FC2ブログ
    あい動物病院の周りで起こった出来事や、気になるニュース、趣味のこと、思ったことなどを 気の向くままのんびり書いていきます。
    ラリー更迭
    2012年09月23日 (日) | 編集 |
    ◆ネズミを捕らない英首相官邸のネズミ捕り担当猫「ラリー」 ついに更迭

     とうとうそのときが来てしまった。英ロンドン・ダウニング街10番地の首相官邸で、「内閣府付き主任ネズミ捕り担当官」として働いていた(り、働かなかったりした)猫「ラリー」が、クビになったらしい。

     英「デイリー・メール」、および米「ピープル」誌によると先週木曜、室内にネズミが出たにもかかわらず椅子の上で眠りこけ、起こしてもうっすら目を開ける程度にしか反応しないラリーに、キャメロン首相がとうとう愛想を尽かし、更迭を決めたとしている。

    article-2204009-00002EA100000CB2-44_468x263.jpg

     昨年2月、官邸にしばしば出没するネズミたちを追い払うべく、動物愛護施設「バタシー・ドッグス&キャッツ・ホーム」からキャメロン首相一家の愛猫、そしてネズミ捕り担当官として迎えられたラリー。

     着任直後こそ脚光を浴びたものの、一日中寝てばかりいるグータラな勤務態度が次第に問題視されるようになっていた。過去に数回ネズミを捕ったという話もあったが、確固たる証拠がないためウワサの域を出ず、先月末にようやくネズミの死骸を誇らしげに見せているラリーの姿が撮影され、「ラリーが初めてネズミを捕った!」と報じられたばかりだった。

    article-2204009-150ADDEF000005DC-909_468x456.jpg

     気になる後任人事(猫事)だが、キャメロン首相はすでに、ジョージ・オズボーン英財務大臣の愛猫「フレイヤ」を新担当官に任命したという。

    article-2171828-1400F248000005DC-404_468x303.jpg

     子猫のときに行方不明になり、今年6月にオズボーン一家と3年ぶりの再会を果たしたというフレイヤは、一家と離れている間は野良生活を送っていたそうで、彼女のほうがラリーよりネズミ捕りの腕が立つのではと期待されている。

     バタシーにいたころは遊び好きで活発だったため、ネズミ捕りの素質も十分と期待されていたラリーだが、逆にその怠慢な態度でメディアをにぎわせてくれた彼の退官は少々残念。ただ、彼自身は今後、一般人ならぬ一般猫に戻れることに「やれやれ」とホッとしているだろうけど。

    【ワールドペットニュース】 より

              ◇          ◇          ◇

    以前に当ブログ 「ネズミ退治大臣」でもご紹介しました、いかにもやりそうな顔のラリー君でしたが、残念ながらあまりの怠慢ぶりに更迭されてしまったようです。
    元野良ネコだったということですが、写真でみる限りにおいてはとても満ち足りた栄養状態のようですから、狩猟本能が薄れてしまったのかもしれません。
    誠に残念です。orz

    後任のフレイヤ嬢は3年ほど世間の荒波に揉まれていたようで期待されています。なかなか精悍な顔立ち(レディーに対して失礼!)をしていますが、やはりそのふくよかなボディを拝見するにあたり、仕事に対する意欲はどうでしょう?と思わざるを得ません。
    更に、ネズミが勇気を奮って付けるまでもなく首に鈴がぶら下がっていますから、勤務中の障害になりそうです。

    今後の活躍に期待しましょう。*^.^*)

    いんちょ

     ←よかったらポチッとクリックしてください