FC2ブログ
    歯の大掃除キャンペーン終了
    2012年12月29日 (土) | 編集 |
    11月19日から実施していました”歯の大掃除キャンペーン”は、大好評のうちに昨日終了しました。
    1ヶ月ちょっとの期間でしたが、17頭のワンちゃんの歯が真っ白になりました。
    人と違って全身麻酔をしての処置となりますから、頻繁にできませんので日頃のメンテナンス(歯磨き等)が必要ですね。

    <歯石取りの方法>
    全身麻酔をして気管チューブを挿管します。気管チューブは安全なガス麻酔のためと、これをしないと歯石や抜けた歯が気管に入ってしまうことがあるからです。

    まずは超音波スケーラーという道具で、歯にガッチリ付いた歯石を剥がし取ります。

    超音波スケーラー
    超音波スケーラー

    次に、高速回転(1000~2000rpm)するブラシに粗い研磨剤を付けて歯を磨きます。

    ポリッシングブラシ
    ポリッシングブラシ

    仕上げに、高速回転するゴム製のカップに細かい研磨剤を付けて磨き上げます。

    ラバーカップ
    ポリッシングカップ

    ワンちゃんは奥歯の形状が複雑なので、なかなか大変です。
    処置自体は40~50分ですが、麻酔導入から覚めるまで凡そ2時間位かかります。

    <症例>
    どういう訳かダックスさんは歯石が付きやすく、重度になりやすいです。

    重度歯石

    この子もダックスさんですが、自前の歯が見えないくらいにガッツリ歯石が付いてしまっています。
    歯石取りをすると

    重度

    真白くキレイになりました。
    ただ、歯はキレイになりましたがかなり歯肉が後退してしまって歯根が露わになっています。

    重度(正常ライン)

    のブルーのラインまで本来歯肉が覆っているところです。

    こちらのワンちゃん

    歯石取り

    さっきの子と比べると歯石の量は少ないのですが、歯石を取ってみると

    歯石取り (2)

    やはり歯根が見えている所があります。

    歯肉後退

    この子の前歯もかなり歯肉が後退してしまっています。

    ワンちゃんの口の中は虫歯菌(ミュータンス菌)が済みにくい環境なので、いわゆる虫歯(齲歯)にはほとんどなりません。
    歯石が問題なのは虫歯になるからではなくて、このように歯周病になってしまうからです。一度後退してしまった歯肉は元には戻りません。土台が崩れてしまえば歯はやがて抜けてしまいます。

    歯石取りも大事ですが、やはり歯石を付けない歯磨きはもっと大事ですね。

    いんちょ

     ←よかったらポチッとクリックしてください