FC2ブログ
    あい動物病院の周りで起こった出来事や、気になるニュース、趣味のこと、思ったことなどを 気の向くままのんびり書いていきます。
    蛇の回転
    2013年03月14日 (木) | 編集 |
    錯視という現象があります。
    同じ大きさの物が違って見えたり、空間が歪んで見えたり、止まっている物が動いて見えたりすることです。

    例えば、下の図の真ん中の●の大きさは左右一緒なのですが、左の方が大きく見えます。

    エビングハウスの錯視


    また、平行線の間に正方形を並べるだけで、平行じゃなく見えてしまいます。

    カフェウォール


    同様の現象は文字を並べただけでも起こります。

    杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー
    杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー
    杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー
    ーナマ杏ーナマ杏ーナマ杏ーナマ杏ーナマ杏ーナマ杏
    ーナマ杏ーナマ杏ーナマ杏ーナマ杏ーナマ杏ーナマ杏
    ーナマ杏ーナマ杏ーナマ杏ーナマ杏ーナマ杏ーナマ杏
    杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー
    杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー
    杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー


    ”蛇の回転”と呼ばれる下の錯視図は、蛇がグニャグニャ動いているように見えて、気持ち悪くなったりします。

    蛇の回転


    これらの現象は、脳の画像処理機能によって起こります。
    脳は実際の情報に加えて、情報の補完をしたり周囲の情報とバランスをとろうと画像補正します。
    このため、実際と異なる情報として認識してしまうことになります。

    そこで疑問。
    人の脳じゃなくても同じことが起こるのか?
    ●の大きさや平行線はどう見えてるか知る由もありませんが、動いて見えるのは何かしら反応があるかもしれません。

    さて、最近その疑問を解消する動画が公開されています。



    おお~!!メッチャ反応してますね!
    これはやっぱり動いて見えてるんでしょうか!!!

    早速グレースでやってみました。



    んん~~  ̄_ ̄;) 全く無視ですね~。
    もしかしてこれって興味の問題かも?

    そういえば、ミケキョは動かないマダニの写真に反応してたし・・・。



    結論は猫のみぞ知る
    って感じですね~。

    いんちょ

     ←よかったらポチッとクリックしてください
    テーマ:猫のいる生活
    ジャンル:ペット