あい動物病院の周りで起こった出来事や、気になるニュース、趣味のこと、思ったことなどを 気の向くままのんびり書いていきます。
    まずは大成功
    2013年12月07日 (土) | 編集 |
    2ヶ月前に東京都町田市から股関節脱臼のメインクーンさんが来院されました。
    近くの動物病院で整復してテーピングをしていたのですが再発してしまったとのこと。

    「大腿骨頭切除するしかないですね」
    と言われて大変ショックを受けられた飼い主さんが、インターネットで猫の股関節脱臼のことを色々調べているうちに当院のブログを見つけられたそうです。
    m(_ _)m ありがとうございます。

    元に戻るなら海外にでも治療に行かれるつもりだったとか。
    ネコちゃんを想う気持ちに胸が打たれます。

    治療に差がある訳ではありませんが、遠くからいらっしゃる方は気軽に通院が出来ませんから、施術に余計に気合が入ります。
    無事手術は成功して、東京に帰られました。

    そして今日、抜ピンにみえました。
    以前よりほんのちょっと動きに制限があるものの、ガンガン走り回ってるとか。
    高い所への昇り降りもヒョイヒョイと。
    いや~、動き過ぎもちょっと心配ですね。^^;)

    レントゲンを撮ってみると、

         抜ピン前VD

    しっかりと骨頭は寛骨臼の中に入っています。
    かなり動き回っていたので寛骨臼側の穴が結構広がっているようです。
    もうこれ以上ピンを入れて置けません。抜ピンをしましょう。

         抜ピン後VD

    抜ピン後のレントゲンです。
    ピンの入っていた穴がはっきり見えますね。

    抜ピン後に亜脱臼気味になる子が多いのですが、この子はとても軽微です。
    手術は大成功です。
    あとはこのまま治りきってほしいですね。

    お疲れ様でした。

    いんちょ

     ←よかったらポチッとクリックしてください
    関連記事
    コメント
    この記事へのコメント
    先生ーすごいじゃん!!!うちの子たちも先生に診てもらっていて本当に幸せだなーーって改めて感じました。みんな、わが子をおもう気持ちは一緒ですもんね。
    2013/12/09(Mon) 09:44 | URL  | LOVEラック #-[ 編集]
    >LOVEラックさん
    自分の技術自慢は好きではないので、この手術についてブログに書くのは控えていたんですが、以前に埼玉からいらっしゃったワンちゃんの事を記事にしたら、飼い主さんからこういうメッセージを頂きました。

    このブログを読んで、骨頭手術をせずに股関節整復ができるワンちゃんが、一頭でも増えることを願ってやみません。

    ハタと気付きました。
    これは自分の技術自慢じゃなくて、股関節脱臼で苦しんでいるワンちゃんやニャンちゃんを助けるためなんだって。
    (やっと気づくとは大馬鹿野郎ですね。^^;)

    今回の飼い主さんも
    「埼玉の方のブログは読ませていただきました。先生の技術の亢進とご研究に役立つなら是非ブログに載せて下さい」
    とおっしゃって下さいました。

    また忘れた頃にブログにアップするかもしれません。
    そうしてこのブログが少しでも皆さんの目に止まるように頑張ります。


    > 先生ーすごいじゃん!!!うちの子たちも先生に診てもらっていて本当に幸せだなーーって改めて感じました。みんな、わが子をおもう気持ちは一緒ですもんね。
    2013/12/09(Mon) 14:32 | URL  | いんch #-[ 編集]
    コメントを投稿
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック