FC2ブログ
    三度目の正直
    2013年07月21日 (日) | 編集 |
    今日はユータローと一緒に、長者ヶ岳・天子ヶ岳にチャレンジしてきました。
    過去2回は途中で雨に降られて残念ながら引き返してきてしまいました。
    さて今回は如何に?

    田貫湖の駐車場に着いた時は曇っていました。
    景色は望めませんがとりあえず行ってみましょう。

    登り始めは

         長者ヶ岳まで (1)

    こんな感じでしたが、しばらく登って行くと

         長者ヶ岳まで (2)

    完全に靄ってしまいました。
    途中、田貫湖と富士山が臨める休憩所も

    田貫湖が見えない

    真っ白でした。 ̄_ ̄;)

    前回までの2回はこの先10分位進んだところで雨に降られましたが、今回はギリギリもっています。
    駐車場からえっちらおっちら歩くこと1時間45分、とうとう長者ヶ岳の頂上に着きました!

         長者ヶ岳まで (4)

    それまでそんなにお腹が空いてませんでしたが、頂上に着いた安堵感からか急にお腹が空いてきました。
    持ってきたおにぎりをベンチに腰かけながら食べました。旨い!

    でも見える景色はこれです。

    長者ヶ岳からの絶景?

    大粒のミストでよく見ると水の粒が見えそうでしたが、やがてポツリポツリと水滴が落ちてきました。
    やばいなぁ~と思いながらも、ここまで来て後戻りは出来ないでしょう。
    空もそんなに暗くないし、行っちゃおう。

    長者ヶ岳から天子ヶ岳まで約1.5kmですが、一旦下ってまた登ります。
    緩やかな坂だと思っていたら結構キツイ坂でした。; ̄Д ̄)
    幸い雨はそれほど降らないまま止んでくれました。

    もう大分歩いたけど、天子ヶ岳の頂上はまだかなぁ。
    雨は降らないけどかなり霧が立ち込めて視界が悪いので全然目的地が見えません。
    そうこうしているうちに少し開けた広場に出ました。

    天子ヶ岳? (2)

    どうやらここが天子ヶ岳の頂上らしいです。^^;)

         天子ヶ岳? (1)

    「天子ヶ岳瓔珞つつじ」というのがありました。
    説明書きによると、京都から嫁いだお姫様と一緒に埋葬した瓔珞(宝石をまぶした装飾具)から芽吹いたつつじだそうです。
    霞んで良く見えませんね~。

    さてここからは山下りになります。
    ネットで調べた地図では「急な長い坂」ということでしたが、本当にキツイ急坂でした。

    きっつい下り

    しかも湿気で石も木の根も枯葉も濡れていてツルツル滑るのでとても危険です。
    つーか、何度も滑って転びました。
    道すがらタマゴタケを見つけました!

         ベニテングダケ

    生で見るのは初めてかも。実に毒毒しい色をしてますね~。
    でも毒キノコではないそうです。  チャレンジはしませんけど・・・。

    膝をガクガクさせながら下ること約1時間、ようやく道に出ました。

    急坂ようやく終了

    ここから更に1時間20分ほど歩いて田貫湖の駐車場に着きました。

    田貫湖に戻っても曇

    田貫湖で振り返って見ると、天子ヶ岳の頂上は雲の中でした。

    22639歩

    iPhoneのアプリによると、22639歩、総経過時間4時間56分57秒。
    よく歩いたな~。

    これで富士登山は大丈夫かな。^^)v



    いんちょ

     ←よかったらポチッとクリックしてください
    テーマ:山登り
    ジャンル:趣味・実用