FC2ブログ
    マラセチア
    2011年08月27日 (土) | 編集 |
    ワンちゃんの皮膚炎や外耳炎の原因菌の一つにマラセチアがあります。
    マラセチア真菌(カビ)に属しますが、ボーリングのピンのような形をしていて菌糸を出しません。以前は”ピチロスポラム”とも呼ばれていました。

    マラセチア

    ワンちゃんの耳垢を取って、スライドガラスに塗って染色したものを顕微鏡で見ます。
    どれがマラセチアかというと・・・

    マラセチア2

    黄色い丸で囲んだ点々がマラセチアです。かなり大量に繁殖しています。

    皮膚炎の場合は、セロハンテープで皮膚の垢や角質を取ってそれを染色して見ます。

    何とも厄介な真菌ですが、実は正常な皮膚上や耳の中などにも存在する常在菌で、普段は全く悪さをしません。
    しかし脂質や湿度のある場所をとても好み、ワンちゃんの体調が悪かったり免疫力が低下したりして、その適した環境になると栄養分をたくさん取り入れどんどん増殖していきます。
    それによりマラセチアが原因となる外耳炎や皮膚炎などを引き起こしてしまうのです。

    直接的な治療は抗真菌薬の塗り薬か飲み薬を使用します。
    ですが、ワンちゃんの体調を整えることも大事です。
    夏はその暑さだけでも体調を崩す原因となりますから、皮膚炎が非常に多い時期となります。
    また皮膚を清潔に保つことも非常に大事です。皮膚炎を起こしやすい子は、夏はサマーカットをしてマメにシャンプーをするだけでも皮膚炎の予防に役立ちます。

    ところで上の写真、ちょいと補助線を引くと・・・

    スヌーピー?

    なんだかスヌーピーの耳からマラセチアが飛び出してきているように見えませんか?

    スヌーピー好きの方、ごめんなさい。m(_ _)m

    いんちょ

     ←よかったらポチッとクリックしてください
    関連記事
    コメント
    この記事へのコメント
    こんにちは('-'*)


    私もはじめワンちゃんの横顔に見えました。
    (^_^;)


    サニーさん、只今8ヶ月。

    先週より1歳~のフードをパピーフードに少し混ぜて食べてます。

    よくわからなかったので受付で奥様にユーカヌバの小粒と中粒の試供品を頂き、様子をみる事にしました。


    パピーフードに小粒と中粒を少し混ぜてあげてみましたが…


    サニーさん、まったく気にせずに召し上がってます♪
    (^w^)

    さすが食いしん坊♪


    中粒から食べてるくらいですから~


    (o^∀^o)


    またフードについてのアドバイスもよろしくです♪
    2011/08/28(Sun) 13:01 | URL  | タコス(バセンジーサニー) #-[ 編集]
    ほんとだぁ~o(>▽<)oスヌーピーの横顔ですネ♪
    耳垢の中は色々な生き物が住んでいるのですね
    (最近ミミダニの画像を見ました)
    マラセチア菌って、人間の皮膚の表面に常在してる
    あのマラセチアと同じですか?薬も人間と同じですか?
    ワンくん、きっと痒いのでしょうね、、(~д~*)カユカユ

    先生、ヘモバルトネラ症には
    バチリオンやプレドニゾロンで効果がありますか?
    2011/08/28(Sun) 14:23 | URL  | メイ #-[ 編集]
    >タコスさん
    ワンちゃんもニャンコちゃんも(人も・・・)一旦太ると、なかなか痩せません。
    太る前に対処した方がいいですね。
    子犬用フードは高栄養高カロリーなのですが、
    よく食べる子はやはり太ってしまいます。

    メーカーに「体重管理用パピーフードを作って」とお願いしているんですけどね~。
    なかなか実現しません。( ̄^ ̄;)
    2011/08/29(Mon) 11:06 | URL  | いんちょ #-[ 編集]
    >メイさん
    人はマラセチア・フルフル、犬はマラセチア・パルチルマティスで別種ですが、同じ薬を使います。

    ミミダニも動画を飼主さんに見てもらうと、皆さん同様に身体を痒そうに掻きます。^^;)


    > ヘモバルトネラ症には、バチリオンやプレドニゾロンで効果がありますか?

    ヘモバルトネラは赤血球に寄生する原虫による貧血を主訴とした病気ですが、
    治療にはテトラサイクリン系の抗生剤を使います。
    テトラサイクリン系が体質的に合わない場合はニューキノロン系を使いますが、
    ペニシリン系(バチリオンなど)は使わないですね~。
    貧血が重度の場合にプレドニゾロンを使うことはありますが、あくまでも補助治療です。
    2011/08/29(Mon) 11:23 | URL  | いんちょ #-[ 編集]
    主力抗菌剤になった順番
    テトラサイクリン→ペニシリン→ニューキノロン=みんな同じ抗菌剤?と
    思いましたが、○○系によって用途が違うのですね^^;
    質問させて頂いた抗生物質やステロイド剤は、
    腎不全の猫ちゃんが処方されていた薬なのですが、貧血が酷いため、
    担当の先生が、ヘモバルトネラの疑いを持たれたそうです。
    その後、検査することもなかった様なのですが、それはもしかして、
    『処方された薬の中にヘモバルトネラを考慮した薬が入っているから・・
    担当の先生は検査をせずとも薬で様子を見ておられたのでは?』
    と思ったのですが、甚だ見当外れということになりますね(;^_^A

    マラセチアは、別種ですか~。そして薬は同じということは・・
    抗真菌シャンプーのコラージュフルフルを一緒に使えるということですね~。
    (飼い主さんも、皮膚病になっていたらですが・・・)
    2011/08/29(Mon) 17:33 | URL  | メイ #-[ 編集]
    >メイさん
    貧血の原因も色々ですからね。

    ヘモバルトネラもすんなり見つかれば分かりやすいんですけど・・・。
    診断的治療としてテトラサイクリン系を使うこともあります。

    マラセチアの治療に人用の抗真菌薬を使っています。
    コラージュフルフルは使ってませんが・・・^^;)
    2011/08/30(Tue) 14:14 | URL  | いんちょ #-[ 編集]
    コメントを投稿
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック