FC2ブログ
    あい動物病院の周りで起こった出来事や、気になるニュース、趣味のこと、思ったことなどを 気の向くままのんびり書いていきます。
    純正、汎用、再生
    2013年02月08日 (金) | 編集 |
    病院で使っているFAX・スキャナー・プリンター複合機 ブラザーMFC-495CN

    MyMio MFC-495CN

    先日印刷をしていたら、本来緑色のはずの所が青く印刷されました。繰り返しても同じ。
    「黄色のインクが無くなったのかな?」
    と思ってインクカートリッジを取り出して振ってみると、チャプチャプ音がします。
    目詰まりか・・・・。
    テスト印刷をすると、やっぱり黄色だけ印刷されません。

    ヘッドクリーニングをして再テスト印刷をしてもまだだめ。
    5回クリーニングをして、ようやく直りました。

    それから3日間は問題無しでしたが、昨日またカラー印刷をしたら、今度は紺色のはずのところが赤くなっています。 ;´д`)はぁ~

    あららグラデーション
       2ページ目の下からグラデーションになって、3ページ目は青抜け

    「今度は青か~」
    やっぱりテスト印刷で青だけ印刷されません。
    同じく何度かクリーニングをして、テスト印刷を繰り返していたら、プリンターが動かなくなりました。

    何事???
    と、パソコンを見たら、

    インクカートリッジを交換してください

    クリーニングとテスト印刷でインク切れだって~。。。。T△T)


    写真印刷を目的としていたCANONのプリンター(先日殉職)は、色合いが大事だったので純正のインクを使っていました。でも、このプリンターではそこまで望んではいませんでしたから再生品(リサイクル品)を使っていました。メチャクチャ安いし。

    純正vsリサイクル

    写真を印刷すると、確かにこんなもんかな?と思いましたが、納得の上なので概ね満足していました。
    しかし、インクの目詰まりが頻発となると・・・ ̄^ ̄;)う~~ん

    ネットでの情報ですと、やっぱり再生品ではトラブルは覚悟しないといけないし、トラブルがあった時にメーカー修理が受けられなくなるかもしれないようです。

    さて、純正品以外で「汎用品」というのがあります。
    リサイクル品と違って新品なので信頼性はありますが、他社が製造しているのでメーカー保証はありません。
    エプソンのプリンターを使用しているある人の話では、純正品のインクカートリッジは結構複雑な構造をしているのに対して、汎用品は随分と省略された構造だったそうです。
    汎用・リサイクル共に自己責任で、ということになりますね。

    安さに魅かれてリサイクル品を使っていましたが、やっぱり純正品にしようかな~。

    いんちょ

     ←よかったらポチッとクリックしてください
    関連記事
    テーマ:PC周辺機器
    ジャンル:コンピュータ
    コメント
    この記事へのコメント
    カートリッジの構造だけじゃなく、インクの組成や品質も目詰まりに影響するとおもいますよ。

    プリンタインクには顔料系と染料系があって、どうやらブラザーのは顔料系のようです。

    顔料系インクって、粗っぽく言えば「色の粒子が液体に分散したもの」ですから、ノズルの目詰りは起きやすいだろうと思います。

    ”パチもん”のパチの意味が”コンパチ”なら良いんですけど”嘘っパチ”の場合もあるから、ネットのクチコミなんかもある程度参考にして注意して選ぶほうが良いと思うな。
    2013/02/08(Fri) 21:19 | URL  | ELO-3 #-[ 編集]
    >ELOさん
    写真印刷では染料系の方が好きなのでEPSONじゃなくてCANONを選択していました。

    病院では特にこだわりが無かったので、値段と機能(PC-FAXができる)と、以前使っていたFAXがブラザーで故障が少なかったので、メーカーで選びました。

    インクも特にこだわりが無かったので・・・・と、この部分がまずかったですね。
    痛い目を見て学んでいきます。

    クチコミは本当に参考程度で見てますよ。
    自分がクチコミする場合でも絶対主観が入りますし。
    真逆のことを言っている人もいますし。
    2013/02/08(Fri) 23:53 | URL  | いんちょ #-[ 編集]
    コメントを投稿
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック