あい動物病院の周りで起こった出来事や、気になるニュース、趣味のこと、思ったことなどを 気の向くままのんびり書いていきます。
    針穴の向き
    2013年12月11日 (水) | 編集 |
    子供の頃から見た目通り(?)病弱で、年に3回くらいは余裕で熱を出していました。
    インフルエンザも思いっきり重篤になっていました。
    ワクチン打とうが、早期にタミフル飲もうが、全然軽く済むことも無く、4日間寝込んだこともありました。

    ところがここ2~3年、奇跡的にインフルエンザに罹らないでいます。
    一昨日あたりから体調が悪いのですが、以前だったらとっくに発熱して寝込んでいる頃なのに、咳・鼻水だけで済んでいます。
    ようやく大人の免疫力になったのでしょうか? ^^;)

    しかし、やっぱりインフルエンザは怖いので先週の土曜日にワクチンを打ちに行ってきました。
    そこでとても懇意にしてくださっている先生に教えていただいた話です。
    注射針の針穴を皮膚に向けて刺した方が痛くないそうですよ
    え?知らなかったです」

        針先

    大学では『針穴が見えるように(皮膚と反対向きに)刺しなさい』と習いました。
    以来、何の疑問も持たずにそのように打っていましたが、全くもって意外なお話し。
    またまた常識が覆ったのでしょうか??

    「いえ、そういう噂があるんですが本当はどうなんでしょう?」
    とその先生はおっしゃってましたが、常識を疑うこともせずまんま信じ切っていた私の脳天にハンマーが振り落とされました。
    (って、常識を全部疑ってかかっていたらキリがありませんけどね~)
    ワクチン接種の時に針穴を皮膚に向けて刺してもらったらいつもより痛くないような気がしました。
    気のせいでしょうか?

    ワンニャン達に聞いても「ガウゥゥ!」とか「シャーー!!」とかしか答えてくれませんでした。 ̄_ ̄;)やっぱり?

    いんちょ

     ←よかったらポチッとクリックしてください
    関連記事
    テーマ:医療
    ジャンル:ヘルス・ダイエット
    コメント
    この記事へのコメント
    インフルエンザじゃなさそうで良かった。インフルは、ホント辛いですからねー。あたしは、インフルの予防接種をするだけで、毎回軽いインフルにかかってしまい、それが怖くて昨年から注射止めました。病院の先生も、あたしは見・る・か・ら・に・体が弱いので、注射で軽いインフルにかかるタイプなので止めたほうが言いといわれました。注射を打っていても2.3年に一度はインフルにかかっていましたが、昨年も含め最近はかかっていません。今年も、十分気をつけたいです。そしてまた聞いちゃいますが、ワンコにはインフルも風邪も移らないんですよね???

    針穴の件は、ホント意外です??反対向きに刺されたら痛そうなんですけど・・・?先生、何回も試してみてください!!!
    2013/12/13(Fri) 09:58 | URL  | LOVEラック #-[ 編集]
    >LOVEラックさん
    え?
    インフルエンザのワクチンは不活化のはずです。
    不活化ワクチンのウィルスは死んでますから発症しないはず・・・・
    LOVEラックさんは生ワクチンを打ってるんですか???
    見・る・か・ら・にひ弱なLOVEラックさん、インフル気を付けてくださいね。

    ワンコにインフルエンザも風邪もうつりません。
    でもフェレットにはうつりますから飼っている人は気を付けてね。
    2013/12/13(Fri) 18:16 | URL  | いんちょ #-[ 編集]
    コメントを投稿
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック