あい動物病院の周りで起こった出来事や、気になるニュース、趣味のこと、思ったことなどを 気の向くままのんびり書いていきます。
    酷い話だ
    2014年11月07日 (金) | 編集 |
    【小型犬死骸遺棄】去勢・予防接種されず 同一人物がほぼ同時期に?

     宇都宮市と那珂川町で発見された計70匹以上の犬の死骸。いずれもチワワやトイプードルなど小型の人気犬種で、複数の犬から数回出産した形跡が見つかった。死骸の状態から劣悪な環境で飼育されていた様子もうかがえ、関係者は「悪質なブリーダー(繁殖業者)が関与しているのではないか」との見方を強めている。

     犬の死骸は10月31日と今月1日に宇都宮市の鬼怒川河川敷で44匹、今月5日に那珂川町富山の山中で27匹が見つかった。那珂川町では5匹が生存しており、保護された。

     県警などによると、宇都宮市で見つかった死骸は、歯石の付着状況から5~10歳とみられ、雄と雌がほぼ半分ずつ。ほとんどが純血種で去勢や避妊手術はされておらず、乳房の状態から多くの雌に複数の出産経験があるとみられる。死後4、5日経過しているとみられる死骸もあった。

     専門家は「ケージに入れられて、まともな世話をされていなかったのではないか」とみる。蚊が媒介するフィラリア症の感染が確認された犬がいたことについては「ワクチン接種で防げる病気。最低限の義務も果たしていない」と指摘する。

    (中略)

     動物愛護法改正で保健所などが正当な理由がなく持ち込まれた犬の引き取りを拒否できるようになった。「毎年、数十匹を持ち込んでいた業者が来なくなったという話を聞く。それまで保健所に持って行った犬を捨てているということも考えられる」と指摘する。

    (後略)
    【Yahoo!ニュース】 より

    ◇          ◇          ◇

    一体誰がこんなことを! ( ̄□ ̄;)わなわな・・・

    フィラリア症はワクチン接種で防げる」なんて言う専門家はどこのどいつだ?
    そこか?

    フィラリアの予防は駆虫薬の投薬です。
    予防注射はありますが、長期作用型の駆虫薬を注射する予防法なのでワクチンとは違います。
    当ブログ「フィラリア予防注射」もご覧ください♡


    まあそんなことより・・・・・^^;)

    多くのブリーダーさん、ペットショップさん、獣医師さんは本当に動物好きで、動物の為に苦労を厭わない人たちなんですが、稀(だといいけど・・・)にこういう輩がいたりします。
    そういう奴らのせいで真の動物好きまでも色眼鏡で見られてしまいます。

    くっそー、あったまに来るなー!
    動物好きじゃなかったら動物に関わる仕事をするなー!
    この犯人、ぜーったい捕まえて厳罰に処して欲しい!

    ヾ(`Д´)ノ゛ ガオー

    いんちょ

     ←ランクアップにご協力下さ~い! ポチッとな。
    関連記事
    テーマ:わんことの生活
    ジャンル:ペット
    コメント
    この記事へのコメント
    ”いのちあるもの”としては映ってないと思いますよ、そういう人達の目には。
    残念なことです。

    動物取扱責任者とかいう資格がブリーダーには必要らしいけど、良心の有無は試験されないだろうし。

    日本で需要が多い小型犬だから、そういう酷い飼い方も処分も、そもそも安易な起業も出来てしまうのでしょうね。(さすがに大型犬では....)
    2014/11/08(Sat) 21:18 | URL  | ELO-3 #-[ 編集]
    >ELOさん
    まさに”商品”感覚ですね。
    売れない商品は廃棄する、みたいな。

    ”良心”ねぇ~。
    昔は持っている人が多かったですが、最近はそういう一銭にもならない物は持たない人が多くて・・・。
    (;´д`)はぁ~
    2014/11/10(Mon) 12:00 | URL  | いんちょ #-[ 編集]
    コメントを投稿
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック