FC2ブログ
    ワニの修理?
    2010年11月18日 (木) | 編集 |
    上顎の骨折したワニを修理治療した画像がありました。

    車と接触し、大けがを負ってしまったようです。
    このままでは、食べられず餓えて死んでしまうため、職人さん獣医師によって4時間にもわたる工事手術が行われました。

     プレートワニ4
      骨に合わせたプレートをスクリューで留めるためにドリルで穴を開けます。

     プレートワニ1
              どうかな~?ぴったり合ってるかな~?

     プレートワニ3
                  中からもきれいにして・・・・・と

     プレートワニ2
              おお~!! お見事! きれいに修理手術成功!

     プレートワニ
                 うむむむ・・・・・・   痛々しい~


     北中米に生息するアメリカワニは、開発による生息地の減少やワニ革のため乱獲されたことにより激減し、絶滅危惧種として保護対象になっているそうです。
    懸命の治療で元気になったのでしょうか。

    しかし、哺乳類では通常骨折のプレーティングは皮膚の下で行われるのですが、ワニでは剥き出しですね。なんだかサイボーグのようです。

    ちなみに、クロコダイルアリゲーターの見分け方は、口を閉じた時に下顎の4番目の歯が見えるのがクロコダイルで、見えないのがアリゲーターです。
    ですから、↑のアメリカワニはクロコダイルです。

    これ、試験に出ます。

    いんちょ  なんの試験?

     ←よかったらポチッとクリックしてください