの完治は難しくなってしまいます。

    いんちょ

     ←よかったらポチッとクリックしてください
    関連記事
    コメント
    この記事へのコメント
    先生、ニキビダニに侵されたニャンちゃんの皮膚は
    どんな状態ですか?

    以前、膵炎で入院していたニャンが、退院時に
    足が真っ赤になって帰って来たことがあるんです。
    担当の先生は「尿やけ」と、一言。( ̄_ ̄ i)タラー

    帰宅後、粗相する度に、洗って・温かいタオルを
    当てる。を繰り返しましたが、
    ずぅ~とよくならなかったです。
    母イワク、「人間の赤ちゃんなら、これですぐ治る。」
    と、言うのですが・・・。( ̄_ ̄ i)タラー

    ステロイドも長期使用していましたし・・・
    免疫力おちてたし・・・
    ニキビダニが過剰増殖していたのでしょうか?

    って・・・

    「どうぶつ病院.JPに行きなさい」?

    。・°°・(((p(≧□≦)q)))・°°・。ウワーン!!ダダヲコネル
    2011/09/23(Fri) 17:06 | URL  | メイ #-[ 編集]
    >メイさん
    > 先生、ニキビダニに侵されたニャンちゃんの皮膚は
    > どんな状態ですか?

    特徴的な症状が出ないのが特徴です。 ( ̄~ ̄)禅問答か?
    グジュグジュになる場合もただ脱毛するだけの場合もあります。
    混合感染があると、化膿したり皮膚に穴が開いたりします。

    足が真っ赤になったニャンコちゃんはその後どうなりましたか?
    ステロイドは中止しましたか?

    皮膚をカジカジしたのを顕微鏡で観察しないと分かりませんが、
    ネコのニキビダニ症は極々まれですから、他の皮膚炎を考えた方がいいと思います。

    お大事に~。
    2011/09/24(Sat) 15:24 | URL  | いんちょ #-[ 編集]
    (ノ´▽`)ノオオオオッ♪どうぶつ病院.jpの後藤先生だ~
    .....ヾ( 〃∇〃)ツ キャーーーッ♪
    って・・・この人↑(つまり、私)
    いつも、どなたとお話させて頂いていると
    思っているのでしょう・・・( ̄ー ̄?).....??

    【この回答をした先生にお礼のコメントをする】ポチッ
    「先生、ありがとうございます。
    尿やけでは無い可能性もある。特定には適切な検査が
    必要。ということですね。早速、顕微鏡での検査を
    お願いしようと思います。」
    と、コメントしたいのですが、

    ステロイドは皮膚の状態に関係なく、「減らす」と
    当時、担当の先生は仰っていました。
    けれど、炎症(化膿気味)については、よくならないまま、
    他の病気により(腎不全・心不全)で亡くなりました。

    膵炎で入院する前、その病院の先生が他の飼い主さんを
    引き合いに出され、こう仰いました
    「最近の飼い主さんは、入院中の猫に神経質で困る」
    と・・。
    なので、先生の「尿やけ(それが何か?)」の
    一言に、何も言えませんでした。

    そんな頼りない飼い主であったため、
    あ~ではなかったか・こうすれば良かったのでは・・・と
    亡者のように冥途ではなく・・・娑婆をさまようことがあります。
    「恨めしや~」ではなく・・・・
    何だったんだ?どうして?なぜなんだ?本当のことが知りたくて
    さ迷います。
    <(_ _*)> すみません。
    2011/09/24(Sat) 16:56 | URL  | メイ #-[ 編集]
    >メイさん
    そうです。私がどうぶつ病院.jpの変なオジサンです。σ( ̄▽ ̄;)

    > 「最近の飼い主さんは、入院中の猫に神経質で困る」

    (?へ?)  へ?
    意味不明です。
    入院中のわが子に神経質にならない親がいるのでしょうか?

    なるべく飼い主さんに心配をかけないようにするのも獣医師の役割だと思います。
    <( ̄^ ̄)> カライバリッ

    当院ではなるべく飼い主さんに納得してもらいたくて一生懸命説明をします。
    話し方が下手なので充分に伝わらないこともあるかもしれません。
    そして、
    私には分からないことは「分かりません」
    私にはできないことは「できません」
    と正直に言ってしまうので、飼い主さんは不安に思うかもしれません。

    でも結局はそれが飼い主さんの益になると思っています。

    分からないこと、できないことを、
    分かる先生、できる先生に紹介するためには
    多くの先生達との交流が必要です。

    ということで、BBQ大会の必要性を説いてみました~。(⌒▽⌒*)
    2011/09/24(Sat) 20:07 | URL  | いんちょ #-[ 編集]
    本当ですか?(ノд・。)
    「入院中の猫に神経質で困る」←は、
    意味不明ですか?(ノ△・。)
    「メインの病気に対して集中治療している時に、
    横からゴジャゴジャ細かいことを言うなー!」
    とは、普通、思わないものですか?(TmT)
    素人には、獣医さんとお話する際の常識・非常識が分かりません。
    故に、もちろんこちらに悪気は無いのですが、
    先生の気持ちを害することもあるかと思います。
    そしてしいては、それが我が子のためにならないこともあるのでは?
    と、ビビリ・・言葉を呑み込むことがあるのです。・゚・(ノД`;)・゚・。
    ( ̄^ ̄)マジナツブヤキ

    けれど、どうぶつ病院.jpの先生方は、どんな質問に対しても、
    とても親切で優しい先生が沢山いらっしゃいますね。
    にゃんの死後、あそこに入り浸って同じ病気の方の相談や回答を
    読み漁っていました。回答を頂いたこともあります。
    中でも、あい動物病院の後藤先生はピカ1ですd(*⌒▽⌒*)b
    「あ~、こんな素敵な先生(後藤先生)も世の中にはいらっしゃるんだ~」
    と、ホッとした様な、嬉しい様な・・・これが、最初の印象でした。

    インフォームドコンセントという言葉も、このサイトで知りました。
    (受けたことないし・・・<( ̄^ ̄)>←イバルコトデモナイ)
    もっとも、にゃん在世の時には、病気のことや、お薬のことを
    ネット検索してる間が無かった(投薬・強制給餌に必死のパッチだった)のが、
    非常に悔やまれます。

    BBQ大会?BBQ・・・BBQ・・・?「(ーヘー;)え~と・・・
    ( ̄-  ̄ ) ンー
    分かった!ヽ(*'0'*)ツ バーベキュー大会だ!!
    (; ̄Д ̄)先生が言うと、医療用語かと思うんだよなぁ~・・・。

    ( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ
    2011/09/25(Sun) 16:54 | URL  | メイ #-[ 編集]
    >メイさん
    獣医師にも色々な考えの人がいます。
    何が常識なのか、それも人それぞれのような気がします。
    そもそも「常識」って何でしょう?

    > 「メインの病気に対して集中治療している時に、
    > 横からゴジャゴジャ細かいことを言うなー!」

    そういう方もいらっしゃると思います。
    「素人が口出しするんじゃねー!」
    と凄む方もいます。でも素人だから色々聞きたいんですよね。

    私は「自分は何でも知ってる」という人を信用できません。
    特に「犬のことなら何でも聞いて」なんて!
    同じ人類のことでさえ分からないことばかりなのに、ワンコの全てを知っているとは?
       神です。
    私は人です。σ( ̄▽ ̄;)

    獣医師は神ではありませんから全知全能ではありません。
    ですから飼い主さんも、神ならぬ人の獣医師の性格を見抜いて質問しなければならないのかもしれませんね。

    私は(前にも書きましたが)飼い主さんに納得して欲しいのです。
    だから、絵を描いたり、メモをしたり、写真を見せたりして
    色々な方法で説明をします。
    もしかしたら、言ったことの半分もご理解いただけないかもしれませんけど・・・。
    それでも説明します。
    だって、自分がそうして欲しいから。

    > けれど、どうぶつ病院.jpの先生方は、どんな質問に対しても、
    > とても親切で優しい先生が沢山いらっしゃいますね。

    本当にそうですね。
    最近はあまり回答してないのですが、
    回答しようと色々考えたり調べたりしている内に、他の先生が回答していたりします。
    その回答を読むのも私の勉強になります。
    皆さん本当にいい先生ばかりですね!

    そうそう、
    あそこで回答するには、ウソや偏見があってはいけないと思いますから、
    簡単な回答でも私は必ず資料を調べてから書いています。
    それがまたとても勉強になるのですよ! (^-^)v

    > 中でも、あい動物病院の後藤先生はピカ1ですd(*⌒▽⌒*)b

    「ピカッ」と言われると頭のことかと・・・・( ̄_ ̄)☆
    あれ?私はメイさんのご質問にお答えしたことがありましたか?
    スイマセン、覚えてなくて。m(_ _)m

    こんなにお褒めいただくのでしたら、
    もう少し頑張って「どうぶつ病院.JP」で回答しなければいけませんね。

    長文失礼しました~。( ̄▽ ̄)ヽ
    2011/09/25(Sun) 21:52 | URL  | いんちょ #-[ 編集]
    常識・・・
    お仕事でいうと、業界ごとにある様な気がします。
    そして、私の言葉の使い方に問題がありますねm(_ _)m。

    常識=一般の社会人が共通にもつ、またもつべき普通の知識・意見や判断力。
    の常識ではなく・・・

    常識=業界のルール(掟)という意味で、
    獣医さんとお話する際の常識が分かりません。と、書きました。

    昨夜も母に、
    「私がコメントした内容に対して、先生が意味不明と言って下さった。
    皮膚の炎症を心配すること、入院中の猫に対して神経質になることは
    決して非常識(獣医さんに対して失礼で間違った言動・行動)ではない。と
    言って下さった。」と、話をしたところです。

    そして、こちらは先生のところより、かなり遅れているのカモ知れません。
    飼い主も獣医さんも・・・。
    飼い主さんは、先生様様(神様)扱いで、
    獣医さんは、神にならなくてはいけないので、治らないと
    「素人が口出しするんじゃねー!」 とイライラされますし(例えデス)、
    後藤先生から頂いたコメントを見ていると、
    「なぜ、こちらの病院のことを、こんなにご存知なのでしょう?」と、
    思うくらいドンピシャです。(ドン“ピカ”ではありません)
    けれど、後藤先生と同じ様に、「分からない」ことは「分からない」と
    仰って下さる先生もいらっしゃいます。
    私の場合は、「その先生が分からない」ことが不安なのではなく、
    「分からないなら、どうすれば良い?」という、その先が見えないのが不安でした。
    別の病院へ行きなさいということだろうか?
    「そうしてもらっても結構です」と返事がありました。
    担当の先生が、他の病院へ行きなさい。というなら、指示に従うし・・・
    「いえ、そうは言いません(他の病院を紹介するような症例ではない)」
    と返事がありました。
    「考えます」でもなく「他の治療方法について」でもなく・・・。
    こういう時、関西弁にすると・・・
    「どぉお、せぇええちゅうねんっ!」と、なるわけで・・・。
    ただ、坦々と今までと同じ治療を続けていることに不安を覚えました。
    こちらの先生の言われる「分からない」は
    後藤先生が使われる「分からない」とは、また違った使い方なのでしょうね。
    おバカ(私)には、こちらの先生の「分からない」が理解出来ませんでした。

    後藤先生は、本当に生き物全てに誠実な方だと思います。
    無理に、飼い主さんの目線に合わせている様子を見た(読んだ)ことがありません。
    ワン・にゃんを思うばかりに、怒っている先生を見た(読んだ)ことがあります。
    もちろん、相談者を叱ったりキツイ言葉の返事だったわけではありません。
    私は、当時、ずぅ~っと、そういう獣医さんを探していました。
    何より一番に、患者のことを思って下さる先生を。それがまた飼い主の幸せにもなります。
    先生なら、「その心得は獣医さんとしては( ̄^ ̄)当然のことデス」と
    仰りそうですが(^O^)現実はなかなか・・・難しいです。。

    最後になりましたが、

    私は人です。σ( ̄▽ ̄;) ←先生、この間、動物と喧嘩しなくなった=仙人になった。
    と、仰ってましたよ~(* ̄Oノ ̄*)ホーッホッホ!!

    こちらこそ、お仕事に加え稲刈りと、お忙しいところを長々とすみませんm( __ __ )m。
    2011/09/26(Mon) 17:08 | URL  | メイ #-[ 編集]
    >メイさん
    飼い主さんと獣医師は、結局人対人ですから
    相性があると思いますよ。

    そちらでもきっと私と同じような考えの獣医さんがいると思います。
    見つけるのが難しいかもしれませんが。

    > 怒っている先生を見た(読んだ)ことがあります。

    へ?この私が?怒る?
    さぁ~、そんなことがありましたかねぇええぇぇ・・・♪~( ̄ε ̄;)スピー  (アノヒトカ・・・)

    私は(思いっきり私見ですが)、誰に対しても威張る人はダメだと思っています。
    何事にも謙虚であれ、と。



    そして仙人に・・・・( ̄_ ̄*)ぼー
    2011/09/26(Mon) 23:06 | URL  | いんちょ #-[ 編集]
    コメントを投稿
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック