FC2ブログ
    インディ君のお仕事
    2010年05月28日 (金) | 編集 |
    当院の運動場にいるダルメシアンのインディ君。
    インディ きりっ   あぢ~ あぢ~

    とても人懐こくて、陽気です。
    よく二足立ちをしています。
    二本足立ち

    カウンターに寄りかかるオヤジのような格好が好きです。
    カウンターおやじ

    冬は陽の当たる場所を求めてこんな格好も。
    屋根に伏せる
    つま先がラブリーです。(*^m^*)ムフッ

    よく見ると、インディ君の身体にシロクマ君が住んでいます。
    クマちゃん


    ダルメシアンという犬種は、ポインターと似ているため、猟犬のように”従順”と思われ勝ちですが、結構好戦的で家族以外に懐かない子が多いようです。
    ですからインディは、小さい頃からあちこち連れて行って色々な人に会わせ、
    触ってもらったりおやつをもらったりして、人好きになるようにしつけました。
    その甲斐あってか、とても人懐こくなりました。
    (懐こ過ぎる、という噂も・・・)
    ただ犬に対しては、時々喧嘩を吹っ掛ける悪い癖が出てしまいます。
    (*^。^*)えへへ、スミマセン。


    インディは2004年11月7日生まれの男の子(去勢)です。
    お仕事は”供血犬”
    貧血のワンちゃんに血を分けてあげるためにいます。

    2004年当時、当院にはキリーちゃんというシベリアンハスキーがいましたが、供血するにはもう歳をとりすぎていました。
    キリーちゃんを引退させるにあたって、新たな供血犬を探さなければなりませんでした。
    最近ではマナーの向上から捨て犬が激減し、貰う事ができません。
    そんな時に見たペットショップの広告に格安ダルメシアンの写真が!
    供血犬の理想条件の
     ・短毛種
     ・中型犬以上
    にマッチしていましたので、早速買ってきてしまいました。

    以来インディは、食欲の塊と化し
    ゴハンは皿まで食べそうな勢いで食べます。
    痩せているのは、食べ過ぎると下痢をするからです。
    けっして餌をセーブしているわけではありません。


    今までにインディは4回供血しました。
    血は頚静脈から採りますので、全身麻酔します。
    麻酔したインディ ぐえ~ (麻酔中のインディ)
    インディ君、ご苦労様。


    ところで、ダルメシアンの故郷は、アドリア海沿岸のダルマティア地方と言われてましたが、
    実はインドが起源で、インドの貿易商が古代ギリシャに連れて行ったのだとする有力な証拠があるそうです。
    つまり「インディ」は的を射たネーミング?

    いんちょ

     ←よかったらポチッとクリックしてください
    テーマ:犬との生活
    ジャンル:ペット