あい動物病院の周りで起こった出来事や、気になるニュース、趣味のこと、思ったことなどを 気の向くままのんびり書いていきます。
    歯の大掃除キャンペーン2015
    2015年11月19日 (木) | 編集 |
    今年も今月16日から歯の大掃除キャンペーンを実施中です。

    クリックすると大きくなります
    2015sisekitori.jpg

    麻酔をする処置となりますので、1日1頭限定(要予約)です。
    ご好評にて今月11月は既に予約が一杯です。
    ご希望の方はお早目にお申込み下さい。

    昨年と同じくワンちゃんだけのキャンペーンとなります。m(_ _)m

    「ワンコの口臭が気になるなぁ」
    と思ったら是非この機会に歯石取りをしてみてはいかがでしょうか。

    いんちょ

     ←ランクアップにご協力下さ~い! ポチッとな。
    関連記事
    コメント
    この記事へのコメント
    わんこ限定で猫はないのですか残念!
    うちの6歳猫はもうすぐワクチンの時期
    なんですが不可化ワクチンか生ワクチン
    で悩んでいます不活化ワクチン生ワクチなのメリット&デメリットを教えてください
    2015/11/20(Fri) 01:05 | URL  | あんさん #-[ 編集]
    >あんさん
    ニャンコは元々歯石取り料金が安いので・・・・m(_ _)mスミマセン

    不活化ワクチンはウィルスや細菌を殺して(不活化)、抗原タンパクを抽出したものです。
    それだけでは抗原性が低いので、それを高めるためにアジュバントという物質が添加されていることが多いです。
    不活化してあるので注射した後体内で増殖しませんから抗原量はあらかじめ沢山入っています。

    生ワクチンは病原性(病気を引き起こす能力)を抑えた(弱毒化した)生きているウィルスを使います。
    注射すると体内で増殖して自然感染に近い状態となり、それに対して免疫を獲得します。

    それぞれのメリット・デメリットは大まかに言うと以下の通りです。

    ○不活化ワクチンのメリット
    弱毒化する必要が無いので早く開発、製造ができる
    不活化しているので感染する危険は無い
    母子免疫の影響を受けにくい

    ×不活化ワクチンのデメリット
    蛋白量が多いのでアレルギーを起こしやすい
    初回ワクチンは1回では強い免疫が得られにくいので2回目(ブースター)が必要。
    アジュバントの副作用で肉腫ができることがある。


    ○生ワクチンのメリット
    自然感染に近い方法なので1回で強い免疫ができる。
    比較的アレルギーが起きにくい。

    ×生ワクチンのデメリット
    開発に時間が掛かる。
    母子免疫の影響を受ける。
    弱毒化したウィルスによって軽度に発症することがある。
    細菌を弱毒化することは出来ないので細菌の生ワクチンは出来ない。


    当院では私の好みで、どうしても不活化しか出来ないもの(犬のレプとスピラ、猫の白血病)以外は生ワクチンを使っています。
    2015/11/20(Fri) 15:18 | URL  | いんちょ #-[ 編集]
    コメントを投稿
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック