FC2ブログ
    特定外来生物
    2010年05月21日 (金) | 編集 |
    今日往診に行ってきました。予防注射です。
    富士山に向かってずーっと登っていき、人里離れた山の中です。

    暴れるワンちゃんに無事注射も終わり、さて帰ろうという時に
    その家にお客さんです。
    胸のネームプレートに「NPO法人○○クラブ」とあります。

    ナニナニ?と野次馬になりました。ヒヒン。

    何でも・・・・

      富士山周辺にオオキンケイギクという特定外来生物が生えている。
      これは繁殖力が非常に強く、在来の植物を追いやって絶滅させてしまう危険があり、
      特定外来生物に指定されている。
      我々NPOで、明日オオキンケイギクの駆除に来る。
      なので、ここ(家の前の道)にバスを置かせて欲しい。

    とのことでした。
    そういう活動が地道に行われているんですね。


    雑学:オオキンケイギク
       オオキンケイギク  オオキンケイギク(群生)

    明治時代に鑑賞目的で導入されたが、繁殖力が強く、現在各地で野生化しており、生態系に悪影響を及ぼしかねない状態になっている。
    このため2006年2月1日より外来生物法に基づき特定外来生物として、栽培・譲渡・販売・輸出入などが原則禁止となった。
    現在多くの家庭で栽培されているが、同法では個人が栽培しただけであっても、3年以下の懲役または300万円以下の罰金が科せられるので、無許可で栽培してはならない。
    (なお、趣味園芸目的には許可は下りることはなく、また、指定以前から栽培している等を理由に栽培を継続する場合にも、管理や届け出が必要)。



    懲罰が動物虐待より重いですね・・・・。(-”-)う~ん、なんだかな~。

    駆除方法は根こそぎ引き抜くか、焼却だそうです。


    きれいな花ですが、ここにあってはいけない花なんですね。

          罪深き美女、火あぶりに・・・・      てか?

    いんちょ

     ←よかったらポチッとクリックしてください
    テーマ:自然の中で
    ジャンル:ライフ