FC2ブログ
    香港で飼い犬の口鼻から新型コロナが検出された件の続報
    2020年03月05日 (木) | 編集 |
    香港の犬からの新型コロナウイルス検出に関する追加情報

    これまでの情報ならびに獣医学の常識から,犬には人間のコロナウイルスは感染しないだろうと考えて情報を発信して参りましたが,どうやらわれわれ獣医界の知らないことが起こったようです.

    2月下旬に香港の60歳の女性で新型コロナウイルス感染が確認され,その人が飼育する老齢のポメラニアンの鼻と口の材料に新型コロナウイルス感染の弱い陽性反応がみられました.これがウイルスの付着によるものか,感染なのかを調べるため,その後のウイルスの存在を追跡したところ,複数回の弱陽性反応が出たことから,香港漁農自然護理署(AFCD)は犬が「低レベルの感染」をしていると結論しました.同時にこの所見は大学や国際獣疫事務局(OIE)の専門家たちによっても確認され,「人間から動物への感染例の可能性が高い」とされました.

    この犬は新型コロナウイルス感染の症状を全く見せていないといわれていますが,香港政府が先月28日に出した新型コロナウイルスに感染したペットを14日間隔離する措置を受けています.香港では,別の感染患者の犬も1頭隔離されており,現在は陰性となりましたが,隔離は続けられているそうです.香港政府は「現時点でペットがウイルスを媒介するというデータはない」と強調しています.そして,動物が感染源になるといった過剰な心配を抱かないように呼びかけています.

    以上が朝日新聞デジタルおよびAFPが報じたニュースの抜粋です.犬が感染する可能性は極めて低いといったわれわれの考えは間違っていたことがわかりましたので,ここに正しい情報をお知らせしました.それではわが国の犬においてどのような対応ができるのかを以下にまとめます.

    1. 犬における感染
    これまでの香港の2頭だけの経験では,感染であっても低レベルであり,犬には症状は出ないようです.しかし,生きたウイルスが少量ながら一定期間そこに存在するということで,注意は必要です.一方,わが国では動物に対して人間のコロナウイルスのPCR検査を行う体制は全く整っていませんので,検査を行うかどうかについては保健所の判断と思われます.動物病院に来院されても国立感染症研究所から出されている感染管理ガイドラインに沿った対応はできません.

    2. 人間が感染して家庭に犬がいる場合
    犬は家の中で隔離してください.幸いに犬が健康を害することはないようなので,隔離しておけば自然に感染はなくなるものと思われます.症状がなければ動物病院でできることもありません.また,人間のコロナウイルス感染者を受け入れることができるような病院に相当する動物病院の体制は整っていません.感染した人間が軽症で家にいるならご自分で犬の世話をしてください.感染した人間が入院する際には,犬をどうするかについては,医師ならびに保健所の指示を仰いでください.

    3. ふつうの家庭犬は
    外出を避ける,外に出るのも家の周りだけにする,人混みには連れて行かない,他の犬との接触を避けるためドッグランも利用しないことで,自宅にいるのが最も安全と思われます.犬にはコロナウイルスが入ったワクチンもありますが,これは犬の消化器コロナウイルスのワクチンで,人間のコロナウイルスに対しては効きません.

    4. 猫はどうする
    猫にも感染のリスクはあると考えて,外に出さず,家の中においてください.猫のコロナウイルスには,多くの猫が持っている病原性のほぼない猫腸コロナウイルスと,それが突然変異してごく少数の猫に病原性を示す猫伝染性腹膜炎ウイルスがありますが,これらは人間のコロナウイルスとは異なり,猫ではワクチンはありません.猫に人間のコロナウイルスが感染するかどうかについては,SARSコロナウイルス大量を実験的に気管内に接種して感染が起こることが示されていますが,これはあくまでも自然界では起こりえないような実験的な条件であり,その場合も重大な病気は起こらず,すぐに感染から回復するとされています.したがって犬同様に対応してください.

    5. 最後に
    今回の事例では,犬は善意の第三者であり,たまたまウイルスをもらってしまったと考えられ,どうして犬に感染が起こったのかについては,老齢の犬であったからなのか,それとも犬はすべてそうなのかはまだ例数が少ないためわかりません.しかし,中国のように多くの感染患者がいる場所でも,犬から病気をもらったというような状況は報告されていません.犬は大切な家族の一員です.決して犬を悪者にしたり,飼育を放棄したりしないよう,そして過剰に恐れることなく,ふつうに対応してください

    文責
    日本臨床獣医学フォーラム会長
    石田卓夫(獣医師,農学博士,日本獣医病理学専門家協会会員)

    ◇          ◇          ◇

    やはり生物に「絶対」はありませんでした。

    先日のブログで
    ”今のところ”新型コロナウィルスはワンニャンには感染しません。
    媒介もしません。
    でも突然変異を起こして感染・媒介するようになるかもしれないから、感染者は極力動物との接触を避けてくださいね。

    と書きましたが、後半部分が当たってしまいました。(T_T)

    注意としては人と同じく、
    「感染者と接触しない・させない」
    「感染の可能性があったら隔離する」

    過剰に恐れることなく,ふつうに対応してください。

    いんちょ

     ←ランクアップにご協力下さ~い! ポチッとな。
    新型コロナ
    2020年02月28日 (金) | 編集 |
    飼い主感染時は犬猫接触避けて
    新型コロナで獣医師会

     北海道獣医師会は27日までに、新型コロナウイルス感染について、犬や猫の飼い主に向けた注意文をホームページ(HP)に掲載した。犬や猫が感染したり、媒介したりすることはないと指摘。ただ、ウイルスが突然変異を起こす可能性が否定できないため、飼い主が感染したら接触を避け、マスクを着用するよう勧めている。

     東京都獣医師会も同様の注意文をHPに掲載。飼い主が感染して入院する場合、ペットを自宅に残して知人などに世話を依頼する方法は依頼先が感染する恐れがあるため勧められないとし、ペットを外部に預けるよう求めている。
     また、ペットが感染者と濃厚接触した後に体調が悪くなり、かかりつけの動物病院に連れて行く際は、必ず事前に電話するよう注意している。
     世界小動物獣医師会(WSAVA)がHPで公表した見解によると、これまで犬や猫が感染することが知られるのは「アルファコロナウイルス」であり、犬は軽い下痢、猫は伝染性腹膜炎を起こす。人の新型は種類が違う「ベータコロナウイルス」で、犬や猫が感染する証拠はない。しかし、事態は急速に進展しており、最新情報に注意が必要という。

    「時事ドットコム」より

    ◇          ◇          ◇

    <要約>
    ”今のところ”新型コロナウィルスはワンニャンには感染しません。
    媒介もしません。
    でも突然変異を起こして感染・媒介するようになるかもしれないから、感染者は極力動物との接触を避けてくださいね。

    ということですね。

    こういう情報を発信すると、ちゃんと内容を理解しないでザっと読む人は
    「動物も危ないかもしれないのか」
    と曲解して
    「動物も気を付けた方がいいみたいよ」
    と拡散したりします。
    そんなことありません。
    繰り返します。

    「今のところ、新型コロナウィルスはワンニャンには感染しませんし、媒介もしません」

    デマや偽情報には気を付けてください。

    トイレットペーパーは無くなりません。

    <追記>
    上記のブログを書き終えた直後に「香港でペット犬に弱陽性反応 飼い主が感染―新型コロナ」のニュースが入ってきました!

     【香港時事】香港政府は28日、新型コロナウイルスの感染者が飼っていたペットの犬から、ウイルスの弱陽性反応が出たと発表した。犬に目立った症状はないが、引き続き検査と経過観察を進め、陰性が確認されるまで当局が管理するという。

     弱陽性反応は、犬の口と鼻から出た。政府は「現時点でペットが感染したりウイルスを媒介したりすることを証明したデータはない」と説明しているが、飼い主に対しては手洗いやマスク着用を徹底するよう呼び掛けた。
     また、政府は感染者がペットを飼っている場合、ペットに対しても14日間の隔離措置も必要になると提案した。


    感染なのか飼い主からの飛沫なのか、まだ不明なようです。
    今後の調査結果が待たれます。

    いんちょ

     ←ランクアップにご協力下さ~い! ポチッとな。
    テーマ:ブログ
    ジャンル:ブログ
    黒戸尾根崩落
    2019年10月24日 (木) | 編集 |
    今年の9月15日に登ってきた甲斐駒ヶ岳の黒戸尾根ですが、先日の台風19号の影響で一部で大規模な崩落が発生して通行止めとなってしまいました。

    崩落個所は5合目の石像物から黒戸尾根名物の長梯子に向かう区間です。

    黒戸尾根崩落 (2)
    9月15日の様子

    オレンジの服の方が立っている場所が崩落しました。

    黒戸尾根崩落 (6)

    地割れも起きています。

    黒戸尾根崩落 (3)

    地面に足を下ろしていた長梯子は

    黒戸尾根崩落 (5)

    現在宙ぶらりんです。( ̄◇ ̄|||)

    石像物の反対側は

    黒戸尾根崩落 (1)

    こんな感じの岩の絶壁なので、一般人には到底通行不可です。
    災害復旧は人里優先ですから、黒戸尾根はしばらく登れないですね。

    台風前に行っといて良かった。

    その他にもあちこちの登山道で倒木、崩落、土砂崩れが発生して通行禁止になっているようです。
    これから山に登る場合は登山道情報をしっかり確認しましょう。

    いんちょ

     ←ランクアップにご協力下さ~い! ポチッとな。
    テーマ:ブログ
    ジャンル:ブログ
    犬猫のマイクロチップ義務化
    2019年06月12日 (水) | 編集 |
    犬猫にマイクロチップ義務付け
    虐待罰則も強化
    -改正動物愛護法成立-

    犬や猫に所有者の情報を記録した「マイクロチップ」装着を義務付けることなどを柱とする改正動物愛護法が12日、参院本会議で全会一致で可決、成立した。

     飼い主がペットを安易に捨てることを防ぐほか、災害などで迷子になった際に役立つ。生後56日以内の犬や猫の販売禁止や動物虐待への罰則強化も盛り込まれた。改正法は議員立法。

     マイクロチップは直径2ミリ、長さ12ミリ程度の円筒形で、獣医師が注射器で犬や猫の体に埋め込む。記録された15桁の番号を専用の機械で読み取ると、飼い主の情報と照合できる。

     改正法は、犬や猫の販売業者に対し、マイクロチップの装着と所有者情報の環境相への登録を義務付ける。登録された犬猫を購入した飼い主には、情報変更の届け出を義務付ける。既に飼っている人には、装着の努力義務を課す。

    (後略)

    「Yahoo! Japan ニュース」 より

    ◇          ◇          ◇

    あれ?
    販売されている子だけですか?
    拾われた(保護された)子や家庭内で生まれた子は対象外? 
    努力義務?
    動物遺棄ではそちらの方がよほど問題だと思いますが・・・。
    でもまあ少しずつでもこういう動きが進んでくれればいいですね。

    ただマイクロチップにも課題があります。
    当ブログの「マイクロチップ」もご覧ください。

    因みに、原則的に公布から1年以内に施行しますが、マイクロチップの義務化は3年以内、「56日」規制は2年以内となります。

    捨て猫、捨て犬が無くなることを祈ります。

    いんちょ

     ←ランクアップにご協力下さ~い! ポチッとな。
    テーマ:犬猫のいる生活
    ジャンル:ペット
    プラスチック製ストローやめます
    2018年07月11日 (水) | 編集 |
    スタバ、プラ製ストロー廃止
     2020年までに全世界で

     コーヒーチェーン世界最大手の米スターバックスは9日、2020年までに世界の全店でプラスチック製ストローの提供をやめると発表した。使い捨てストローの大量消費が、プラスチックごみによる海洋汚染につながっているとの指摘に配慮した。

     プラスチック製ストローのかわりに、直接口をつけて飲めるふたを使う。デザート風の「フラペチーノ」には、紙製や自然分解される素材のストローを提供する。本社がある米シアトルやカナダ・バンクーバーで今秋から切り替えを始め、世界に2万8千以上ある全店舗に順次広げる。

     これにより、年間で10億本以上のプラスチック製ストローを使わずに済むことになるという。スターバックスのケビン・ジョンソン最高経営責任者(CEO)は「持続可能なコーヒーを世界で追求する私たちにとって重要な節目になる」とコメントした。(ニューヨーク=江渕崇)

    朝日新聞デジタル より

    ◇          ◇          ◇

    テレビからの情報によると、スターバックスのCEOが「プラスチック製のストローをやめる」という決断に至った要因となったと言われている動画がこちら



    カメの鼻から出てきたもの

    弱っていたウミガメの鼻に詰まっていたのがプラスチック製のストローだったようです。
    見ていると目頭がキーンと、背筋がモゾモゾとしてきますねぇ。
    (>_<)イテテ・・・
    この動画は今現在で3070万回以上の視聴回数を記録しています。

    いつまでも腐ることが無いプラスチックは、環境中にいつまでも残って動植物に悪影響をもたらすことがあります。
    大きな企業の決断として大いに評価できるニュースです。

    しかし・・・

    なぜストローだけ?
    なぜ企業だけ?

    世の中に蔓延するゴミはストローだけじゃないのに。
    ビニール袋を食べて苦しむウミガメや、釣り糸を脚に絡める海鳥、ペットボトルのキャップが詰まった掃除機のホース・・・( ̄Д ̄;)

    製造販売する企業だけの問題じゃなくて、捨てる一般人はどうなの?
    空木岳登山の時にも、山頂の岩陰に空のペットボトルが置いてありました。
    捨てたんじゃなくて忘れてったんだと思いたい。
    私が持ってきちゃいましたけど。

    先日入笠ボランティアに参加した時に、
    「こうやって頑張って綺麗にすると、ゴミを捨てようって気にならないよな」
    とユータローに言うと、いつもは生返事しかしないユータローがはっきりと
    「うん」
    と返事していました。

    問題提起の第一歩として「プラスチック製ストローの廃止」は良い試みですが、そこから皆がちゃんと考えるようになる世の中になると良いですね。

    いんちょ

     ←ランクアップにご協力下さ~い! ポチッとな。
    テーマ:ブログ
    ジャンル:ブログ