FC2ブログ
    感動のポイント
    2011年06月23日 (木) | 編集 |
    今週始めよりテニスの4大大会の一つウィンブルドン選手権がイギリス・ロンドンの南西部ウィンブルドンで行われていますが、日本時間昨夜日本のアラフォーの星、クルム伊達公子が元世界No.1ビーナス・ウィリアムスと対戦しました。
    共に1セットづつを取り、最終セットは両者一歩も引かない大接戦!


    datekimiko.jpg

    一進一退の攻防。そのプレーの1つ1つに込められた気迫や執念が伝わってきて、試合の最中に感動の鳥肌が立ちました。惜しくも負けてしまいましたが、悔しさももちろんありますが、伊達さんの「やりきった感」も伝わってきて妙な清々しさも感じたりしました。

    本当によく頑張りました。お疲れ様。そして感動をありがとう


    で、今日の本題はそれではなく・・・・・

    去年もウィンブルドンの話をブログに書きましたが、思いの外無反応で残念でした。それ以来テニスのことは書かないにしようと思いました。こういう感動を共有できるとうれしいなぁとは思いますが、人それぞれに感動のポイントが違うので仕方がないですよね。
    テニスをやったことが無くてその楽しさ難しさが分からないと見ていてもイマイチ分かりません。

    昨夜の試合をユータローも見ていて、ビーナスがストロークでエースを取った時に、伊達さんがボールを追わなかった(追えなかった)のを
    「なんで追わないの?こうやってダーッて飛びつけばいいのに」
    と言ってました。彼は、Wiiでしかテニスをやったことがありません。^^;)

    そういう私だって、バイクレースや釣りの話をされてもよく分かりません。
    熱く語られても「そうなんだ~」と相槌を打つのがやっとです。

    同じものを見て聞いて味わっても、感動する人もあり全然何も思わない人がいます。その感動の共有をできる人達が友達となり仲間となっていきます。
    また、感動の話は世の中に沢山ありますが、その全てに感涙していたら身体精神がもたないかもしれません。

    この感動のポイントがその人の人生を表しているんでしょうね。

    いんちょ それにしても伊達公子さん、カッコよかった~。

     ←よかったらポチッとクリックしてください
    テーマ:ウィンブルドン
    ジャンル:スポーツ