fc2ブログ
    あい動物病院の周りで起こった出来事や、気になるニュース、趣味のこと、思ったことなどを 気の向くままのんびり書いていきます。
    TJARの応援で立山へ
    2022年08月09日 (火) | 編集 |
    8月7日の午前0時に富山湾をスタートする選手たちは、早朝には剱岳を登頂し、それから立山に向かいます。
    私は自宅発で、長野の扇沢から立山黒部アルペンルートの始発に乗って順調にいっても立山の室堂駅に着くのは8時50分頃。
    それから急いで一の越山荘に向かっても、山荘に着くのは9時30分頃。
    それでは多分トップ選手の通過には間に合わないと踏んで、少し遠回りだけど浄土山経由で行くことにしました。

    立山地図1
    赤の矢印が一の越には最短だけど
    トップ選手の通過には間に合わないかも・・・

    TJARの応援で立山 (2)
    浄土山への道はこんな石畳風の道で整備されている

    TJARの応援で立山 (1)
    途中で振り返って室堂駅周辺
    天気はずっとこんな感じで、時に晴れたり、時にガスったり。

    TJARの応援で立山 (3)
    ついでだから室堂山にも寄って行こう

    TJARの応援で立山 (4)
    室堂山展望台からの展望はゼロだった

    TJARの応援で立山 (5)
    少し戻って浄土山への登山道分岐点

    TJARの応援で立山 (6)
    ゴロゴロ

    TJARの応援で立山 (7)
    浄土山山頂近くに軍人霊碑があった

    TJARの応援で立山 (8)
    浄土山山頂

    TJARの応援で立山 (9)
    龍王岳にも寄っちゃおう

    TJARの応援で立山 (10)
    標高差は小さいけど思いの外急峻な山だった

    この頂上にいた人から衝撃的はことを聞きました。
    「トップの人はもう通り過ぎたみたいだけど、もうすぐ2位の選手がこの下を通るそうですよ」
    マジですか!
    その時2番を走っていたのは望月将悟さん。
    それこそ転げ落ちるように急いで龍王岳を下りてレースコースに戻りました。
    『寄り道(龍王岳)している間に通り過ぎてなければいいんだけど・・・』
    不安な気持ちでコース上を歩いていたら、霧の中から現れた「21」番のビブスを来た人影!!

    「望月さん! 頑張ってください! 会えてよかった~。静岡から応援に来ました!」
    すると望月さんから
    「写真撮りましょうよ」  (T▽T)どひゃー

    望月将悟さん (1)

    「ありがとうございます! 嬉しいです! 頑張ってください!」
    もう、声が震えちゃいましたよ~。

    たまたま休憩のタイミングだったかもしれませんが、普通だったら一人で静かに休みたいでしょうに、周辺の人への優しい気配りが素晴らしく、正に神様のような人でした。

    そこからTJARのコースを逆走して、多くの選手とすれ違い、応援することができました。

    TJARの応援で立山 (23)
    貝瀬さん

    TJARの応援で立山 (24)
    木村さん

    TJARの応援で立山 (11)
    あ‼ 雄山頂上が見えた

    TJARの応援で立山 (12)
    一の越山荘に着いた

    TJARの応援で立山 (25)
    野寄さん

    TJARの応援で立山 (26)
    大畑さんと安田さん

    TJARの応援で立山 (28)
    佐藤さん

    TJARの応援で立山 (30)
    馬場さん

    TJARの応援で立山 (31)
    坪井さん

    TJARの応援で立山 (32)
    井出さん

    TJARの応援で立山 (33)
    林田さん

    TJARの応援で立山 (34)
    牧野さん

    TJARの応援で立山 (13)
    雄山山頂に到着
    応援がメインなのでピークは目指さない

    TJARの応援で立山 (14)
    大汝山山頂
    眺めるだけ

    TJARの応援で立山 (35)
    駿谷さん

    TJARの応援で立山 (15)
    富士ノ折立
    通り過ぎるだけ

    TJARの応援で立山 (36)
    井嶋さん

    TJARの応援で立山 (37)
    横井さん

    その他にも会った選手がいましたが、カメラが間に合わず声援だけになってしまいました。

    TJARの応援で立山 (18)

    さて、予定通り劔御前小舎まで来ましたが、もう一人のお目当ての竹内さん(62歳!)がまだ来ていません。
    あと20~30分位で劔御前小舎に着くと思われるのですが、雲行きが怪しく、帰りの時間もあるし、自分の体力も残りわずか。
    やむなく雷鳥沢に向けて下山を始めました。
    「竹内さーん! 頑張って~!」

    TJARの応援で立山 (19)
    雷鳥沢キャンプ場はまだ遠い

    TJARの応援で立山 (20)
    沢まで降りたら、両脚攣ってしまった(>_<)

    TJARの応援で立山 (21)
    這いずるようにみくりが池に到着

    TJARの応援で立山 (22)
    戦いすんで、日が暮れて・・・

    久しぶりの本格的長時間登山で両脚が悲鳴を上げていました。
    しかし選手たちはこの先も北、中央、南アルプスを縦走して静岡の大浜海岸まで自分の足だけで走破するという恐ろしいレースを続けていくことになります。
    立山だけで脚が攣っている私には無縁の世界です~。

    頑張れTJAR戦士たち!

     活動時間 : 6時間3分
     水平距離 : 11.2㎞
     累積獲得標高 : 1255m

    いんちょ

     ←ランクアップにご協力下さ~い! ポチッとな。
    関連記事
    テーマ:山登り
    ジャンル:趣味・実用
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック