FC2ブログ
    フィラリアの血液検査1
    2012年04月25日 (水) | 編集 |
    犬フィラリアの予防開始前に血液検査をしています。以前にも書きましたが、検査をする理由は2つあります。
    1)去年までの予防ができているか。
    2)もし既にフィラリアに感染していると、予防薬投与で副反応がでることがあるので、その防止のため。

    検査は成虫抗原検査と、顕微鏡によるミクロフィラリアの検出です。

    犬フィラリアは心臓に寄生する寄生虫です。メスは血液中にミクロフィラリア(以下mf)という子虫を産みます。mfは長さ300μm程で血流に乗ってワンちゃんの体内を巡っています。
    蚊がワンちゃんの血を吸う時にmfも吸い込みます。蚊の体に入ったmfは2回脱皮して感染子虫へと成長します。
    感染子虫は、蚊がまたワンちゃんの血を吸う時にワンちゃんに移動します。ワンちゃんの体内に入った感染子虫は6~7ヶ月かけて心臓まで移動し成虫になります。


    開業当初は「犬を見たらフィラリアと思え」と言われるくらいフィラリアが多かったですが、皆さんの予防意識が向上したためにかなり少数になりました。
    しかし、まだまだ絶滅したとは言えません。しっかり予防しましょう。^^)v


    ちなみに、ミクロフィラリアとはこんなヤツです




    クネクネ動いている透明な糸状のヤツです。その周りのツブツブが赤血球です。
    憎たらしいでしょ?`Д´メ)

    いんちょ

     ←よかったらポチッとクリックしてください
    ワンコのための・・・
    2012年04月24日 (火) | 編集 |
    先日「ワンコのための自販機」をご紹介しましたが、最近は「ペットのための〇〇」というのが増えてますね。素晴らしいことです・・・・・かな?

    ペット大国アメリカではとうとうワンコのためのテレビ局「DOGTV」なるものが誕生したとか。

    dogtv.jpg
                  【DOGTV】公式サイト

    以下「ワールドペットニュース」の記事から。

     今年2月にスタートした、その名も『DOGTV(ドッグTV)』は、犬のために作られた番組をオンエアする有料CSチャンネル。視聴者ならぬ“視聴犬”を飽きさせないよう、犬の専門家監修のもと、科学的見地から制作された3つのテーマの番組を24時間流し続ける。

     犬の1日のバイオリズムに合わせた番組編成は、昼寝の時間帯にはくつろぎの「リラクゼーション(Relaxation)」、活発な時間帯には遊び心を刺激する「スティミュレーション(Stimulation)」をテーマにした番組をオンエア。

     加えて、雷やドアベル、サイレンなど、犬が苦手な音をあえて流すことで、少しずつ負の刺激に慣らさせることをテーマにした番組「エクスポージャー(Exposure)」も合間に放送されている。

     これだけでも充分ユニークなのだが、さらにすごいところは、犬の視覚・聴覚に合わせて映像や音声を加工するという徹底ぶりだ。たとえば映像の色味などは、赤と青が見えづらいという犬たちのために色調補正してあり、人間の目には少々コントラストがきつく全体が青味がかって見える。

     と、ここまでのこだわりようを見ると、当の犬たちの反応が気になるところだが、いかんせん現時点ではサンディエゴの一部地域でしか観ることができないチャンネルのため、視聴犬の感想などの情報はあまり入ってきていない。

     とはいえ、同チャンネルのFacebookページを見ると、「17分間じっと番組を観続けた」「ハイテンションなうちの犬が番組のおかげで落ち着いたわ!」など、視聴犬オーナーの好感触なコメントが少ないながらも見られるうえに、視聴できない地域の愛犬家からは「うちの子にも観せたい!」とのラブコールが多数寄せられている(しかもイギリスやオーストラリアなど海外からも)。

     その声に応え、同チャンネルの公式サイトでは視聴できない地域のオーナーのために、PCやスマートフォンなどで番組を観られる有料ストリーミング配信も行っている(9.99ドル/月)。

     「留守中、何の楽しみもない退屈な1日を過ごすより、番組からさまざまな刺激を受けて、充実した時間を送ってほしい」と、犬たちのQOL向上につなげたい『DOGTV』。「テレビという特性を活かし、これからも犬たちを楽しませる新鮮な内容の番組をどんどんオンエアしていきたい」と意欲を見せている。

     公式サイトではサンプル動画なども観られるので、興味のある人(というか犬)は観てみては? 「リラクゼーション」の番組などは、犬のみならず人もかなりリラックスできること請け合いだ(記者は観て一気に眠くなった)。


              ◇          ◇          ◇

    「犬のためのビデオ」みたいな感じなのかと思ったら、かなり本格的ですね。
    >雷やドアベル、サイレンなど、犬が苦手な音をあえて流す
    というのもかなり考えられています。

    しかし、1日中テレビを点けっ放しってことですよね?大きなワンコが多いアメリカですから興奮したワンコがテレビを倒したりしないのかな?
    ・・・・と余計な心配をしてしまいました。

    ところで、(記者は観て一気に眠くなった)というのがあまりに正直で笑えました。

    日本ではどうでしょうね~?

    いんちょ

     ←よかったらポチッとクリックしてください
    テーマ:わんことの生活
    ジャンル:ペット
    歩き方が・・・・?
    2012年04月23日 (月) | 編集 |
    時折ルームランナーで走るニャンコやワンコを見かけますが、けっこう楽しそうですよね。運動不足になりそうなワンニャン及びその飼い主さんにもいいかもしれません。

    しかし、そのルームランナーの新しい使い方を提唱しているワンコがいます。



    このなんともトボけた表情がいいです。^ー’)b
    後ろ足はセッセと動かしていますが、前半身がほぼ不動です。

    リードが繋がっているので、飼い主さんとしてはこのベルトの上を歩かせたかったのでしょうけど、見事な返し技です!

    いんちょ

     ←よかったらポチッとクリックしてください
    テーマ:わんことの生活
    ジャンル:ペット
    新東名に乗って♪
    2012年04月22日 (日) | 編集 |
    待ちに待った日曜日!
    ユータローがコースターに乗りたいと言っていましたが、天気が崩れそうで西には向かえません。ユータローがPCで調べて八景島シーパラダイスに行くことにしました。

    今日は明るい時間に新東名の新富士ICから御殿場方面に向かいました。

    新富士合流

    道は結構空いていますが

    新東名

    サービスエリアに入りたい車の渋滞は

    沼津SA

    1km以上続いていました。^^;)ご苦労様です。

    八景島シーパラダイスは入場料がありませんから、行くだけならタダ、乗るだけお金を払う形式なので短い時間でも損した感は少ないです。
    とは言え、ユータローは同じものに何度も何度も乗るキャラなので、子供のプレジャーランドパス2,600円だけ買いました。

        サーフコースター

    さて、ユータローご希望のサーフコースターです。いつもは順番待ちの人たちが大勢いますが、天気が悪い今日は待ち時間無しで乗れました。
    これは大人も子供も1,000円です。私はチケットを買って2回乗りましたが、ユータローは7回も乗りました。十分元は取りました。^^;)

    ところで、ここにも例のごとく身長などの制限事項があります。

           注意書き1

    ユータローはもう140cmありますからろくに読まずに乗り場まで行きました。さて乗ろうかとチケットを渡す時に係員のお姉さんが
    「念のため年齢をお聞きしてもよろしいですか?」
    と言います。どうやらユータローのことではなさそうで・・・
    「え?私?σ( ̄、 ̄?) 51です。」
    「どうぞ。」

    はは~ん。長島スパーランドみたいに年齢の上限制限があるんだな?まあ私も多少老けて見えるからしょうがない。職務に忠実な娘だ。よろしい。
    ところで、ここは制限はいくつからかな~?

    注意書き2

    ろ・ろくじゅうごぉ~~!!?
    シドい・・・・シドすぎる・・・・.(≧Д≦;):。うえ~~ん

    やがて空から私の涙がこぼれてきて、大地を濡らし始めたので

          梨ジュース

    珍しい「梨ジュース」を飲みつつ帰って来ました。

    いんちょ

     ←よかったらポチッとクリックしてください
    テーマ:日記
    ジャンル:日記
    溺れてる!
    2012年04月21日 (土) | 編集 |
    小学生の頃、伊豆に海水浴に行った時の事。
    まだろくに泳げなかった私は浮き輪を使って、ドラム缶と板で作ってある沖の浮きまで行きました。
    すると次兄がやってきて、
    「浮き輪を借りてくぞ」
    と言って行ってしまいました。
    すぐ戻って来るのかと思っていましたが、なかなか来てくれません。しかも遠くにいるので声も届きません。

    どれだけ待ったのか記憶にありませんが、待ちくたびれてしまい、岸を見ると何となく泳いで行けそうな気がしてきました。
    こうなったら泳いじゃえ! と海に飛び込んだのはいいのですが、多分20mも進まない内に溺れてしまいました。へ( ̄△ ̄|||)ノうえ~~ん

    海面と海底の間を行ったり来たり。「人は沈むんだー!」と思いました。
    5~6回ほど海面から顔を出した頃に次兄が浮き輪でやって来て助かりましたが、兄は呑気な声で
    「お前、何やってんだ?」
    それから私は海水浴が嫌いです。( ̄へ ̄+)


    さて、兄弟はともかく(?)我が子が溺れてしまったら慌ててしまいます。それは人だけではないようです。




    ブラボー! (*^▽^ノノ☆パチパチパチ
    押してもダメなら・・・と他の方法への機転の利かせ方がスバラシイです!

    しかし、オイオイ、一体どこまで行くんか?

    ズルズルと引っ張って行って、またプールに落ちてしまうんじゃないかと心配になってしまいました。^^;)

    いんちょ

     ←よかったらポチッとクリックしてください
    テーマ:わんことの生活
    ジャンル:ペット