あい動物病院の周りで起こった出来事や、気になるニュース、趣味のこと、思ったことなどを 気の向くままのんびり書いていきます。
    STAP細胞
    2014年01月30日 (木) | 編集 |
    驚きのニュースです。
    iPS細胞でも驚きましたが、更に未分化な多機能細胞に、非常に簡単な方法で、しかも短時間に培養できる画期的な技術が発表されました。

    分化した体細胞(マウスのリンパ球)にストレスを与える(弱酸性の培養液に浸す)と多機能未分化細胞に初期化するというのを発見したのは、理化学研究所発生・再生科学総合研究センター細胞リプログラミング研究ユニットの研究ユニットリーダーの小保方晴子博士です。

    小保方

    最初にネイチャー誌に投稿した時は「過去何百年の生物細胞学の歴史を愚弄(ぐろう)している」と酷評され、掲載を却下されたという経緯があります。
    それでもめげずに研究を重ねて今回の発表となりました。

    iPS細胞は遺伝子を操作するため移植した場合に癌化する可能性がありましたが、このSTAP細胞はマウスでの移植実験では癌化した例が無いそうです。
    STAP細胞の凄さはこれからもっともっと解明解説されていく事でしょう。

    この細胞にも驚きましたが、発見した小保方晴子博士にも驚きました。

    早稲田大学先進理工学部応用化学科を卒業後大学院に進学したものの、「今なら専門を変えられる」と東京女子医大の研修生になり、その最中にアメリカのハーバード大学医学部のチャールズ・バカンティ教授の研究室に留学するという恐ろしいまでの向学心です。
    最終的には早稲田大学で工学博士の学位を取得したそうです。
    常人なら見逃しそうな成熟細胞の未分化細胞化のメカニズムに着眼する脳の柔軟性は、医学系だけじゃなく工学系のことも学んだ成果かもしれません。

    なのにバリバリの理系の女子には珍しく、いつもブランド服を着ていたり、その上におばあちゃんからもらった割烹着を着たり、実験室の壁をピンクに塗ったり、机や棚にムーミングッズを飾ったり、とても乙女チックなところもあったりして♡

    STAP細胞共々小保方先生の今後が見逃せません。

    いんちょ

     ←よかったらポチッとクリックしてください
    関連記事
    テーマ:ニュース
    ジャンル:ニュース
    コメント
    この記事へのコメント
    ほんと、このことは「感動しました」
    同じ人間なのにあたしは恥ずかしいです。
    今後も、発展に期待したいです。
    2014/02/04(Tue) 15:10 | URL  | LOVEラック #-[ 編集]
    >LOVEラックさん
    向学心のある人は、勉強自体が楽しいんですよ。

    しかし、やる気と熱意と根気があると年齢に関係なく凄い発見が出来るんですね。
    案外若いからこそ、「過去何百年の生物細胞学の歴史」に惑わされなかったのかもしれません。

    とにかく凄い発見&人物です。
    2014/02/04(Tue) 17:12 | URL  | いんちょ #-[ 編集]
    コメントを投稿
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック