fc2ブログ
あい動物病院の周りで起こった出来事や、気になるニュース、趣味のこと、思ったことなどを 気の向くままのんびり書いていきます。
イギリスのアニマルレスキュー
2011年05月31日 (火) | 編集 |
動物愛護の精神が強いことで知られるイギリスでは、動物がピンチだとわかれば大掛かりな救出を行うことも少なくありません。

そんな時、真っ先にに呼び出されるのが消防士たちですが、なんと過去3年間に呼び出されて救助した動物は17万匹にも上り、費用は実に350万ポンド以上(約4.7億円)かかったそうです!

 animal rescue
  Animal rescues cost UK fire services £3.5m in last three years

その救助内容も色々。
「離れ離れになったヒナを母親の元に戻す」
「木の上から牛を降ろす」
「カタツムリを壁から引き剥がす」など・・・・・(;´Д`)

ハンプシャー消防署の動物救助専門家アントン・フィリップ氏によると、
「もし消防局がしないのであれば、一般の素人が代わりにやってしまうため、腕を突っ込んだり、流されたりして結局人間をも救助する羽目になる」
そうです。

救助されるので多いのが猫・犬、鳥、馬だそうです。その他の変わった動物も少なくないと言い、蛇、あざらし、コウモリ、チンチラ、イグアナ、アライグマ、穴熊、カメレオンなど多種に渡るそうです。

しかし、動物救助専門家ジム・グリーン氏によれば、
「カタツムリを助けるなんてばかばかしく思えるけど、実際は心配して通報してきた老婦人を安心させるために私達は出掛けていくんです。」

本当にご苦労様です。


日本でも、時々色々な動物の救出が報道されますが、流石にカタツムリの救出は聞いたことがありませんね~。
さすがイギリスです。

いんちょ

 ←よかったらポチッとクリックしてください
テーマ:気になったニュース
ジャンル:ニュース