FC2ブログ
    ユートリオまで その2
    2012年04月03日 (火) | 編集 |
    さて、休憩(といっても子供たちは遊びまわってましたが・・・)のあと出発です。

    桜峠

    地図でも分かる通り、ここからユートリオまではつづら折れの山道です。まさに峠越え。えっちらおっちら登って行きますが、なかなかの勾配で大変です。更に前日の雨と風で枯れ枝や葉が沢山道に落ちているので、とても歩きにくくなっていました。周りは杉林のため景色も一切見えません。T_T)
    50分ほど登ってようやく峠に着きました。「桜峠」という看板が立っていました。
    ふと見上げると、富士山展望台入り口のゲートが目に入りました。

         展望台入り口

    『さぞや絶景が見られることだろう』
    と思い、
    「お父さん、行ってくるから、ちょっと待ってて」
    と言い残して獣道のような山道を一人向かいました。展望台までどのくらいの距離があるのか全く見当もつきませんが、なんとなく、ただなんとなく5分くらいで着くだろうと高をくくっていました。
    しかし、その5分くらい登った所に「え?」と思う案内板が・・・・

    あと20分

    あ、あと20分?

    ここでしばし熟考・・・・。
    もう自分の足は疲労でガタガタだし、あと20分ということは往復で40分、帰りは下りだから差し引いても30分。でもこれだけの苦労をする価値のある景色だろうし・・・。
    「見たい願望」に負けて、やはり行くことにしました。

    林間を行く手作り階段を進むこと約10分、思ったより早く展望台に着きました。

    やっとついた

    やった、頑張った。偉いぞ自分!
    さあ見るぞ!絶景を!

    苦労して登ったのに!

    え?( ̄□ ̄|||) これ?
    富士富士宮市民ならもっといい景色知ってるよ~~。チサンCCに向かう坂道から見た富士山の方がよっぽど絶景だったよぉ~~(;´Д`)=3
    「ひどい! 詐欺だー!」と憤慨しながら、しかしあまりのことに逆にニヤニヤ笑いながら獣道を戻って行きました。
    子供たちにも展望台から撮った写真を見せたら、
    「行かなくてよかったー」
    まったく。

    峠からは下り道オンリーだし、ゴールも間近なので自然と早足になります。ユートリオの屋根が見えてきたら、
    「あれ?もう着いちゃったの?」
    とユータロー。すごくよく分かります、その気持ち。やせ我慢じゃないんです。ずっと頑張って歩いて来て、それが楽しくて、疲れているんだけどゴールすると終わっちゃう、という一抹の寂しさがあるんです。

    ユートリオで温泉に入って、疲れた足をほぐしていると、温泉嫌いの私もさすがに「あ~気持ちいいなぁ」と思います。
    富士登山したり、20km散歩したり、他人から見たらなんてバカバカしいと思われるかもしれませんが、終わった後の達成感は何物にも代えがたいものです。止められませ~ん。

    <<おまけ>>

    道すがら撮った草花たち

    さくら
                    咲き始めの桜

    つくし
                    道端のつくし

    石垣の水仙
                 石垣から顔を出す水仙

         逆光梅
                    ユートリオの梅

    2~3月の植物がいっぺんに見られた散歩でした。ヽ(^▽^)ノ

    いんちょ

     ←よかったらポチッとクリックしてください
    テーマ:日記
    ジャンル:日記