あい動物病院の周りで起こった出来事や、気になるニュース、趣味のこと、思ったことなどを 気の向くままのんびり書いていきます。
    名猫、飼い主を助ける!
    2014年07月16日 (水) | 編集 |
    猫が隣家窓叩き“助け”求める、飼い主が薬の影響で倒れピンチに。

    <前略>
    英紙デイリー・ミラーやデイリー・メールなどによると、英中部マンチェスターの北にあるコーンホルム村に住む、ジャネット・ローリンソンさん(48歳)の愛猫がこの話の主人公。
    2歳のオスで、スリンキー・マリンキと名付けられた猫は、以前はかなり気ままで、人にもあまり懐かなかったのだが、最近、飼い主の窮地を救う“英雄的な行動”を見せ、以来、飼い主に対する態度も少し変わったという。

    スリンキーマリンキ

    ある日、背中の痛みを和らげる薬を服用したところ、体に異変を感じて苦しみ、意識を失ってしまったローリンソンさん。
    彼女はそのまま、誰にも気づかれずに5日間も家の中で倒れ続けていたそうだ。
    そのとき、彼女が「私の人生を救ってくれた」と話す行動を起こしたのが、普段はあまり飼い主を気にかける様子も見せていなかったスリンキーだった。

    倒れたままでいる飼い主の異変に気付いたスリンキーは、やがて外に出てフェンスに上ると、注意を向けてもらうように隣人宅の窓を叩き出したそう。
    さらに、なかなか気づいてもらえないと見るや、スリンキーは隣人が飼っている犬にもけしかけていたそうで、そこでやっとスリンキーの行動に気付いた隣人夫婦は、「そういえば数日間見ていない」と様子を伺いに彼女の家を訪問。
    そして、裏口から何とか家に入った夫婦が、中で倒れているローリンソンさんの姿を見つけ出し、彼女は窮地を救われたという。

    隣人夫婦が最初見たとき「死んでいると思った」状態から助け出され、そのきっかけを作ってくれた愛猫に感謝しているローリンソンさん。
    しかし彼女が陥った窮地は、愛猫の成長を促すという思わぬ効果ももたらしたようで、その日以来スリンキーは、彼女の存在を意識するようになってくれたそうだ。

    気ままに動き回っていても、定期的に家へ戻ってきてローリンソンさんの姿を確認するようになり、またしばらく自分のほうを見ない時間が続くと、飼い主の足や腕を「反応を示すまで叩くようになった」スリンキー。
    異変に襲われた飼い主の姿を目の当たりにして、彼なりに心配する気持ちを覚えたようだ。

    最近では、彼女が新たに引き取った2匹の子猫に対しても気遣うような態度を見せているそうで、気ままだった猫はすっかり「紳士的なおじさん」のようになっているという。

    「ナリナリドットコム」 より

    ◇          ◇          ◇

    ええ話や~~。(T▽T)

    こういう話を聞くと、つい「ウチのワンニャン達は私を助けてくれるだろうか??」という疑問に包まれます。
    以前にインディで検証したことがありますが、苦しそうに倒れる私を横目で見ながら、「わーい」と走り去っていきました。
    ピノは・・・・・・・怖くて検証できません。
    ましてやグレースでは・・・・・・

    トリビアの泉という番組で「散歩中に飼い主が突然倒れたら、助けを呼びに行く犬は100匹中?匹」という検証実験がありましたが、結果は「0匹」でした。
     飼い主が倒れてリードを離した途端に喜び勇んで走って行ったり
     勝手に家に帰ってご飯を食べていたり
     倒れた飼い主にオシッコをかけたり・・・
    まあそんなもんです。^^;)

    訓練を受けたゴールデンレトリバーさんの模範演技がありましたが、飼い主が倒れた途端に家まで走り帰り、戸口から出て来た家人の持っているタオルを咥えて倒れている飼い主の所まで誘導してました。
    あまりの見事な対応に鳥肌が立ったのを憶えています。

    ウチのワンニャンは上述のような名犬名猫ではなくそんな感動は頂けないですけれど、でもそこにいるだけで癒しを与えてくれるカワイイ奴らです~。

    いんちょ

     ←ランクアップにご協力下さ~い! ポチッとな。
    関連記事
    テーマ:猫のいる生活
    ジャンル:ペット
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック