あい動物病院の周りで起こった出来事や、気になるニュース、趣味のこと、思ったことなどを 気の向くままのんびり書いていきます。
    犬歯が折れちゃった
    2017年05月16日 (火) | 編集 |
    12歳のポッチャリ系の雄猫ちゃん(去勢済み)が
    「歯が曲がって生えてる」
    とのことで来院しました。
    一見して左上の犬歯の先端が唇から飛び出しているのが見えます。

    『歯周病でグラついてるのかな?』
    と思って唇を捲ってみたら

    犬歯が折れた (1)

    あれま!歯根が折れてる!
    でも歯肉がしっかり残って付着しているから抜けなかったんだー。
    w(°◇°)wわお  (´~`|||)イタソー

    もっと歯肉が剝がれていたら、エイヤッと抜いちゃうのですが、流石にこれは無麻酔では可哀そうだし危険です。

    ということで麻酔して抜くことにしました。

    犬歯が折れた (2)

    上唇の内側粘膜に壊死部もあります・・・。

    犬歯が折れた (3)

    折れた歯を捲ってみると大穴が開いています。(>_<)

    生きている歯肉を歯から丁寧に鋏とピンセットで剥がして、折れた歯を分離し

    犬歯が折れた (4)

    残っている歯根を出来るだけ摘出してキレイにして、抗生物質軟膏を注入してから、生きている歯肉を縫って終了。

    犬歯が折れた (5)

    同時に上唇粘膜の壊死部も摘出。

    上顎の骨も巻き込んで折れているので、事故かなんかで相当大きな衝撃が加わったんでしょうね。
    痛かったね。
    でもこれで大分楽になるよ。

    しかし、同じ側の下の犬歯も既に無くなっています。
    右は上下とも健在でしたから、何か変な癖でもあるのかなぁ?

    いんちょ

     ←ランクアップにご協力下さ~い! ポチッとな。
    関連記事
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック