あい動物病院の周りで起こった出来事や、気になるニュース、趣味のこと、思ったことなどを 気の向くままのんびり書いていきます。
    真に守りたいものは
    2016年08月14日 (日) | 編集 |
    牛をライオンから守るため科学者たちが考えついたのは牛のお尻に目を描くことでした。

    お尻の目

    ライオンは奇襲攻撃型のハンターで、こっそりと獲物に近づき、姿を見られないうちに飛びかかります。
    しかし、自分が目撃されたことに気付くとライオンは狩りを諦めます。

    らいおん

    牛のお尻に威嚇する様な目を描くことでライオンに襲われるのを防ごうという計画です。

    一見、かわいそうな牛を守るための戦略のようですが、実はこれ、真の目的は絶滅の危機に瀕しているアフリカのライオンを人間の報復から守ることなんだそうです。

    ライオンは国際自然保護連合の絶滅の恐れのある生物種のリストに入っていて、現在の個体数は2万3000匹から3万9000匹で、その数は急激に減っています。

    ライオンたちの保護地域も徐々に縮小され、ライオンは活動範囲を広げざるを得ず、人間と衝突する機会が急増しています。
    餌を求めライオンは家畜を襲い、その結果多くの農家が銃や毒を使ってライオンを殺すことになります。
    彼らには非致死的な方法で家畜を守る手段がありませんでした。

    ”iCow”と名付けられたこの方法で、襲われる牛、殺されるライオンが減ったら、かなり低予算で平和的な解決方法ですね。
    こういうアイデア、とっても好きです。

    THIS IS WHY PAINTING EYES ON COW BUTTS ACTUALLY SAVES LIONS

    いんちょ

     ←ランクアップにご協力下さ~い! ポチッとな。
    関連記事
    テーマ:ブログ
    ジャンル:ブログ
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック