FC2ブログ
    「博士」と「さん」
    2014年01月31日 (金) | 編集 |
    昨日のブログに書きました、STAP細胞を発見した小保方晴子博士についての報道で気になることがあります。

    iPS細胞を開発した山中伸弥博士の紹介の際、世のマスコミのみなさんはお名前の後に敬称、役職、学位等を付けて、「山中先生」「山中教授」「山中博士」と呼んでいました。
    日本ではいくつかの呼び方がありますが、海外では博士号を持つ人はDr(ドクター)何々と紹介します。

    なのに、昨日今日の報道は何ですか!
    「小保方晴子さん(30)」
    というのが殆んどです。
    良くて「小保方晴子研究ユニットリーダー」です。
    私のブログ以外に「博士」を付けているのは見当たりませんでした。
    「山中教授」なのに「小保方さん」とは
    どうみても若い女性の小保方博士を見下してるでしょう。 `へ´+)マッタク!

    ねえ、ミケキョさん

    師長さん

    は・はい!

    いんちょ

     ←よかったらポチッとクリックしてください
    テーマ:気になったニュース
    ジャンル:ニュース