FC2ブログ
    ネコの身代金
    2011年06月20日 (月) | 編集 |
    猫誘拐犯が1億円の身代金要求、
      飼い主は悲しむも「6万円程度の価値」


    ポーランドに住む12歳の少年は、かわいがっていたペットを巡り、良からぬ事態に巻き込まれてしまった。今年5月、少年が飼っていた珍しい品種の猫が家から姿を消し、深い悲しみの中で必死の捜索活動を続けているときにかかってきた1本の電話。それは猫を誘拐したと告げる内容で、犯人は少年の愛情を踏みにじるかのように、法外な身代金を要求してきたという。  

     ネコの身代金

    (中略)
    少年は街中にポスターを貼って情報提供を呼び掛けるも、特に有力な情報もないまま時間だけ経過。家族ともども最愛の猫発見を「ほぼ諦めかけていた」そのとき、家に1本の電話がかかって来たという。電話の主は男性で、話をするとこの男性から「猫を預かっている」と脅迫の言葉。行方不明になった猫は姿を消していたのではなく、卑劣な男性によって誘拐されていたと、ここで家族が知ることになる。

    しかも、この犯人の口からは「返して欲しかったら100万ユーロ(約1億1,500万円を払え」と身代金の要求も。どうやら犯人は猫が珍しい品種であると知り、価値があると睨んで今回の誘拐を実行したようだ。しかしいくら愛するペットのためとはいえ、1億円を超える金額は、一般家庭にとってはあまりにも大金。少年の母親も「うちにはそんなお金がない」と困り果ててしまった。

    (後略)
    猫誘拐犯が1億円の身代金要求、飼い主は悲しむも「6万円程度の価値」【ナリナリドットコム】より

              ◇          ◇          ◇

    珍しい品種だからとか雑種だからとか関係なく、飼い主にとってはワンニャンはお金には代えられない大切な宝物です。

    とはいえ・・・・・・
    1億円って・・・無茶な (;´Д`)=3 ハァ~
    どう頑張っても、普通払えませんよね。

    犯人もちょっと(だいぶ?)マヌケですね。不可能な要求をして、お金も入らず罪だけが残ります。
    早く犯人が捕まってネコちゃんが少年の元に戻ることをお祈りします。

    いんちょ

     ←よかったらポチッとクリックしてください
    テーマ:気になるニュース
    ジャンル:ニュース