FC2ブログ
    あい動物病院の周りで起こった出来事や、気になるニュース、趣味のこと、思ったことなどを 気の向くままのんびり書いていきます。
    あなたの自転車を電動アシストに
    2014年06月25日 (水) | 編集 |
    ネットで自転車の記事を斜め読みしていて、おもしろい物を見つけました。

    オーストリアの Gruber Antrieb GmbH & Co. が販売している「Vivax Assist 4.0」は、自転車を「電動アシスト自転車」に改造するキットです。

    KitZenyou.jpg

    パーツを見ても何だかさっぱりわかりません。
    パワーアシストしてくれるモーターは

    Sub1_23.jpg

    この細い円筒状のもので、

       a_11.jpg

    シートチューブ内に収納して使用します。
    これにより、自転車に電動アシスト機能が取り付けられていることを隠せるようになりました。
    画期的!

    DOYOSE.jpg

    標準キットではバッテリーはサドルバッグに格納され、シート下に取り付けられます。

    SecretSwithc.jpg

    スイッチはハンドルエンドに取り付け、これを押すと電動アシスト機能がオンになります。

    これだけでも充分電動アシスト機能は分かりにくくなっていると思いますが、更に徹底的に隠したい人向けに、バッテリーをドリンクボトルに偽装した「偽装用パッケージ」も販売されています。

             300_4.jpg

    このパッケージを装着すれば、第3者から電動アシスト自転車だと見破られることはまずないでしょう。⌒▽⌒

    TousaiModel.jpg

    重量はバッテリーとモーターを合わせて1,800gだそうで、タイヤチューブの40g、50gを気にするマニアにはちょっと重めです。
    バッテリーをフル充電すると、電動アシスト機能をおよそ70分間使用できます。
    キットの装着は自転車に詳しい人であれば、自分でできるそうです。

    モーターの出力は200ワットと若干控えめ(一般的な電動アシスト自転車のモーターは250ワット程度)。
    でも、Gruber Antrieb GmbH & Co. は、このキットは、自転車を電動バイクにするのが目的ではないと述べています。
    サイクリストが苦しいときに、“見えない手”でそっと背中を押してあげるのが目的なので、この出力で十分であると主張しています。
    なるほど。

    フル充電で70分というと、実働50分くらいかな?
    登坂を50分アシストかあ。
    値段が安ければ価値あるかな~。

    気になるお値段は2,550ユーロ(約35万6,000円)で、バッテリーをボトル内に格納した「偽装用パッケージ」は3,049ドル(約42万6,000円)とか。
    w(°□°)w

    私ならそんなお金があるんだったら40万の自転車を買うな。  ̄^ ̄+)

    いんちょ もちろんそんなお金無いけど・・・・

     ←ランクアップにご協力下さ~い! ポチッとな。
    テーマ:自転車
    ジャンル:趣味・実用
    旅のお供は行方不明犬
    2014年06月24日 (火) | 編集 |
    “W杯への旅”注目集まり奇跡、
       徒歩4人組に姿消した犬がお供していた。


    6月12日から始まった、4年に一度のサッカー・ワールドカップ。
    開催国のブラジルには、世界中からサッカーファンが続々と集まっているが、英国の男性サッカーファン4人組は、遡ること3か月前からチャリティー活動をしながら歩いてブラジルを目指そうと、アルゼンチンを出発して徒歩の旅を行っていた。
    彼らの行動は、現地メディアでも紹介されて注目を集めたが、ウルグアイのある男性は、その報道に誰よりも食いついたそうだ。
    なぜなら、いつの間にか行方が分からなくなった愛犬が彼らと一緒にいることが奇跡的に分かったからで、先日、男性は愛犬を引き取りにブラジルまで追いかけ、無事に再会を果たすことができた。

    ネグロ

    英紙デイリー・テレグラフやカナダ放送局CTVなどによると、犬を連れていたのは、今年3月にアルゼンチンからブラジルを目指す徒歩の旅を行っていた、アダム・バーンズさんら英国人男性4人。
    サッカーファンだという彼らは、W杯の観戦に先立ち、干ばつに襲われたブラジル東部バイーア州への寄付金を集める活動も行おうとこの旅を計画したという。
    そこで彼らは、今年3月にアルゼンチン北西部の街メンドーサに入り、東へ約2,000キロ離れたブラジル南東部の街ポルト・アレグレを目指して、徒歩の旅を始めた。

    そんな彼らが「5人目のメンバー」に出会ったのは、旅の行程も半分を過ぎた5月上旬のこと。
    ウルグアイ国内を歩いていた彼らの前に、後に「ジェファーソン」と名付ける犬が現れ、ついてきたという。
    すると「すぐに帰るだろう」との彼らの思いとは裏腹に、一向に離れようとせず、どこまでも追いかけて来たジェファーソン。
    しかし出会って1週間後、4人は歩いて渡るには困難な砂地をトラックで抜けることになり、犬を乗せられないと分かると、現地の女性に「200ペソ(約900円)を渡して」(Facebookより)後の世話を頼んだそうで、4人との別れの時を迎えたかと思われた。

    ところがジェファーソンは、世話を頼んだはずの女性の元を離れ、強い意志を示すかのようにトラックと並走。
    結局、彼を5人目のメンバーとして受け入れたバーンズさんらは、その後一緒に800キロを歩き、6月上旬に目的地のポルト・アレグレに着いたという。
    ゴール後、彼らの旅はブラジルやウルグアイのメディアなどでも紹介され、一躍有名人となった“5人”。
    するとその報道がきっかけとなり、彼らはジェファーソンと幸せな形で別れを迎えることとなった。

    彼らを紹介した新聞記事を見たウルグアイの男性が、ジェファーソンが自分の犬「ネグロ」だと気づき、Facebookを通じてバーンズさんらに連絡。
    飼い主の男性は、彼らがいるポルト・アレグレで会う約束をして、ヒッチハイクで愛犬を引き取りに向かったという。
    そして、6月8日に再会を果たした様子を紹介したのが、バーンズさんがYouTubeに投稿した動画だ。



    4人に感謝するようにハグを交わした飼い主の男性が「ネグロ」と呼ぶと、1か月間“ジェファーソン”だった愛犬は嬉しそうに尻尾を振って駆け寄っている。
    ずっと追いかけ続けてきたとあって、ネグロが4人を離れたくないほど好きになったのは間違いないだろうが、1か月間家を離れてみて、飼い主男性を愛する気持ちもこの時やっと思い出したようだ。

    「livedoor news」 より

    ◇          ◇          ◇

    なんと素晴らしい偶然というか、運命というか、無事に飼い主さんの所に戻れて良かったですね!
    もしアダム・バーンズさんたちが徒歩旅行を計画しなければ、もし砂地で4人と”ジェファーソン”が分かれていたら、もし4人+1匹のことを書いた新聞記事を飼い主さんが見なかったら、ネグロは家に帰れなかったでしょう。
    様々な偶然が飼い主さんとネグロを引き合わせてくれました。
    (「ジェファーソンに会った時にすぐに追い払っていたら、もっと早く家に帰っていたのでは?」などと美談を台無しにするようなことを考えてはイケマセン!)

    飼い主さんと再会した時のネグロの喜び方は、なんだか見ている私たちの胸まで熱くなってきますね。
    あまりの喜びようで、ブンブン振る尻尾がカメラを弾いて、画像がクルクル回る所がクライマックスでしょうか。
     ふむふむ(--*)ヾ( ̄o ̄;)オイオイ

    しかし、飼い主さんもウルグアイからヒッチハイクで迎えに来るとは!
    つーことは、帰りもヒッチハイクなんでしょうね。

    しかし、陸続きの国々だと検疫なんかは無いのでしょうかね~。

    いんちょ ツマランことが気になる・・・・

     ←ランクアップにご協力下さ~い! ポチッとな。
    テーマ:わんことの生活
    ジャンル:ペット
    招きグレース
    2014年06月23日 (月) | 編集 |
    階段の踊り場に置いてある黒い招き猫とグレース

    グレースと招き猫 (1)

         グレースと招き猫 (2)

               グレースと招き猫 (3)

        グレースと招き猫 (4)

               グレースと招き猫 (5)

    最近とても甘えん坊になって来ました。
    ゴロゴロ言ったり、スリスリするのが明らかに以前より増えました。

    毛を刈ってないのに・・・・^^;)

    IMG_1076.jpg
    あ~あ、甘えるのも疲れるわ~

    歳のせいかな。

    いんちょ

     ←ランクアップにご協力下さ~い! ポチッとな。
    テーマ:猫のいる生活
    ジャンル:ペット
    メタボ猫川柳
    2014年06月22日 (日) | 編集 |
    ネスレ日本株式会社 ネスレ ピュリナ ペットケアは、先月作品募集をしていた「~“PURINA ONE” PRESENTS ~ メタボ猫川柳コンテスト」の入賞作品を発表しました。
    このコンテストでは、「メタボ猫」をテーマに、五・七・五でまとめた川柳を、先月23日から6月6日まで募集していました。

    visual.jpg

    なかなかの秀作が集まりました。
    入選作品をご紹介しましょう。

     歩くたび 床がキレイに モップ腹 (たこ蔵 さん)
     さっきまで ここで寝てたね くぼんでる (繭千代 さん)
     ねこじゃらし 鼻で笑って 去っていく (匿名希望 さん)
     ネコタワー タワーのてっぺん 未攻略 (あきらは猫まみれ さん)
     大脱走 5メートル先で 即確保 (まめねこ さん)
     小顔だね いいえ体が デカいだけ (白黒と白猫 さん)
     名前呼び 反応示すも 動かない (ちゃんまる さん)
     足りないな お皿の前で 猫待機 (くりちょこ姉 さん)
     病院に 行くと聞かれる 「ねこですか?」 (お姉さん先生 さん)
     飼い主も 猫も怖がる 体重計 (橘 孔雀 さん)

    どの作品も情景が目に浮かびますね。
    時々当院にも「小顔」のニャンコが(ワンコも)来ますね~。^^;)
    「猫ですか?」とは言いませんよ~。「ツチノコみたいですね」とは言ったことがあるかも?

    さて審査員特別賞の作品です。

      メタボ猫 増税分を 餌減らし ピコタン さん

    消費税アップを絡めるとは流石です。
    しかし、増税分=3%減らすくらいでは減量は・・・・?

    さて最優秀賞の発表です。

      この先も キミといたくて 鬼となる さすらい さん

    他の作品はメタボ猫さんを冷やかしたり茶化したり笑いの対象でしたが、最優秀賞だけは特別でした。
    決意と悔悟の念、そしてネコちゃんへの愛情が詰まっています。
    私が審査員でも間違いなくイチオシです。

    実は、「メタボ猫川柳コンテスト」自体に賛同できず、川柳募集のことをこのブログに載せるのを躊躇っていたのですが、この一句でとても意義のあるコンテストだと考えが一転しました。

    メタボワンニャンの飼い主様、是非「鬼」になって下さい。

    いんちょ 自分には鬼になれない私が言うか?

     ←ランクアップにご協力下さ~い! ポチッとな。
    テーマ:猫のいる生活
    ジャンル:ペット
    新しいスタッフのご紹介
    2014年06月21日 (土) | 編集 |
    臨時スタッフとして働いてくれた高橋結さんが5月末で退職しました。
    本当に助かりました。
    ありがとう、結ちゃん。

    結ちゃんが居なくなる大きな穴を埋めるべく、新たにスタッフが加わりました。

    花輪プロフィール

    花輪 渚さん 二十うん歳
    静岡市出身。
    とても真面目で明るい綺麗な女性ですが、男性の皆様には大変残念ながら既婚者にして一児の母でもあります。
                   あい動物病院ホームページ スタッフ紹介

    当院HPのスタッフ紹介のプロフィール写真はhanawa.jpg このサイズなのであまりお顔が鮮明ではありません。
    もっと大きな写真を見たい!と思われる方は、この小さなプロフィール写真をクリックしていただくと、更に大きな写真をご覧いただけます。

    「そっちかよ」
    というクレームにはお答えできないシステムとなっております。*^。^*)

    いんちょ

     ←ランクアップにご協力下さ~い! ポチッとな。
    テーマ:お知らせ
    ジャンル:ブログ