FC2ブログ
    本物の泥棒ネコ!
    2011年06月25日 (土) | 編集 |
    「泥棒ネコ」 水着、靴、手袋…3年間で600点盗む 米国

     米カリフォルニア州サンマテオの閑静な住宅街で約3年間に渡り、こっそりと盗みを繰り返していた“連続窃盗犯”の姿が21日、AP通信によって配信された。地域住民を悩ませていた盗みの常習犯は、なんと1匹のネコ。米メディアが今年2月、暗視カメラの映像で“犯人”を突き止め、話題になっている。

    ダスティ

     ネコの名前はダスティ。飼い猫だが、夜な夜なこっそりと家を抜け出し、ご近所で盗みを働いていた。その戦利品はぬいぐるみ、タオル、手袋、水着、靴、靴下などさまざま。3年間にくすねた品は計600点以上に上るという。

     地域住民はこの愛らしい窃盗犯に思わず苦笑い?警察に通報することはなく「物がなくなったら、ダスティの飼い主のところに行けばいいや」ぐらいに思っているとか…。

    「泥棒ネコ」 水着、靴、手袋…3年間で600点盗む【産経ニュース】より

              ◇          ◇          ◇

    お魚くわえたドラネコ~ 追っかけて~

    ・・・どころではない、本物の泥棒ネコがいました!
    年間200点、ほぼ2日に1回はネコババしてたんですね。何が彼をそうさせたのでしょう?これはもう習慣というか性癖というか、悪気が無い(と思いますが・・・)ので純粋に何か彼の興味を引く共通の要素があるんでしょうね。素材とか匂いとか・・・・。
    靴とタオルの共通項って何でしょう?

    しかし、世知辛い世の中なのに「物がなくなったら、ダスティの飼い主のところに行けばいいや」とは、おおらかで心温まる一言です。(^-^)

    いんちょ 

     ←よかったらポチッとクリックしてください
    テーマ:猫のいる生活
    ジャンル:ペット
    こんなリード、嫌だ!
    2011年06月24日 (金) | 編集 |
    ピノの散歩には以前ご紹介した伸縮性のリードを使っています。人通りのあるところでは短くし、広く空間のあるところでは伸ばして比較的自由に歩けます。
    伸縮性リードも色々なデザインのものがあって、LEDライト付きだとかもありますね。

    しかし、とんでもないデザインのリードがありました!

    povodokus-front.jpg

    なんと拳銃型!! w(°□°)w

    商品名はポボドゥーカス。アート・レベデフというアーティスト集団がコンセプトを考え、現在商品化に向けて最後の詰めを行っているところだそうです。

    しかし・・・・

    povodokus-stop.jpg
                     とまれ

    これ、どう思います?

          povodokus-sit.jpg
                     すわれ

    銃社会のアメリカだと単なるジョークなんでしょうか?
    私には悪趣味にしか思えず、全然笑えません。

    企画でボツになることを祈ります。( ̄人 ̄)


    お口直しにPOPなリードのご紹介。

    web-2011-ss (1)

    奇抜なアイデアもいいですけど、できればこういうカワイイ方向にいってもらいたいなぁ~と思います。

    いんちょ

     ←よかったらポチッとクリックしてください
    テーマ:わんことの生活
    ジャンル:ペット
    感動のポイント
    2011年06月23日 (木) | 編集 |
    今週始めよりテニスの4大大会の一つウィンブルドン選手権がイギリス・ロンドンの南西部ウィンブルドンで行われていますが、日本時間昨夜日本のアラフォーの星、クルム伊達公子が元世界No.1ビーナス・ウィリアムスと対戦しました。
    共に1セットづつを取り、最終セットは両者一歩も引かない大接戦!


    datekimiko.jpg

    一進一退の攻防。そのプレーの1つ1つに込められた気迫や執念が伝わってきて、試合の最中に感動の鳥肌が立ちました。惜しくも負けてしまいましたが、悔しさももちろんありますが、伊達さんの「やりきった感」も伝わってきて妙な清々しさも感じたりしました。

    本当によく頑張りました。お疲れ様。そして感動をありがとう


    で、今日の本題はそれではなく・・・・・

    去年もウィンブルドンの話をブログに書きましたが、思いの外無反応で残念でした。それ以来テニスのことは書かないにしようと思いました。こういう感動を共有できるとうれしいなぁとは思いますが、人それぞれに感動のポイントが違うので仕方がないですよね。
    テニスをやったことが無くてその楽しさ難しさが分からないと見ていてもイマイチ分かりません。

    昨夜の試合をユータローも見ていて、ビーナスがストロークでエースを取った時に、伊達さんがボールを追わなかった(追えなかった)のを
    「なんで追わないの?こうやってダーッて飛びつけばいいのに」
    と言ってました。彼は、Wiiでしかテニスをやったことがありません。^^;)

    そういう私だって、バイクレースや釣りの話をされてもよく分かりません。
    熱く語られても「そうなんだ~」と相槌を打つのがやっとです。

    同じものを見て聞いて味わっても、感動する人もあり全然何も思わない人がいます。その感動の共有をできる人達が友達となり仲間となっていきます。
    また、感動の話は世の中に沢山ありますが、その全てに感涙していたら身体精神がもたないかもしれません。

    この感動のポイントがその人の人生を表しているんでしょうね。

    いんちょ それにしても伊達公子さん、カッコよかった~。

     ←よかったらポチッとクリックしてください
    テーマ:ウィンブルドン
    ジャンル:スポーツ
    ライオンを飼いたい
    2011年06月22日 (水) | 編集 |
    私は、小さい頃から動物が好きでした。家には犬ネコをはじめ、豚や山羊や鶏も飼っていましたからいつも動物に囲まれていました。
    テレビでも動物モノが好きで「野生の王国」などを楽しみに見ていました。

    そんな私でしたが、子供の頃にある動物を飼いたいと言って母を困らせたことがありました。

       それはライオンです。(*^。^*)

    当然飼える訳もありませんが、当時は真剣でした。

    しかし、マニア(私?)垂涎の映像がありました!



    羨ましい!
    いいなぁ~。
    あの下ろし金のような舌で舐められたらさぞかし痛嬉しいことでしょう。

    このライオン、まだ子供ですね。
    実はライオンはかなり大型で、オスでは大きくなると250kgを越えたりします。メスでも120~180kgくらいあります。さすがにその体重のライオンに乗られたら苦しく仕方がないですね。
    ちょこっと戯れるだけで車のバンパーにも穴が開いちゃうし・・・・。

    ライオンはやめてチーターにします。

    いんちょ

     ←よかったらポチッとクリックしてください
    テーマ:
    ジャンル:ペット
    密室事件
    2011年06月21日 (火) | 編集 |
    ◆密室の洋館で高級ワインの瓶を割った真犯人は?
       上海で注目の判決



     「密室で高級輸入ワインの瓶を割った犯人は誰か?」をめぐる裁判が上海で開かれ、一審の静安裁判所は猫を下手人と断定。飼い主の大家に1.2万元(約14万8000円)を賠償するよう命じた。

     上海新聞網等の報道によると、事件が起きたのは上海市内中心部に建つ古い洋館の地下室。ここを物置として大家の陸さん(仮名)から借りた阿さん(仮名)は、買ったばかりの高級赤ワイン4本を2袋に分けて、南東の部屋の背の高い台の上に保管していた。
     部屋のテーブルの上には金魚鉢があり、金魚が遊泳していた。地下室には普段、人気がなく、阿さんが鍵を持ち、他人は出入りができない状態だった。

     事件当夜、家路を急ぐ阿さんは、洋館の近くで猫の異様な鳴き声を耳にして不安を覚え、懐中電灯を片手に地下室の鍵を開けた。
     すると南東の部屋の床にガラスの破片が散乱し、赤ワインがぶち撒かれているではないか。他に被害はなかったが、よく調べると金魚鉢の水が半分ほど減っていて、中にいたはずの魚がすべて消えていた。
     そのとき、部屋の隅に隠れていた金色っぽい毛の猫2匹が戸口に向かって殺到した。1匹はドアの隙間からするりと外へ逃げ出したが、阿さんが慌ててドアを閉めたため残る1匹は地下室に閉じ込めることができた。

     翌日、住民委員会に訴え出た阿さんは、“生け捕り”にした猫が階上の大家の飼い猫だとして損害賠償を要求。1本8000元(約9万9000円)のワイン2本分の代金1万6000元(約18万8000円)の支払いを求める訴訟を起こした。

     訴えられた大家の陸さんは、当初、
     「ウチには白いペルシャ猫がいるが、そんな猫は見たことない」
     とうそぶいていたが、「捕獲された猫は大家さんちの飼い猫」と証言する近所の人たちが現れ、
     「ときどきエサは与えていたが、飼っていたわけじゃない。そもそも犯人は、どこかの不審者じゃないのか?」
     と証言を翻した。

     法廷で裁判官は、地下室の鍵が外から開けられた形跡がないこと、他に何も盗まれたり壊されたりしていないのに金魚鉢の金魚だけが行方不明になっていること、事件当夜、地下室で捕獲された猫が陸さんのペットと認定されること…を理由に、大家の猫が真犯人と断定。陸さんに対して賠償金1万2000元(約14万8000円)を阿さんに支払うよう命じる判決を下した。

    【ワールド・ペット・ニュース】より
              ◇          ◇          ◇

    今までの日本では、動物のやること」「酔っ払いのやることは結構大目に見てもらえましたが、段々そうはいかなくなってきました。
    世知辛い世の中になってきたのか、成熟した社会になってきたのかはよく分かりません。^^;)
    上の記事は中国でのお話ですが、これと同様な裁判は今後日本でも増えていくんではないでしょうか。


    静岡県は平成22年4月に動物愛護管理推進計画を公表しました。
    その計画の「2 ねこへの対応」の中で

    [具体的な施策]
    (1)屋内飼養の推進
     (前略)飼い方教室等のあらゆる機会をとらえて、ねこの屋内飼養の指導、徹底を図ります。

    とあります。「ネコは外で自由に」という考えも分からないではありませんが、自由なネコのために周りの人間が不自由になったり迷惑を被ったりするのはやはり良くありません。
    ネコちゃん自身も外出により事故や怪我や伝染病の危険もあります。

    そしてみんなが室内飼養をするようになれば、捨て猫問題は起きないですよね。

    いんちょ 「酔っ払いも室内飼養」になると困るなぁ~

     ←よかったらポチッとクリックしてください
    テーマ:猫のいる生活
    ジャンル:ペット