あい動物病院の周りで起こった出来事や、気になるニュース、趣味のこと、思ったことなどを 気の向くままのんびり書いていきます。
    股関節脱臼整復~テーピングによる固定
    2015年09月30日 (水) | 編集 |
    ワンちゃんがソファーから落ちた後、左後肢を挙げたまま痛がっているということで来院しました。
    診ると脚を挙げているというより伸ばせない様子。
    レントゲンを撮ると

        オペ前LATE

          オペ前VD

    左の股関節が脱臼しています。
    この子は比較的珍しい後下方脱臼です。

    まずは整復をします。

        整復後LATE

           整復後VD

    はい。綺麗に整復できました。

    さていつもならここで股関節にピンを刺入するのですが、今回は違います。

    このワンちゃんは16歳のトイプードルさんで、最近はほとんど寝てばっかりいるそうです。
    ピンニングは動きまくって再脱臼してしまうのを防ぐための処置ですが、この子に限っては暴れる心配は無さそうです。
    また、16歳のワンちゃんに、いくら小さいとはいえ新たに傷を付けて異物(ピン)を入れるのもどうかと思い、通常一般に行われているテーピング固定をしました。

    股関節脱臼整復後のテーピング (1)

    脚をグッと屈曲した状態で体幹に固定します。
    レントゲンで見るとこんな感じ。

        テーピング後LATE

           テーピング後VD

    かなり窮屈な状態です。
    これを約1ヶ月付けっぱなしにするのですが、こんなの若くて元気な子だと力づくでテープを外しちゃいます。

    場合によってはオーソドックスな処置もするいんちょであった。

    いんちょ

     ←ランクアップにご協力下さ~い! ポチッとな。
    関連記事
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック