FC2ブログ
    猫のパラダイス!
    2012年05月13日 (日) | 編集 |
    瀬戸内海には数多くの島があるが、その中でも特に猫が多く猫パラダイスの島と紹介されたこともあるのが香川県の佐柳島(さなぎじま)だ。

    高松から電車で約30分。多度津駅から歩いて10分ほどで多度津港に到着。港に行く途中、おいしい本場の讃岐うどん店で腹ごしらえをした後、船に揺られること約1時間で佐柳島に到着する。島の周囲は7kmほど。人口はわずか100数十人の小さな小さな島だ。3階建て以上の建物は見当たらず、人の姿も見当たらず。海沿いに住宅が密集しているのみ。とってものどかな、古きよき日本の原風景といった感じだ。

    003l.jpg

    島にある集落は2つのみ。船が到着した本浦集落に入っていくと、車1台が何とか通れる狭い路地にいるはいるは、猫がいっぱい! 人を怖がる様子もなく、道路のど真ん中で寝そべっていたり、家の門番であるかのように玄関口でたたずんでいたり、リラックス度120%の猫たちがあちこちに見られた。

    人に会うより猫に会う!

    1匹の猫とたわむれていると、いつのまにやら3、4匹。さらに他の猫も集まってきて、えさをねだるわけでもなく、何をするわけでもなく、私の目の前で寝そべってみたり立ち上がってみたりする。まるで猫たちに島に来たのを歓迎されているかのように。

    数百mほど歩けば終わってしまう小さな本浦集落だが、ほんの30分いただけでも猫10数匹と出会う。一方、人に出会ったのは近くの商店のおばちゃん1人のみ。島の主が猫であるかのような島だった。

    005l.jpg

    ちなみに「さなぎじま」という島の名の由来は、将軍・足利義満氏が厳島に参詣する際に強風に遭い、この島に避難すると風が和らいだので早凪(はやなぎ)と呼んだのが「さなぎ」に変わってついたとも言われている。そんな穏やかな島だからこそ猫のパラダイスとなったのかもしれない。

           【マイナビ ニュース】 より

              ◇          ◇          ◇

    羨ましい~。この島の住民には”猫嫌い”という観念は無いのかもしれませんね。猫はもう島の日常というか生活の一部なんでしょうね。

    私も猫の室内飼いを推奨してはいますが、できれば自由に外に出してあげたいとも思います。こういう島で自由に自然を謳歌できるニャンコたちは本当に幸せでしょうね。
    あ~、この島に住みたい!

    いんちょ

     ←よかったらポチッとクリックしてください
    テーマ:猫のいる生活
    ジャンル:ペット