FC2ブログ
    続 治療するリスク vs 放っておくリスク
    2015年02月21日 (土) | 編集 |
        ・・・・前日のつづき

    腫瘍のワンちゃんの術前の検査をしたところ、手術には充分耐えられると思われました(私の判断)。
    さあ、気合を入れて、慎重に手術をするぜ!

    巨大乳腺腫 (2)

    しかし、デカイ。
    〇印の所は地面で擦って皮が捲れちゃっています。
    腫瘍がこれだけ成長しているとそこに栄養を供給している血管も太くて多いです。
     剥離 ⇒ 止血 ⇒ 切断 ⇒ 剥離 ⇒ 止血 ⇒ 切断 ⇒ ・・・・
    の延々繰り返し。
    何とか腫瘍を摘出して計測してみると3.15kgもありました。
    摘出した所は大きく皮膚が欠損しています。
    周りの皮膚を引き寄せて無理の無いよう出来るだけ張力が掛からないように縫い合わせて終了。
    同時に避妊手術も行いました。

    巨大乳腺腫 (3)

    術後の経過も問題無く、無事家に帰ることが出来ました。

    後日検査センターに依頼した組織検査の結果の報告があり、腺管癌(乳癌)とのことでした。
    術前のレントゲン検査では今のところ転移像は見られませんでしたが、ミクロ的に転移があるかないかは分かりません。
    もっと早く手術をしていれば、とも思いますが、前病院での治療のお陰でここまで(手術できるまで)回復していたのかもしれません。

    今回は結果的に無事手術を終えることが出来ましたが、それはただラッキーだっただけなのかもしれません。
    万が一を恐れる気持ち、すごく良く分かります。
    その万が一を一度でも経験すると、出来るだけその治療を避けたくなります。
    長く臨床に携わっていればそういう経験も増えていくことでしょう。
    私にももちろんあります。

     A獣医師は「難しい」と言い、B獣医師は「それほどでもない」と言う。

    それって充分有り得ることなんです。
    私も今回の手術で万が一のことがあったら、次回の同様なケースでは悩むでしょうね。
    そうして段々慎重(憶病ともいう)になっていく・・・・ ( ̄_ ̄;)

    いんちょ

     ←ランクアップにご協力下さ~い! ポチッとな。