FC2ブログ
    ゴキブリが人類を救う?
    2010年09月11日 (土) | 編集 |
      ゴキブリの脳から新たな抗生物質? <リンク>

     メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)や病原性大腸菌など、ヒトにとって致死性のある細菌を死滅させる天然の抗生物質をワモンゴキブリの中枢神経系が作り出すという研究が発表された。また、現在までに3種のバッタも細菌を殺す同じ分子をその小さな脳の中に持つことがわかっている。

              ◇          ◇          ◇

    いままで抗生物質といえばカビがら作るというのが当たり前でしたが、とうとうゴキブリからとか・・・・。
    しつこい生命力を持った嫌われ者には、やはり生き残る術があったということですか。

    何度かの核戦争と、何度かの氷河期の末に、この地球上に生き延びている生物は、カビとゴキブリかもしれませんね。

    いんちょ みんなが大騒ぎするほどゴキブリが嫌いではない・・・( ̄_ ̄;)

     よかったらポチッとクリックしてください
    関連記事
    テーマ:気になるニュース
    ジャンル:ニュース
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック