FC2ブログ
    後継者
    2010年06月02日 (水) | 編集 |
    先日の獣医師会の講習会の後に懇親会があり参加してきました。
    その席でのこと。

    ある獣医師のお子さんが「自分も獣医師になりたいと言ってる」という話をしました。
    すると横にいたベテランの女性獣医師が
    「休みの時に子供と遊んであげたでしょう?」
    とおっしゃっいました。

    その女性獣医師によると・・・

    ダンナさんも獣医師で一緒に動物病院をやっている。
    動物の命を預かって治療して大変な思いをして頑張っているのに、
    飼主さんからは「治らない」とか「治療費が高い」などと言われガッカリし、またイライラしていた。
    休みの日もすることが色々あり、子供たちと遊んであげなかった。
    子供はそんな親の姿を見て、
    「獣医なんて大変なだけでいいことは一つも無い」
    と言って、獣医にはなりたくないと言っている。

    ・・・そうです。


    私の実家は農家です。
    お日様相手の仕事ですから、曜日なんて関係ありません。
    日曜でも天気が良ければ仕事。天気が悪ければ家で休息。
    どこかに遊びに連れてってもらった思い出なんてほとんどありません。
    それどころか、休みの日は仕事を手伝わされました。
    だから、
    「百姓にだけはなりたくない!」
    と思ったものです。

    子供の頃に親と遊んだ記憶がなく淋しい思いをしましたから、
    自分の子供達とは一緒に出掛けたり、よく遊ぶことにしています。
    そのせいか我が家の娘、息子は2人とも「獣医になりたい」と言っています。

    なので、その女性獣医師の話はナルホドと納得しました。


    また他の獣医師が、お子さんが知らない間に獣医大学を受験していたそうです。
    その獣医師の説では
    「獣医だけにはなるな」
    と言っているとなるんだそうです。


       自分で選んだ道

    のつもりでも、親の影響は大きいのでしょうね。


    いんちょ

     ←よかったらポチッとクリックしてください
    テーマ:仕事の選び方
    ジャンル:就職・お仕事