あい動物病院の周りで起こった出来事や、気になるニュース、趣味のこと、思ったことなどを 気の向くままのんびり書いていきます。
    自転車のスタンド
    2013年12月30日 (月) | 編集 |
    自転車ネタばかりでスミマセン。 m(_ _)m

    ロードバイクには殆んどの人がスタンドを付けません。
    どうしてでしょう。

    理由その1 : 軽い自転車に重いスタンドは付けたくない。
    ロードバイクは早く走るために特化させているため、とにかく軽量に作ってあります。
    高い自転車ほど軽く、8kgを切る自転車もあります。(私のは9.5kg)
    折角高いお金を出して軽い自転車を買ったのに、重いスタンドは付けたくないですよね。

    理由その2 : スタンドで車体に傷がつく
    走るための強度は充分ですが、それ以外はあまり想定されていません。
    特により軽くを目指したカーボンやアルミのフレームはその傾向が強いです。
    スタンドをフレームに付けると、パイプに横からの力が加わるため塗装が剥げたり曲がったり、場合によっては破損したりします。

    理由その3 : ダサイ
    多分理由としては最強でしょう。
    荷台も泥除けも付けない非実用的な自転車はカッコ良さが重要視されます。

    スタンドが無いということは、駐車する場合何かに立て掛けるか、ぶら下げるか、地面に倒すかしなければなりません。
    ぶら下げる場所は無いし、地面に倒すなんて以ての外。
    コンビニなんかで壁や柱に立て掛けてある自転車を見ることはありませんか?

    実は私はあの自転車の置き方には賛成できません。
    というか大嫌いです。
    自らの好みの為によそ様の壁を使い、場合によっては歩行の邪魔になったりして。
    縦置きの駐輪場なのに横置きしてあることもあります。
    独り善がりだなぁと思います。

    そんな訳で、私の自転車にはスタンドが付いています。

    センタースタンド

    カーボンやアルミより丈夫な(重い?)クロモリフレームだし、丈夫なクランク部分に付くセンタースタンドだし、走っている時はあまり目立たないし、シンプルな構造で軽いし。

    オシャレより機能

    これが私のこだわりです。

    いんちょ

     ←よかったらポチッとクリックしてください
    関連記事
    テーマ:自転車
    ジャンル:趣味・実用
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック