FC2ブログ
    あい動物病院の周りで起こった出来事や、気になるニュース、趣味のこと、思ったことなどを 気の向くままのんびり書いていきます。
    常識は覆る
    2012年10月15日 (月) | 編集 |
    昨日の講習会は「ビギナーからベテランまで明日に役立つ外科手術の基礎」と題された内容でした。
    既に私は年齢的に「大ベテラン」の域に達してしまいましたが、常にビギナーのような心で気持ちも新たに(なんて言いながら「基礎のおさらいでもしてくるか~」位のノリで)今回の講習会に参加してきました。

    聞いてビックリ!見てビックリ!
    今まで常識と思っていた(そう習った)方法がかなり覆っているのでビックリしました。w(°□°)w

    例えば、開腹術時の腹壁の縫合について、私たちは「【必ず腹膜同士が接着するように寄せて縫いなさい」と教わりましたが、昨日の講演で腹膜を縫着しない方法は合併症の危険が低いとの論文の紹介がありました。
    会場全体にえ?という顔と、ざわめきが広がりました。

    このような話が講演会の間中に沢山聞けました。

    これら常識の変化は手術材料、特に縫合糸の進化が関係しているようです。昔の絹糸(けんし)の撚糸しか無かった時代の常識と、合成吸収糸が普及した現代では常識も変わるというところでしょうか。

    大学の生理学の教授が講義中に
    「常識はどんどん変わっていきます。今日教えたことは今の所正しいとされていますが、将来は分かりません」
    とおっしゃってましたが、まさにその通りです。

    素晴らしい講習会でした。

    いんちょ

     ←よかったらポチッとクリックしてください