FC2ブログ
    包丁と爪切りと牛タン
    2013年09月02日 (月) | 編集 |
    岐阜の学会での完璧(?)なプレゼンの後、帰りはのんびり寄り道をしながら来ました。
    車の多い名古屋を避けて通るルートです。

    岐阜からの帰り

    岐阜市から一般道を関市に向かい、関ICから東海北陸道に乗り北上します。
    折角”刃物の町関市”まで来たんだから包丁か鋏が欲しいなぁ~と長良川SAに寄ってみました。
    やっぱりありました!ショーウィンドウに包丁がズラリ。1000円程度の物から3万円くらいする物まで。
    出刃、菜切り、刺身、牛刀、三徳、ペティ・・・・* ̄¬ ̄*)
    ヨダレを垂らしながらウロウロ見ていたら、店員さんが
    「見るだけでもいいから、ショーウィンドウから出しますよ。是非触ってみてください。」
    と言ってくれました。
    「目の保養にどうぞ」

    ん~~!!美しい~~!!

    それから色々レクチャーを受けて、ペティナイフ1本とニッパー爪切りを買いました。

    ダマスカス鋼ペティー包丁 (1)

    この包丁はダマスカス鋼と呼ばれる木目状の模様を持つ鋼素材で出来ています。
    刀芯に硬いV金10号特殊鋼を用い、その芯にダマスカス鋼を何十層にも重ね合わせて作られています。
    何十層ものダマスカス鋼を重ね鍛造すると、独特の縞模様ができ、さらに耐久性に優れ、錆びにくく、鋭い切れ味の包丁が生まれるんだそうです。

    ダマスカス鋼ペティー包丁 (2)

    日本刀も同様の製法とのこと。
    う~~ん、見惚れてしまいます。

    ダマスカス鋼ペティー包丁 (3)

    柄もマホガニー材で手にしっくり馴染みます。
    小さいながらもずっしりとした重さを感じます。

    もう一つの爪切りは

         関の爪切り

    ステンレス製ですが、やはり関市で造られたものとのこと。
    これからワンコの爪はこれで切りましょう!  ̄▽ ̄)v

    さて、長良川SAを出るとすぐに美濃関ジャンクションがあり東海環状道路に乗り換えます。
    そこから14kmほど行くと美濃加茂SAがあります。
    ここは以前に白川郷に行った時にフラッと寄ったところで、その時に食べたタン串焼きの旨さが忘れられません。
    今回はここに寄るためにこのルートを選んだようなもんです。

    美濃加茂の牛タン串焼き

    んー、やっぱり旨い!
    家族の分も買いました。

    さて家まで帰らなくっちゃ。
    4時起きで眠い目を擦り擦り、高速を安全運転で飛ばしてきました。^^;)

    家に帰って来てから早速包丁の試し切りをしました。
    キュウリを切ってみましたが、不思議な感覚!
    切れ味が抜群なことはもちろん、切っているというよりキュウリが包丁に吸い付いてくるような感じです。
    上手く説明できない・・・・。 ̄△ ̄;)
    ニンジンもサクッサクッと切れます。
    タマネギを切っても目が痛くならない。

    いや~、切るのが楽しみになってきました。

    関の包丁で切った野菜を炒めて、美濃加茂で買ったタン串焼きと一緒にいただきました。
    美味しいーー!!

    とても濃厚な一日でした。

    いんちょ

     ←よかったらポチッとクリックしてください
    テーマ:日記
    ジャンル:日記