FC2ブログ
    あい動物病院の周りで起こった出来事や、気になるニュース、趣味のこと、思ったことなどを 気の向くままのんびり書いていきます。
    子猫まみれ
    2012年03月31日 (土) | 編集 |
    猫は多産で、一度に5~6匹生むことも稀ではありません。
    去年亡くなった当院の白猫ハハは、1999年に7匹の子猫と共に病院前に捨てられていました。

    猫が1回の出産で生んだ子供の数の世界記録は、イギリスのオックスフォードシャーに住んでいた4歳のタラウッド・アンティゴンというバーミーズとシャムの雑種が持つ19匹(!)です。その内の4匹は死産で、生存している15匹は雌が1匹雄が14匹だったとか。
    さぞや子育てが大変だったことでしょうね。

    しかし!
    なんと16匹の子猫の世話をしている母猫ちゃんがいました!



    おお~!!ファンタスティック!

    子猫はもうだいぶ大きいようですから餌を食べられると思いますが、まだおっぱいを狙って群がってます。

    猫の乳首は通常4対=8つしかありませんから、完全に需要過多です~。
    まさか1匹の猫から生まれたんじゃないでしょうね???
    もう1匹の成猫の方には1匹しか子猫が付いてませんが・・・・?

    ちなみに、生涯に生んだ最多記録はアメリカ、テキサスのダスティというトラ猫で、17年間に420匹の子猫を出産したという記録があります。

    ネズミ算ならぬネコ算ですね。^^;)

    いんちょ

     ←よかったらポチッとクリックしてください
    テーマ:猫のいる生活
    ジャンル:ペット