FC2ブログ
    あい動物病院の周りで起こった出来事や、気になるニュース、趣味のこと、思ったことなどを 気の向くままのんびり書いていきます。
    ボディーガード
    2014年05月15日 (木) | 編集 |
    ◆猛犬から飼い主一家の愛息子を助けたお手柄猫!

     「犬は人の最良の友」と言われるが、猫もなかなかどうして負けていないことがわかる、驚きの動画がアメリカで撮影された。

     米カリフォルニア州の地方局「KERO」が報じるところによれば、同州サウスウエスト・ベイカーズフィールド在住のトライアンタファロ一家の防犯カメラが、ことの一部始終を記録していた。

     映像によれば、事件が起きたのは現地時間13日の午後4時50分ごろ。一家の息子、4歳のジェレミーくんが庭で自転車に乗っていたとき、どこからともなく1匹の犬がやってきた。その犬はジェレミーくんを見つけるや否や、気づかれないようそっと彼の背後から忍び寄り、脚に噛みついたとたん、ジェレミーくんを振り回し始めた。

     そのとき、一家の愛猫「タラ」が一目散に犬に向かって体当たりし、ジェレミーくんから引き離したあと、追いかけて追っ払ったのである。さらに、犬が庭から出ていったことを確認すると、ひるがえってジェレミーくんのもとに駆けつける姿まで、映像には残されている。

     記事によれば、母親のエリカさんはジェレミーくんの悲鳴を聞き、彼のもとに駆けつけたものの、のちに夫のロジャーさんから防犯カメラの映像を見せられるまでは、タラが体を張ってジェレミーくんを助けたことは知らなかったのだとか。

     幸い、脚を噛まれたジェレミーくんは10針ほど縫ったものの、大事には至らなかったようだが、ロジャーさんが編集しYouTubeで公開している動画を観ると、脚に残された噛み傷がとても痛々しい。



     「(タラが助けてくれなければ)もっとひどいことになっていたかも」とエリカさんは振り返る。ジェレミーくんも、「タラは僕のヒーロー」とコメントしている。

     ジェレミーくんを襲った犬は近所の家で飼われている生後8ヶ月のラブラドールミックスで、他局の記事によれば、事件後まだ近所をうろついていたため、エリカさんが追い払おうとした際、彼女のことも噛んだという。事件後、飼い主はこの犬を自主的に地元の動物病院に連れていったそうで、現在は10日間の検疫期間に入っている。

    【World Pet News】 より

    ◇          ◇          ◇

    うおー!! メッチャカッコイイ
    タラちゃん、まさにヒーローですね。

    しかしなんてヒドイ犬でしょう。
    ジェレミーくんが何か気に障ることをした訳でもないのに、見つけた途端に突進して躊躇なく足に噛みついて振り回しています。怖っ!
    そしてその傷の痛々しいこと。 >_<)
    こんな犬がうろついているなんて、オチオチ外も歩けないですね。

    動物病院で検疫中って・・・ ̄^ ̄;)
    獣医師さん看護師さん、仕事とはいえご苦労様です。

    釈迦に説法とは思いますが、充分気を付けてね。

    いんちょ

     ←よかったらポチッとクリックしてください
    テーマ:猫のいる生活
    ジャンル:ペット