FC2ブログ
    あい動物病院の周りで起こった出来事や、気になるニュース、趣味のこと、思ったことなどを 気の向くままのんびり書いていきます。
    半世紀+1 富士登山^^;)
    2011年08月17日 (水) | 編集 |
    <去年の様子はこちら↓をご覧下さい>
    ★半世紀記念富士登山 その1
    ★半世紀記念富士登山 その2
    ★半世紀記念富士登山 その3

    去年は50歳になった記念の日でしたから何がなんでも登らなきゃ、の気持ちが強すぎたのか、プレッシャーで前日に寝られませんでしたが、今年は娘リナポンの友達も一緒に登るというのでまた新たなプレッシャーがのしかかってきました。
    結局午前2時を過ぎた時点で寝るのを諦めてビデオを見て起きてることにしました。^^;)

    高山病は睡眠不足も一因と言われますが、「去年大丈夫だったから今年も大丈夫だろう」と、この辺はいたってノンキな私です。事前のプレッシャーには弱いですが、始まれば開き直る性格です。<( ̄^ ̄)>どやっ


    さて、去年と同じようなことを書いてもあまり意味がありませんので、様子が違ったことを書きます。

    富士登山人気が高まっている近年は、同時にマナー違反の人も多くなっているようです。安易な装備の登山者や路上駐車のトラブルも年々増加しているようです。
    そのあたりに警鐘を鳴らす取り組みの一つとしてマイカー規制の期間を延長しようという試みが行われました。
    普段でしたら8月16日はマイカー規制から外れる日ですが、今年はバッチリ嵌りました。
    水ヶ塚公園の駐車場に車を停めて、シャトルバス(有料)かタクシーで富士宮口新五合目まで行きます。でも、お金は掛かりますが、路上駐車してそこから歩くよりは楽ちんです。

          水ヶ塚公園の駐車場にて。これからあの山を制覇するのだ!

    バスは午前6時が始発ですが、5時にはそこを出発したかったのでタクシーに乗りました。タクシー運転手の話では「今年は登山客が少ないですね。特に白人系の外国人が減りました。」だそうです。原発事故の影響はこんなとこにも波及しているんですね。
    実際登っていても今年はとても少なく感じました。

           月と影富士
           富士宮口新五合目より登る前のひと時。月と影富士。

    3月15日の富士宮の地震で富士山スカイラインの一部が崩れ落ちていて、片側交互通行の所もありました。小さく亀裂の入っているところも・・・。
    新五合目から六合目までの道も一部変わっていました。

    新しいロープ
    ここは新品のロープが張ってありました。地震の影響か、ただ単に張り替えただけか?

    登山は相変わらず辛いのですが、今年は準備不足か9合目を過ぎるあたりから左腿の筋肉が痙攣し始めました。幾つまで登れるかなぁと情けなくなりましたが、途中で80歳過ぎのおばあちゃんとすれ違いました。周りにはおばあちゃんをサポートするかのように息子さんやお孫さんと思しき人が数人いましたが、決して手を貸したりしません。おばあちゃんの意思なんでしょうね。黙々と登っていました。
    このおばあちゃんとは下山の時にも偶然逢いましたが、頂上まで行って来たそうです。
    まだまだ51くらいで弱音を吐くとは30年早いゼと思いました。

    あの鳥居がゴール!
        もう一息! あの鳥居がゴールだぁ~!

    今年はみんなの希望でお鉢巡りもしました!ヽ(^▽^)ノ
    日本で一番高い所の剣ヶ峰にも立ちました。この剣が峰に行くには馬の背と呼ばれる砂利の急坂を登らなければなりませんが、疲労困憊の足にはとてもキツイです。砂利で足が滑るのが辛く、みんな泣きながら登ります。大変であれば大変なほど達成感がありますね。

        馬の背
        この坂が”馬の背”。登りきった所に”剣ヶ峰”があります。

    下山はいつも通り御殿場口~宝永山~富士宮新五合目のコースでした。下りが苦手なユータローも年々上手になりいつもなら4時間くらいかかる下山ですが、3時間で下りて来られました。大したもんです。

            鳥居の残骸
            かつて鳥居であったと思われる柱が所々にあります。

    私は”砂走り”で足がついていかずに、派手にコケました。^^;)
    大きな怪我はしませんでしたが、小さな打撲と擦り傷を作りました。カッコ悪~。

    とりあえず、睡眠時間0でも高山病にならずに無事行って来られました。
    でも、みなさんはそんな無茶しちゃダメですよ! 誰もしないか・・・^^;)

    いんちょ 

     ←よかったらポチッとクリックしてください
    関連記事
    テーマ:登山
    ジャンル:スポーツ
    コメント
    この記事へのコメント
    富士登山お疲れ様でした。
    私も一度だけ登ったことがありますが、高山病にかかってしまい大変でした。
    でも、頂上に着いて富士山の影を見つけた時と、すり鉢状の火口を見たときは感動しました。
    かれこれ30年程前の話しです。
    先生のお誕生日8/16は、亡き父と一緒です。
    元気で生きていたなら、喜寿でした。

    PS:菜々は、退院してからちゃんとご飯を食べるようになりました。
      ご飯食べないと、また入院させられるって思ってるのかな?
      傷口もすっかりきれいになって、ますます元気です。
    2011/08/17(Wed) 19:40 | URL  | 菜々ちゃんママ #-[ 編集]
    >菜々ちゃんママさん
    今回で6回目ですが、まだ幸いなことに高山病になったことがありません。
    ネットで調べても「なる人はなる、ならない人はならない」と書いてありますね。
    気の持ちようが大事みたいで、焦るほどなりやすいようです。

    それから、予防の呼吸法があるみたいですよ。
    深くゆっくり呼吸をするといいようです。

    また是非チャレンジしてみてください。(^-^)v
    2011/08/17(Wed) 21:22 | URL  | いんちょ #-[ 編集]
    先生、お疲れさまです(^O^)そしてお帰りなさい♪
    若干1名、派手にコケて打撲・擦り傷をおった方が
    いらっしゃいますが、みんな元気に帰ってこれて
    良かったですヾ(@^▽^@)ノ ワーイ
    (砂だらけになってユータロー君に叱られませんでしたか?)

    今年は登山客が少なかったということで、
    寂しい気もしますが・・・
    金剛棒に記念の焼印押しは、楽にクリアできそうです(⌒-⌒)

    お鉢巡りも出来て、完璧~\(^▽^)/ですね♪

    ケド・・80代のお爺ちゃん・お婆ちゃんも、
    前日は、ちゃんと寝てると思いますよ~。
    先生も、無茶しないで下さいね~。
    (^・ェ・^)(^._.^)(^・ェ・^)(^._.^)ウンウン
    2011/08/18(Thu) 09:48 | URL  | メイ #-[ 編集]
    >メイさん
    九合五勺の焼印は待ち時間0分でした。
    もちろん押してもらいました~。(^O^)ノうほほ~い
    ここは日付が入っているので、記念にもってこいです。

    富士登山してくると、コケなくても砂だらけになっちゃうんですよ。
    風が吹くと結構砂煙が立ちますから。

    若干の軽傷はありましたが、とにかく無事帰ってこられて良かったです。
    しばらく筋肉痛は続くでしょうケド・・・・
    2011/08/18(Thu) 12:04 | URL  | いんちょ #-[ 編集]
    先生、おはようございます。

    富士登山、お疲れ様です!
    我が家も登りたいと言いつつ、毎年実現せず。。。(^^ゞ

    子供たちも5年3年と大きくなりましたし、来年こそはトライ!!!(予(^_^;))
    ユータローくんも全然弱音はきませんか?
    まぁ、先生のお子さんならファイトがあるでしょうが(^^ゞ
    2011/08/19(Fri) 08:34 | URL  | タコス #-[ 編集]
    >タコスさん
    富士山は逃げませんからいつでも大丈夫ですよ~~


    ・・・・と言っているといつまでも登れません^^;)
    何かをきっかけにして登るしかないですね。
    例えば
      小学校最終記念  とか
      10歳記念  とか
      有馬記念  とか     違うかっ!

    ユータローは全然弱音を吐きません。
    リナポンも辛くても「嫌だ」とは絶対言いません。
    幸いにして酷い高山病にはならなかったからでしょうけど、
    結構皆さん、頂上を見て
    「絶対あそこまで行くんだ!」という強い意志が沸いてくるようです。

    小学校低学年と思しき子供達も沢山頂上にいますよ。

    是非、チャレンジ!  してみてください。(^-^)v


    まずは20km散歩から・・・( ̄_ ̄*)ぼー
    2011/08/19(Fri) 15:27 | URL  | いんちょ #-[ 編集]
    コメントを投稿
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック