FC2ブログ
    猫にまつわる諺
    2010年10月17日 (日) | 編集 |
    猫が登場する諺がいくつかありますよね。
    私の知っている猫の諺をご紹介しましょう。

    丸いグレース

    ★猫にこんばんわ(類似諺:猫に小判)
     飼っている猫や他所の猫などにも挨拶するように、親しい人や面識の無い人にも分け隔てなく挨拶をして、世の中を平和にしましょう。

    ★猫の手モカみたい(猫の手も借りたい)
     外に遊びに行く猫ちゃんの前足の肉球の匂いを嗅ぐと、土の香りがして香ばしいモカコーヒーみたいにいいにおいがします。

    ★猫ジーター(猫舌)
     ニューヨーク・ヤンキースのデレク・ジーターは猫みたいにすばしっこい。

    ★猫をカブール(猫を被る)
     「お前の猫をアフガニスタンのカブール(戦地)に送るぞ!」という脅しのことば。猫が嫌いな人もいるので気をつけましょう。

    ★狩してきた猫(借りてきた猫)
     獲物を捕まえて得意げな様子。捕まえたネズミやスズメを、わざわざ飼い主の所に持ってきます。あの時の得意げな様子がカワイイですが、瀕死の獲物がカワイソウです。

    ★猫、皮いやがり(猫可愛がり)
     ツウでない猫は「魚の皮は美味しくないよ~」と嫌がります。

    ★猫なんで怖え~(猫なで声)
     大きな音や、地面を揺るがすような振動は、猫は苦手でとても怖がります。嫌いなもの、怖いものは人それぞれだということです。

    ★猫マタギ(猫跨ぎ)
     集団で熊などを狩する猫。東北や北海道に生息しています。

    ★旧ソ猫をハム(窮鼠猫を噛む)
     貧しかった旧ソビエトでは猫をハムにして食べていた・・・・?


    ミー
              いいかげんなこと言ってんじゃにゃい!
       

    失礼しました。m(_ _)m

    いんちょ

     ←よかったらポチッとクリックしてください
    テーマ:今日のつぶやき
    ジャンル:ブログ