FC2ブログ
    ワンコの車酔い
    2010年12月04日 (土) | 編集 |
    病院にワンコを連れてくる飼い主さんのお悩みの一つに、ワンコの車酔いがあります。
    曰く
    (飼主さん)「車に乗ると吐いちゃうんです」

    そこで更にお話を聞きます。
    (私)「病院以外に車でお出掛けしますか?」
    (飼)「いえ、車酔いするので乗せません」

    是非車に乗せていただきたい!


    車酔いは「動揺病」といって、頭(三半規管)と眼球の位置情報のズレで起こります。そのズレに慣れていないと不快と感じるため自律神経の異常興奮が起こり、身体が様々に反応します。吐き気がその主な症状の一つです。
    それから「酔うんじゃないか?」という気持ち、つまり”不安感”が自律神経に影響を与えます。

    克服するにはいくつか方法があります。
    まず頭と眼球の位置情報のズレに慣れてしまうと自然と車酔いは治ってしまいます。
    そして”不安感を与えない”、”楽しく車中を過ごす”ことも大切です。さらに常日頃から、でんぐり返しや回転などの運動で平衡感覚を鍛えることも効果的です。

    こんなことがありました。
    車にゴールデンレトリバーを乗せて遠くまで行かなければならないのですが、そのワンちゃんが車酔いするので薬が欲しいと言うのです。
    そういう時には吐き気止めの薬をお渡ししています。
    そのワンちゃんも吐き気止めを飲んで遠乗りしたら一度も吐かなかったようです。
    そしてそれを何度かやったら、次に薬を飲まなくても吐かなくなったそうです。

    つまり、
    ・車に慣れた
    ・薬の効果で吐かなかったので、吐くかも?という不安が消えた
    ので、車酔いしなくなったのです。

    私がよくお教えする克服方法は、
    ①まず、エンジンをかけない車の中でワンちゃんと遊ぶ。(3~4回)
    ②それに慣れてきたら、エンジンをかけるだけで動かさないで車内でワンちゃんと遊ぶ。(3~4回)
    ③やがて、少しだけ動かす。段々距離を延ばす。
    ④そして車に乗って病院以外の楽しいところにも行く。

    特に④が一番大事かもしれませんね。ヽ(^▽^)ノ

    いんちょ

     ←よかったらポチッとクリックしてください
    テーマ:犬のいる生活
    ジャンル:ペット