fc2ブログ
あい動物病院の周りで起こった出来事や、気になるニュース、趣味のこと、思ったことなどを 気の向くままのんびり書いていきます。
富士山グラス
2021年09月18日 (土) | 編集 |
某所でプレゼントにいただいたグラスは、末広がりの富士山型をしています。

これにビールを注ぐと

富士山グラス

冠雪の富士山になります。

しかも富士山ラベルのビールで完璧。

いんちょ

 ←ランクアップにご協力下さ~い! ポチッとな。
テーマ:ブログ
ジャンル:ブログ
迷いネコ 捜索中
2021年09月17日 (金) | 編集 |
飼い主様から当院宛に直接送ってきたいただいたご依頼です。

IMG_4924.png

お心当たりの方は、当院にご連絡いただくか、下記QRコードを読み込み直接飼主様にメッセージをお送りください。

IMG_4923.jpg


それにしても三毛の雄とは珍しいですね。

猫の三毛の三色(白・黒・茶)が発色するのには、性染色体のX染色体が2本必要です。
雌は元々性染色体がXXで2本ありますが、正常な雄はXYで、Xは1本しかありません。
三毛の雄は、XXYとなった場合のみに出現します。
そして三毛の雄は染色体異常のため生殖能力がありません。
ということは「雄の三毛」という遺伝子を残せません。

というのが雄の三毛が滅多にいない理由です。

イルちゃんが、雄の三毛ということで誘拐されちゃったんじゃなければいいのですが。( ̄^ ̄;)
無事に見つかることをお祈りしています。

いんちょ

 ←ランクアップにご協力下さ~い! ポチッとな。


<追記>
雄の三毛猫について熱く語ってしまいましたが・・・

迷い猫_000103

↑こちらは院内掲示のポスターです。

サイトの情報が間違っているのか、ポスターが間違っているのか・・・・
テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
長年のあこがれの地、西穂山荘へ
2021年09月12日 (日) | 編集 |
結婚する前なのでもう30年近く前のこと、友人の誘いで家内と新穂高の紅葉を観に行きました。
当時はまだ”安房トンネル”が無かったので、狭いクネクネ山道の安房峠を越えて行きました。

朝何時に着いたのか記憶がありませんが(結構早目だったはず)、既にもう駐車場は一杯、ロープウェイ待ちの人が沢山いました。
第一ロープウェイは比較的すんなりと乗れましたが、第二ロープウェイはなんと3時間待ち!
その辺をブラブラしたり、話をしたり、何とか時間を潰して第二ロープウェイに乗り込みました。

頂上駅に着いたら、速攻帰りのロープウェイを予約しないと乗れない(=自力で下山!)とのことで、確か(記憶が曖昧)2時間後を予約しました。
さて、2時間何をしよう??
ロープウェイ山頂駅の屋上展望台からは北東の方向に”西穂山荘”が見えますが、コースタイムは片道凡そ1時間半。
女子連れで往復を2時間では行って来れないなぁ~と諦めました。

そしてその帰り道、安房峠は恐ろしいまでの渋滞になりました。
あの細いクネクネ道を路線バスが走り、しかもバス同士がすれ違うという無茶。
1時間くらい全く動かない時もありました。
家に帰りついたのは午前3時を回っていました。

それ以来、なんとなく「西穂山荘は、なかなか行けないあこがれの地」になりました。

そんな西穂山荘に、安房トンネルが出来た今日、30年の時を経て家内と娘と行ってまいりました。

西穂山荘 (1)
”初”中部横断道路

西穂山荘 (2)
快適、快適~!
でも、精進湖道路から甲府南ICに乗るのと、時間的には殆ど変わらない

西穂山荘 (3)
今回は第二ロープウェイから乗るように、しらかば平駅の近くに駐車
待ち時間無し。すぐに乗れた!

西穂山荘 (4)
ロープウェイから笠ヶ岳
あそこもいつか登りたい!

西穂山荘 (5)
チラリと槍ヶ岳

西穂山荘 (6)
さあ、ここからは登山道
しばらくは樹林帯の緩やかなアップダウンが続く

西穂山荘 (9)
途中から急登が始まるが、石が階段のように整備されていて、とても登り易い。

西穂山荘 (10)
積雪時のことを考慮して、案内マークは随分上に設置されている

西穂山荘 (11)
おっと、建物が見えて来た。

西穂山荘 (12)
憧れの西穂山荘~!!
でも我儘を言わせてもらって、私だけ西穂独標まで行ってきます。

西穂山荘 (12.5)
山荘横から急坂を登り独標に向かってGO!

西穂山荘 (14)
登り始めてすぐに森林限界を越えて上高地が見えて来た

西穂山荘 (16)
まずは丸山まで

西穂山荘 (18)
途中にあったケルンと笠ヶ岳

西穂山荘 (20)
やっと見つけた秋の気配

西穂山荘 (21)
丸山到着

西穂山荘 (23)
そこからガレガレの道

西穂山荘 (24)
振り返ると御岳、焼岳と登ってきた稜線

西穂山荘 (24.1)
小ピークを巻いて進むと

西穂山荘 (24.3)
なんだこの壁は!
独標へのロッククライミング
ヘルメット持ってこなかった・・・( ̄д ̄;)

西穂山荘 (24.7)
無事登攀

西穂山荘 (26)
頂から南方向
登ってきた崖と稜線

西穂山荘 (26.5)
北方向
西穂高方面
いつか行きたい

西穂山荘 (27)
北東方向
奥穂と前穂

西穂山荘 (28.5)
南東方向
霞沢岳と上高地

西穂山荘 (29)
富士山がかすかに見えた

西穂山荘 (36)
西方向
どっしりした山容に笠がちょこんと乗ってる

さあ、家内と娘が待っている西穂山荘へ戻ろう
転げ落ちるように帰還

西穂山荘 (37.3)
そして西穂山荘

西穂山荘 (38)
名物のラーメンとコーヒーをいただく
美味しかった

西穂山荘 (37.6)
ありがとう西穂山荘
バイバイ、またいつか

私1人なら西穂高岳まで行ってきたんですが、まずは家内を西穂山荘に届けなければなりません。
前半後半のゆったりペースでは西穂高は無理かなぁ~。

西穂地図

穂高は「前」と「奥」は制覇したので、残りは「西」と「北」です。

いんちょ

 ←ランクアップにご協力下さ~い! ポチッとな。
テーマ:山登り
ジャンル:趣味・実用
右 と 左
2021年09月06日 (月) | 編集 |
最近眼が悪くなってきたせいで以前よりドライブが得意じゃなくなってきました。
特に夜は超安全運転です。
10年前には一人で往復10時間程度のドライブはへっちゃらだったんですけどね~。
幸いなことに娘が車の運転好きなので、この頃は助手席でナビゲートすることが増えてきました。

そんな折、交差点で右折するのを案内する時に、右方向を指しながら
「はい、そこを左に曲がって・・・あ、違った、右、右!」
と時々間違えてしまいます。

一応、右と左の方向は分かってます。 σ(^_^;)ワタクシ

なぜ間違えるかというのを言い訳させてもらえると・・・

レントゲンなどの画像は表示する向きが原則決まっています。
身体正面からの画像は

レントゲン写真の向き (1)

向かって左が身体の右側、向かって右が身体の左側になります。
飼い主さんに説明する時、
「左の肺が・・・」
と言いながら右方向を指さしてお話をします。
その癖がついナビゲート中にも出てしまうのでした。

若い頃はそういう間違いは殆ど無かったんですが、これも老化なのかしら?

ところで、側面の画像は

レントゲン写真の向き (2)

向かって左が前(頭側)、右が後(尾側)に表示するのが標準です。

いんちょ

 ←ランクアップにご協力下さ~い! ポチッとな。
テーマ:ブログ
ジャンル:ブログ