FC2ブログ
    あい動物病院の周りで起こった出来事や、気になるニュース、趣味のこと、思ったことなどを 気の向くままのんびり書いていきます。
    ランニング再開
    2013年05月02日 (木) | 編集 |
    4月15日に一緒に狂犬病予防集合注射の当番だったW先生は、その前日に焼津みなとマラソンの10kmの部に参加してきたという話を聞き、しばらく押入れの中に仕舞ってあった私の「ランニング熱」が、ガタゴトと音を立ててまた顔を覗かせて来ました。

    こう見えても20年前にはあちこちのマラソン大会に参加していた市民ランナーでした。
    昼休みにちょいと6km、てな感じで走ってたりもしました。
    今では昼休みに走るなんてトンデモナイ!! 昼寝無しの生活なんて考えられませんが・・・^^;)
    結婚してからは大会に参加することはほとんど無くなりましたが、ランニングは時々続けてはいました。

    しかし、3年ほど前にランニング中に左太腿の裏側の筋を痛めてしまい走れなくなってしまいました。
    歩くのには支障は無く、富士登山も問題無しなのですが、走ると痛くなり歩くのにも痛くなってしまいます。
    しばらく休んでいれば治るだろうと、1ヶ月、半年、1年と間隔をおいて走ってみると、やっぱりダメだったりしました。
    もう私はずっと走れないんだ・・・・と「ランニング熱」を仕舞い込んだのでした。

    ランニングは夜に富士川河口東側の堤防でやっています。そこには250m毎に白いパネルが貼ってあるので距離を測りやすいのです。

    駿河湾と月
    堤防から見る、夜の駿河湾と月

    まずは2kmから。
    パネル4つ分走ってまた帰ってきます。
    とにかく左太腿を傷めないようにゆっくりゆっくり走ります。早足程度。
    それでも久しぶりのランニングで脚も息もキツイ~。

    次は3km。同じくゆっくりゆっくり。
    完走できた!

    そして4kmに。うわ~、キッツゥ~!!>△<
    でも完走できた!

    さらに今日は5kmに挑戦。
    あ~残念。。。完走できずに途中歩いてしまいました。

    なんとかここまで太腿の痛みは再発していません。
    気持ちは昔のままなので、つい速く走りたくなってしまいますが、そこは抑えて抑えて。
    実はそこが一番難しかったりして。

    スピードを求めない大人のランニングの練習をして、またいつかどこかのマラソン大会に参加しようかな?

    夜のポリプラ
    堤防から見る、夜のポリプラスチック

    工場の夜景見物もできますよ~。^ー^)v

    いんちょ

     ←よかったらポチッとクリックしてください
    関連記事
    テーマ:ブログ
    ジャンル:ブログ
    コメント
    この記事へのコメント
    ボチボチ進めてください。
    私も2年ぐらい前から違和感を感じ始めていた右膝が時々痛むようになりましたね〜
    加齢からくる症状だと思っているのだけど、減量と軽い筋トレ中です。一番いけないのは多分姿勢の悪さだろうけど、治すのは難しい。
    2013/05/03(Fri) 22:21 | URL  | ELO-3 #-[ 編集]
    >ELOさん
    気持ちだけは昔のままなのに身体は正直に歳をとっていきますからねぇ。;´д`)
    若い頃は無理をして身体を鍛えていきましたが、今では無理をしたら身体を壊してしまいます。
    しかも壊れたら治らないときたもんだ!

    はい。ボチボチ進めます。

    姿勢を直すのは性格を直すのと同じくらい難しいです。
    どちらも歳をとればとるほど・・・・。^^;)

    この猫背とネガティブ性格は一生私の物だと開き直ってます。
    2013/05/04(Sat) 00:25 | URL  | いんちょ #-[ 編集]
    えっー、先生ってネガティブなんですか?そんなんに思わないんですけど、、、!先生には、毎日助けられていますよっ!
    2013/06/07(Fri) 20:42 | URL  | LOVEラック #Knya96cQ[ 編集]
    >LOVEラックさん
    はい。自分の事についてはかなりネガティブです。

    でも仕事に関してはポジティブ・・・・っていうか楽観的です。
    むしろそうしています。

    でなければ辛くて続けられません、この仕事・・・・
    2013/06/07(Fri) 21:25 | URL  | いんちょ #-[ 編集]
    コメントを投稿
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック