FC2ブログ
    今日の大ボケ
    2010年12月26日 (日) | 編集 |
    今日は家内と子供達がいなかったので、ピノとドライブに行ってきました。
    特に目的地も決めずにバイパスを西に向かいました。
    ずーっと、ずーっと・・・・

    気が付いたら天竜川を越えていました。A(^^;)アセアセ

    ふと見ると遠州灘海浜公園の看板が見えましたので、ぶらり途中下車しました。

     遠州灘海浜公園

    ここにはいくつかの石のモニュメントがありました。

         石人の泉の道

     石柱

    そこで耳を澄ますと色々な野鳥の声が聞こえます。
    ヒヨドリやシジュウカラやツグミなど・・・・
    お!こ・これは!
    コゲラだ!

    そこで慌てて、家から持ってきた望遠レンズを取りに車に戻りました。
    ところが、あれ?
    無いぞ?
    ガーーーン!
    持ってきたつもりで忘れてきちゃったよ~~~。

    仕方が無いので標準レンズで撮りました。

     こげら (1)

                どこ? どれ?

     こげら

    真ん中を拡大すると、なんとか分かります。(T_T)え~ん
    もっと近づいたら、さーっと飛んでいってしまいました。 (_ _;)ガク
    しばらく公園内を散策して車に戻りました。

    その後、すぐ近くに中田島砂丘がありましたので寄っていきました。

     中田島砂丘

     中田島砂丘 (2)

     中田島砂丘 (1)

    日本三大砂丘の一つとして数えられる中田島砂丘ですが、思いの外広大ではなかったです。これなら浜岡砂丘の方がいいかも、なんて思ってしまいました。

    しかし、日本三大砂丘については定説がなくて、次の6つのうちのどれを三大とするかは恣意的だそうです。

     ・庄内砂丘(山形県)
     ・九十九里浜(千葉県)
     ・内灘砂丘(石川県)
     ・中田島砂丘(南遠大砂丘)(静岡県)
     ・鳥取砂丘(鳥取県)
     ・吹上浜(鹿児島県)

    まあ、鳥取砂丘は外せないでしょうね


    寒い遠州の空っ風に吹かれて、望遠レンズを忘れたミスで心まで寒くなりながら帰ってきました。。。。


    いんちょ
      望遠レンズは自宅の玄関で主の帰りを待っていましたとさ

     ←よかったらポチッとクリックしてください
    テーマ:野鳥の写真
    ジャンル:写真
    今年のサンタのプレゼント
    2010年12月25日 (土) | 編集 |
    サンタクロースを信じる子供のところにはサンタクロースがやってきます!

    ということで、ユータローにはクリスマスプレゼントが届きました。
    なんと!!ラジコンのヘリコプターです!
    (赤外線通信はラジコンとは言わないか?)

     heri (1)

    メッチャかっこいいです! うらやまし~。

    もちろん、ユータローは大喜びです。

     heri (3)

    私たちが子供の頃は、有線のリモートコントロール自動車でも感涙ものだったのに、今では無線の空飛ぶオモチャですよ!
    世の中の進歩ってすごい。

    ちなみのこのヘリコプターは室内専用で、45分充電して5分間の飛行です。
    軽いので外で風に煽られたら吹っ飛んでしまいますし、通信距離は約5mしかありません。

    だめだって言うのにユータローは外で飛ばして、落下させてました。。。。

    いんちょ

     ←よかったらポチッとクリックしてください
    テーマ:クリスマス
    ジャンル:趣味・実用
    写真のような絵、絵のような写真
    2010年12月24日 (金) | 編集 |
    世の中にはすごい絵を描く人も、すごい写真を撮る人もいます。

    ネットで色々見ていたらこんなのを見つけてしまいました。
    驚いてください。  w(◎◇◎)wわお

    <写真にしか見えない絵>

     ガラスの水滴
    Alyssa Monks

    水のある風景や人物が得意なAlyssa Monksさんの絵です。
    これが絵なんです! 


     壁の前の女
    David Jon Kassan

    汚れた壁の前にいるアンニュイな人物画を描いています。
    独特の画風ですね。


     牛乳こぼした
    Diego Gravinese

    アルゼンチンのアーチストです。ポップな明るい絵が特徴です。


     笑顔
    Dru Blair

    パソコンでも筆でもなく、エアーブラシを使ってリアル画を描いています!
    大きめの写真を見ても絵というのが信じられません。
    毛穴や肌理までリアルです。


    <絵にしか見えない写真>

     フードをかぶった男

    これはAlexa Meadeという女性の作品です。まさに逆転の発想です。
    「え?写真なの?」
    って感じです!

     電車の中の老人

    ペイントした人が電車の中を歩いていると乗客の注目の的です。
    虚像と現実が混ざったような不思議なショットです。

     椅子にもたれる女

    こちらもいい味を出している絵のようですが・・・・

     絵と現実

    別アングルから見るとこうです。絨毯の下は普通にフローリングです。
    そう分かって見ても、絵にしか見えないですよね。

    ネット上にはまだまだ凄い絵がありますから、皆さんも探してみて下さい。


    いんちょ


     ←よかったらポチッとクリックしてください
    テーマ:(´∀`)
    ジャンル:ブログ
    ブサカワ?
    2010年12月23日 (木) | 編集 |
     イギリスより、1匹の保護犬が長い年月の末、新しい家族を手に入れたという心温まるニュースが入ってきた。この物語が注目に値する点は、その犬が「世界一ブサイクな犬」次期チャンピオンに有力視されているほど、スゴイ顔をしているところなのだ。

     ギョロッと飛び出た両目、不自然にゆがんだ下顎と奇妙に飛び出した牙。16日付の英「デイリー・メール」で紹介されている件の犬「アグ(Ug)」(“醜い”を意味する“ugly”が語源)は、お世辞にもかわいいとは言いがたい……どころか、ちょっとドキッとすらしてしまう強烈な顔をしている。

         ダグ

     記事によると、現在2歳になるオスのポインター系ミックスであるアグは、英ヨークシャー・ドンカスターにある「メイフラワー・アニマル・サンクチュアリ」で里親が現れるのを長い間待っていた保護犬だったとか。

     その顔の怖さから誰からもまったくお声がかからず、家族ができることが絶望視されていたアグだったが、同施設のウェブサイトに彼の写真をアップして紹介したところ、そのあまりにすごいルックスが「もしかしたら“世界一ブサイクな犬”になれるのでは?」と話題になったのだ。

     ちょうどそのころ、現飼い主のエイプリル・パーカーさんもウェブでアグを見つけた。「彼の写真を見てひと目惚れしたの」と当時を振り返るパーカーさんは、すぐさまふたりの娘とともに施設を訪れ、アグを連れ帰ったという。

     「アグを見た人は、大抵驚いて二度見するわ。でも彼はすばらしい性格の持ち主で、本当に愛すべき存在よ」

      ダグ2

     アグ改め「ダグ」と名づけられた彼は愛する家族を得て、現在は幸せに暮らしているそうで、目下の関心事は来年6月ごろに予定されている「世界一ブサイクな犬コンテスト」でチャンピオンに輝けるかどうかなのだとか。

              ◇          ◇          ◇

    とてもインパクトのある顔のダグちゃん、いい家族に恵まれてよかったですね。ずっと幸せに暮らしてください。ヽ(^▽^)ノ

    しかし、獣医師の私はこの子の顔面の骨格がどうなっているのかが気になります。
    下顎の曲がり方は、顎関節脱臼か、下顎骨折をしたまま放って置かれたような感じに見えます。2歳なのに下顎門歯や左下犬歯が無いのは先天的とは思えません。
    また、左目は瞳孔が散大していますし、飛び出ているようにも見えます。恐らく緑内障を起こしているのではないでしょうか。あるいは強い外力が加わって左顔面の骨格が歪んでしまったとか。視力は無いでしょう。
    左耳の先端が切れているのも強い力が加わった証拠です。

    多分この子は小さい頃に事故に遭ったのではないでしょうか。そして治療もされないまま(あるいは応急処置のみで)自然治癒にまかされたのかもしれません。

    「世界一ブサイクな犬コンテスト」の趣旨が分かりませんが、生まれつきの顔勝負ならOKとしましょう。しかし事故や病気で歪んでしまった子を参加させるのは、私は賛成しかねます。
    (ダグちゃんが事故に遭ったかどうかは私の想像のみです)

    ただ、新しい家族が
    「彼はすばらしい性格の持ち主で、本当に愛すべき存在よ」
    と言ってくれているのでほっとしています。

    いんちょ

     ←よかったらポチッとクリックしてください
    テーマ:わんことの生活
    ジャンル:ペット
    天井のノブ
    2010年12月22日 (水) | 編集 |
    外界逃亡をするようになってから診察室の方に出してもらえなくなったノブちんですが、患者さんのいない時にたまに出してあげます。
    今日も診察の合間に出してあげました。
    しばらく床をあっちこっち歩いてましたが、ジャンプ一番パーティションに飛び乗りました。そしてこのキャリーの上で落ち着きます。

     久しぶりにノブ

    冬になるとミケコもここが定位置でした。
    やはり天井近くが暖かい空気が集まって温いんですね。

    しかしミケコと違うのは、じっとここにいるのではなく、その後しっかりと悪戯をするところです。 

     久しぶりにノブ (1)
               何かいたずらするもんないかな~?

     久しぶりにノブ (2)
                 あ、見つかっちゃった!

    意気揚々と遊んでいるところで患者さんがみえたので、さっさとスタッフルームに収監されたのでした。チャンチャン♪


    いんちょ


     ←よかったらポチッとクリックしてください
    テーマ:猫のいる生活
    ジャンル:ペット