FC2ブログ
    ズーラシアお泊り探検 二日目
    2011年08月08日 (月) | 編集 |
    (前日の続き)

    硬い床にうなされて、一晩の内に何度も何度も眼が覚めました。そしてその度に「まだ外が暗いよ~~」とがっくりしながらまた寝返りを打って寝る、の繰り返しでした。(T_T)
    起床時間の7時よりずっと早く、6時くらいからグダグダ起きていました。ユータローはどうだろうと見るとしっかり熟睡してました。
    どこでも寝られるっていいですね。(_ _;)ウラヤマシイ

    7時少し前に職員さんが「おはようございます」と来ました。みんなで銀のマットをクルクル巻いて片付けます。
    さてこのツアーは朝食がついていました。7時半から動物園内のレストランでバイキング式の朝食でしたが

        朝食

    とても美味しくいただきました。^▽^)ノ
    パンは焼きたてでフワフワで温かいし、スクランブルエッグもベーコンもソーセージも熱々でした。

    ニコニコ

    美味しくてこんな感じ↑  ニコニコ

    さて、このツアーのメイン(かな?)イベントの動物たちへの朝の餌やりです。
    最初はカンガルーです。

    獣舎裏

    普段は動物園の職員さんしか入れないカンガルー舎の裏に入って行きます。そこで餌の説明があり、いよいよカンガルーのフィールドへ。

    カンガルーの餌

    餌はこんな風な、いわゆるカンガルーフードみたいなペレット状の物と果物などを小さく切ったものと、植物の葉っぱ(名前は忘れました^^;)を与えます。
    そしてカンガルーを獣舎から出す前に、そのフィールドの奥の方にいるエミューに餌を与えます。これは職員さんがやり、私たちは見学です。

    エミューの頭の位置はユータローの背より高いです。
    さて、エミューの餌やりが終わってから私たちはカンガルーのフィールドから出ます。みんなが一般の観覧場所に移動したところでカンガルーたちを獣舎から外に出します。
    すると警戒心の強いカンガルーたちは、いつもと違う雰囲気、餌の場所のために躊躇(ためら)いながらゆっくり出てきます。

    カンガルー出動

    戸惑いつつも一口食べてみるといつも通りだと分かり、安心して食べ始めます。すると他のカンガルーがドヤドヤと出てきてみんな食べ始めました。子供達からは「あ、僕がやった餌を食べてる!」と歓声が上がり、大喜びです。

    さて次は、ホッキョクグマの餌やりです。

    白クマ舎裏

    ホッキョクグマ舎で餌の説明を受けます。ホッキョクグマの体重は現在340kgくらいで、1日に5kgの魚や野菜を食べるそうです。

    白クマフィールド

    餌やりをしたい子は使い捨てのゴム手袋をして、ホッキョクグマフィールドに出てあちこちに餌をばらまきます。魚はプール内に、野菜は岩場に。
    そしてそこを出て観覧場所に移動してからクマさんを出します。
    ホッキョクグマもその巨体に似合わずかなり慎重派らしく、ドアが開いても中々出てきませんでした。ゆっくりゆっくり出てきて、しばらくして大丈夫だと思ったらしくプールに飛び込んで魚をゲットしていました。

    白クマ魚ゲット

    そしてプールに浮いていたリンゴを食べにガラス越しにすぐそこまで来ました! 大迫力!!

    白クマ&ユータロー

    ユータローが食べられそうな感じ!

    ホッキョクグマを満喫したら、次はカワウソの餌やりの見学です。
    アジやイワシの他に、生きたドジョウをあげていました。

    カワウソ

    上手に前足を使って魚を掴み、バリバリと頭から食べています。
    そしてこの日最後のイベント、テングザルの餌やりです。

    テングザル

    テングザルは今や日本ではここズーラシアでしか飼育されてないそうです。テングザルはとても人懐こくて大人しいので、きゅうりなどを飼育員さんが直接手渡ししていました。

    さて、これでお泊り探検ツアーのイベントは全て終了しました。もう一度アマゾンセンターに戻って、アンケートに記入をして、センター前で記念撮影をして午前11時頃に解散となりました。
    その後はそのまま帰るもよし、夜まで動物園に留まるもよし、ご自由にとのことです。
    (「夜8時半までいてもOKです」と職員さんが言った時には、親たち皆から力ない笑いが漂っていました^^;)

    ユータローはというと「このままナイトズーラシアまでいる!」・・・らしいです。

    さて、ツアーの皆と別れてもう一度園内を散策することにしました。天気はとても良く、動物園日和です(: ̄д ̄;)あぢ~~~。

    ツキノワグマ

    昨夜見たツキノワグマがあまりの暑さにプールに入っていました。
    しかし、よく見たら・・・

    お尻のカエル

    腰にカエルがしがみついていました。きゃわいい。クマが水の中を移動しても一生懸命しがみついていましたが、しばらくしたらポチョっと落ちてしまいました。カエルは何を思ったのか、クマの顔の方に泳いで行きました。それを見つけたクマは、パクッ! あ!  ̄◇ ̄;)

    その後も園内を見回りましたが、あまりの暑さに動物たちもバテバテでほとんど動きません。お客さんも日陰を探しながら歩いています。
    一通り見終わって、ユータローに「どうする?」と聞くと、夜までいると言った朝のトーンからはかなりダウンして「どっちでもいい」と言いました。
    私もできたら前日の夜にほとんど園内を見られませんでしたから、ナイトズーラシアを堪能したいところでしたが、睡眠不足と暑さに参ってしまいました。
    その頃になって雲ってきて、涼しくなってきたかな?と思ったら雷がゴロゴロゴロと立て続けに鳴るようになったので、諦めるいいきっかけになりました。

    そそくさと退園ゲートに向かい、ズーラシアを出ました。

    ところでこのツアーには最後のお楽しみとして、退園ゲート外の売店に併設しているハーゲンダッツカフェのカップアイスがおまけとして付いています。

    パフェ引換券

          ぞうさんカップ

    これも美味しくいただきました。最後の最後まで飽きさせない、とても素晴らしいツアーでした。楽しかったです。
    ユータローもとても楽しかったらしく、「来年もまた参加したい!」と張り切っていました。来年は一体誰があそこに泊まるというのだ?

    さて、これから家まで車で帰らなければ・・・・・( ̄^ ̄;)うう~~ん
    老骨に鞭打つ父ちゃんでありました。

    ちなみにこのツアーの参加希望者は募集の2倍ほどいたそうです。
    そして、今年の第1回目は前の週7月30日~31日でしたが、初日の夕方から土砂降りの雨で、屋外で計画していた企画が全てダメになったそうです。
    私たちはとてもラッキーでした。(^▽^)v

    いんちょ そして昨夜は爆睡

     ←よかったらポチッとクリックしてください
    テーマ:日記
    ジャンル:日記