あい動物病院の周りで起こった出来事や、気になるニュース、趣味のこと、思ったことなどを 気の向くままのんびり書いていきます。
    CR不調(涙)
    2016年09月06日 (火) | 編集 |
    当院のCR(computed radiography:コンピュータX線撮影装置)の現像機が不調になりました。(T_T)
    撮影/現像は出来るのですが、スクリーン(フィルムに相当する物)の消去が出来なくなりました。

    CR故障 (1)

    メーカーに聞いたら、ユニットの交換が必要だそうで、部品代、作業代その他込で約30万円也 w( ̄□ ̄)w 税別~

    応急処置としてはカセッテからスクリーンを取り出して日光に10分、蛍光灯なら30分程度光に当てておけば取りあえず消去は出来るそうです。
    屋外でスクリーンを出して10分間というのは流石に危険(スクリーンに傷や埃が付いたら画像に写ってしまう)なので、屋内30分でやってみたら確かに消去できました。
    しかし毎回毎回30分も時間を掛けて消去するのも難儀だし、連続撮影できません。

    すると今日、このCRを購入した医療器屋の担当者さんが来て様子を見てくれて、メーカーと相談してくれました。
    そこで、基盤交換しないで調整で一時的に復活させる裏技を伝授してもらいました。
    この方法はあくまでも一時的なので、1週間~数か月で再発するらしいです。

    取りあえず数か月でもいいから働いてくれ~
    ということで、医療器屋さんと裏技をやってみました。

    CR故障 (2)

    カバーを開けてチョイチョイと調整をしてカバーを閉じる。
    元の位置に戻して、テスト撮影。

    おお~!! 直った!!
    薄氷の上ですが、何とか使えるようになりました。
    助かったぁ。。。

    しかしKodakさん、よくこんな精密機械の修理を顧客にやらせますねぇ。

    いんちょ

     ←ランクアップにご協力下さ~い! ポチッとな。
    関連記事
    テーマ:ブログ
    ジャンル:ブログ
    コメント
    この記事へのコメント
    いや、いんちょ器用だからさ…

    お高い医療用の画像機器、トラブルは困るでしょうね。


    どうしても「その時の最新のハード」を使うんで、年式によってカラクリも修理方法も違うから、アフターサービスする側も結構大変じゃないかなと。


    開業医さんで使われる高価なキカイって、農家のコーウンキよりもコスパ悪いかもしれないですねー
    2016/09/07(Wed) 12:20 | URL  | ELO-3 #-[ 編集]
    >ELOさん
    > いや、いんちょ器用だからさ…
    それほどでも~(´^▽^`)ヾ
    てか、メーカーさんは私が器用かどうかなんて知らないはずですよ~?

    普通こういう電子機器は基盤の交換が当たり前なんですが、Kodakの担当者さんはスゴイです。
    出先で当該機器が目の前に無いにも関わらず、的確に調整方法を指示してくれるんですよ。
    こんなの初めてです。
    勝手にカバーを取ったら怒られて見放されるのがデフォです。

    コスパは悪いですね。
    高価な機器をそれだけで元を取るのは殆ど不可能で、その分を他の検査費や治療費に少しずつ上乗せして振り分けるしかないです。
    高価な検査機械や治療装置、そして人員が充実している動物病院では料金が高目なのは仕方ないです。

    てなことで当院では某社の内視鏡には手が届きませ~ん。(^^;)
    2016/09/07(Wed) 16:22 | URL  | いんちょ #-[ 編集]
    コメントを投稿
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック