FC2ブログ
    あい動物病院の周りで起こった出来事や、気になるニュース、趣味のこと、思ったことなどを 気の向くままのんびり書いていきます。
    感動の鳥肌
    2014年02月21日 (金) | 編集 |
    浅田真央さん。
    本当に感動しました。

    maoasada.jpg


    今朝のフリーの演技は圧巻でした。
    あなたが氷上で舞っている姿を見ながら感動の鳥肌が立ち、滑り終わった後の涙には思わずもらい泣きしてしまいました。

    今までどれだけプレッシャーに耐えていたのでしょう。
    ショートのミスのために、幸か不幸か金メダルへの呪縛から解き放たれて、フリーはやっと自分のために滑ることが出来ました。
    泣き顔の後の笑顔には、やりきった歓喜と安堵が感じられました。
    そして更にもらい泣き。

    フィギュアスケートをスポーツとして見ている私は、あなたのチャレンジ精神が大好きです。
    多くの批判を受けながらリスクのあるより難度の高い技に挑み続ける姿は神々しくもありました。

    あなたが引退したら、私はもうフィギュアスケートを見ないでしょう。
    そうすればもう、不可解な採点について不平不満を感じないで済みます。

    本当に、本当にお疲れ様でした。
    そして身震いするような感動をありがとう。

    いんちょ

     ←よかったらポチッとクリックしてください
    関連記事
    テーマ:日記
    ジャンル:日記
    コメント
    この記事へのコメント
    トップアスリートにはフツーの人達の英雄になって欲しいと期待してます。
    子供達が憧れオジサン達にキボーを与えてくれるような、浅田選手のフリーは当にそれだったなー。

    シロートには理解・納得不能な採点基準と、毎回現われるグレーゾーンの評価があっても、フィギュア、モーグルなどの選手達は「理不尽だ」とは口にしないですね。
    採点競技で闘から選手は、そういうことも受け入れて尚そこを超えようとする覚悟があるのかなと、そんな風にも感じてます。

    彼女のフリーの演技には、クワン、ロシェット、プルシェンコ、ストイコ、バトルなど世界のトップスケーター達が「最高!」の評価をツィッターに寄せているそうです。http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/2014sochi/237029/

    「オリンピックってきれいじゃないな」って毎回感じるけど、その話を聞いて、「判る人にはやっぱり判ってる。」って、ちょっと溜飲が下がりました。
    2014/02/22(Sat) 17:38 | URL  | ELO-3 #-[ 編集]
    >ELOさん
    私はフィギュアスケートを”スポーツ”として観てましたが、世の中は違うようです。
    審査員によって違う評価が出る「スケート技術」や「要素のつなぎ」「演技力」などは、よく分からないながらまあ納得するとしても、「振付け」とか「曲の解釈」などは、「どういう事?」と首を傾げてしまいます。

    ウサインボルトは速いけど、走り方が汚いので減点。⇒タイム換算で+0.1秒・・・・みたいな。

    人の採点なんて主観ですから、体型が崩れているだことの、衣装が似合わないだことの、髪型が変だことの、顔が嫌いだことので採点に動揺が見られても不思議じゃないですもんね。

    いっそのことバレエやブレークダンスも夏のオリンピックの種目に入れちゃえばいいのに。
    (種目数の制限とかで却下されるけど)

    もうフィギュアスケートなんて見ないぞ!

    でも羽生君が「4回転半」とか「5回転」なんかをやり始めたら見ちゃうかもね。
    2014/02/26(Wed) 14:43 | URL  | いんちょ #-[ 編集]
    コメントを投稿
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック