あい動物病院の周りで起こった出来事や、気になるニュース、趣味のこと、思ったことなどを 気の向くままのんびり書いていきます。
    沖縄でレプトスピラ
    2016年08月26日 (金) | 編集 |
    川遊びで粘膜から感染か 沖縄でレプトスピラ症10人に

     沖縄県健康長寿課は25日、河川でのレジャーなどが原因で8月に入り、県内で男女7人がレプトスピラ症にかかったとして注意を呼び掛けた。原因菌は皮膚の傷や粘膜から感染するため、体に傷がある場合は河川で泳ぐのを控えるなど予防し、頭痛や発熱などの症状が出た場合は医療機関を受診するよう呼び掛けている。

    レプトスピラ
    病原性レプトスピラの電子顕微鏡像
    (出典:国立感染症研究所ホームページ )

     レプトスピラ症の原因菌はネズミやマングースなど野生生物の体内に潜み、尿で土壌や河川を汚染。皮膚の傷や目鼻の粘膜を通じて感染し、3~14日以内に頭痛や発熱、筋肉痛などの症状が出る。6~10月にかけて感染が集中する。

     県内では毎年感染が確認され、ことしは6月以降、10歳未満~50代の10人が感染。西表島の河川や水田、石垣島や北部地域の河川が感染源と推定される。

    沖縄タイムスより

    ◇          ◇          ◇

    レプトスピラは人と犬で重篤な症状を示す人獣共通伝染病です。
    といっても犬から直接人へ伝染することは殆ど無く、河川や水田、池などの汚染された水からの感染が主です。
    水温が低い冬はレプトスピラ菌が繁殖しないので、発生は春から秋にかけてですが、沖縄は結構年間を通して発生しているみたいです。

    人のレプトスピラ症の予防として、現在日本では、血清型copenhageni,australis, autumnalis, hebdomadis の4血清型の全菌体ワクチンが製造されています。
    しかし、レプトスピラに対する免疫は血清型に特異的であるとされていて、ワクチンに含まれていない血清型の感染に対する予防効果は不明です。

    静岡県でも2013年に犬のレプトスピラ症が立て続けに発生しました。
    その殆どが猟犬で、野生のネズミやウサギを食べたり、河川の水を飲んだりして感染したと思われます。

    犬レプトスピラのワクチンがありますから、キャンプなどに愛犬を連れていくような場合はレプトスピラ3種を含む9種混合ワクチンをお勧めします。

    当院ホームページの「ワクチンについて」もご覧ください。

    いんちょ

     ←ランクアップにご協力下さ~い! ポチッとな。
    テーマ:ニュース
    ジャンル:ニュース
    諦めなかった者だけ夢が叶う
    2016年06月30日 (木) | 編集 |
    国民投票でEUから”離脱”派が勝利し、首相が辞意を表明、国民投票のやり直しを求める署名が350万人以上も集まって混乱状態のイギリスから、爽やかなシンデレラストーリーが届きました♡


    話題の世界772位テニスコーチ、
    フェデラーに完敗も観客総立ち<ウィンブルドン>

    テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は大会3日目の29日、男子シングルス2回戦が行われ、地元イギリスで話題の世界ランク772位M・ウィリス(英国)は第3シードのR・フェデラー(スイス)に0-6, 3-6, 4-6のストレートで敗れるも、夢のセンターコートで大歓声を浴びながらプレー出来たことに喜びを感じていた。

    M.ウィリス

    これまでグランドスラムはおろか、ATPツアーレベルでの試合経験もなかったウィリスにとって、この対戦は未知の世界。第1セットではプレーの速さについていけず、1ゲームも取れずに落としてしまう。

    しかし、第2セットから少しずつ自身のプレーを出し始めたウィリスは、ポイントを重ねるごとに観客からの大声援を浴びて喜びを表現し、モチベーションを上げていった。

    その後も自身の最大のプレーでフェデラーに向かっていったが、一気にギアを上げたフェデラーに離されて1時間25分で力尽きた。

    会場からは大きな歓声と拍手が送られ、その声援に全身で応えていた。

    現在25歳のウィリスは、地元のテニスクラブで子供たちにテニスを教えているテニスコーチ。収入も少なく、プロ選手としての人生を諦めかけていたところ、ガールフレンドからテニスを続けてほしいと言われた。

    そこへ、ウィンブルドンのシングルス予選へのワイルドカード獲得のプレーオフへ招待され、そこで3試合を勝ち抜き予選へ出場すると、その予選でも3試合で勝利を飾り、本戦への切符を手にした。

    本戦1回戦ではR・ベランキス(リトアニア)をストレートで下し、地元イギリスでは「シンデレラ・ボーイ」と大きく取り上げられた。
    <後略>
    「Yahoo!ニュース」 より

    ◇          ◇          ◇

    今朝、見ちゃいました! 録画ですけど。

    ラッセル・クロウにどことなく似ているこの青年は、最初こそ少し緊張気味で、1stセットを6-0で落としましたが、2ndセットで何とか1ゲームを取ると、それ以後はレジェンド・フェデラーに互角(のようにみえる)に戦っていました。
    観衆の殆どを味方に付け、時に強打、時にドロップショット、変幻自在のプレーを披露しました。
    試合の途中で笑いが起こるなど、緊張感の中にも和やかな雰囲気が会場を包んでいました。

    殆どの人(おそらく本人も)がフェデラーには勝てないだろうと思っていて、だからこそあれだけ伸び伸びとプレーできたのかもしれません。
    ジュニア時代には将来を期待されていたウィリスも、2度の太腿筋断裂などの怪我やモチベーションの低下でプロテニス選手を辞めようと思っていたそうですが、彼女の「テニスを辞めないで」という言葉で思いとどまったそうな。
    この言葉が無かったら今日の素晴らしい試合も無かったんですよね。

    この大会の2回戦進出で5万ポンド(約650万円)を賞金として獲得しました。
    今年獲得した賞金総額は、シングルスとダブルス含めても350ドル(約3万5000円)でしたから、彼にとってはかなりの金額です。
    またATPポイントも45ポイント獲得し、これまでの26と合わせて71ポイントになりました。
    現在100位の選手のポイントが約600ポイント(ちなみに1位のジョコビッチは約17000P!!)ですから、TOP100までの道はまだまだ遠いです。
    でもこの貴重な経験が糧になって大化けするかもしれませんね。

    しかしこの選手が772位というのですから、テニスの世界の壁の厚さにも驚かされます。

    いんちょ

     ←ランクアップにご協力下さ~い! ポチッとな。
    テーマ:スポーツ
    ジャンル:ニュース
    4257
    2016年06月16日 (木) | 編集 |
    某国首都の知事が大変せこい・・・・あ、いや、超庶民的な金銭感覚の政治資金流用問題で引責辞任され、日本中が何とも遣り切れない残尿感のようなモヤモヤに包まれました。(;´д`)はぁ~

    そんな梅雨時のドンヨリした空気をサーっと晴らしてくれるニュースがアメリカから届きました!

    イチロー、日米通算で歴代最多安打4256本超え

    4257.jpg
    「msn news」 より

    インタビューでもいつものように淡々と語るイチロー選手

    「ここにゴールを設定したことがないので・・・」
    イチローにはゴールが無い?
    ちょくちょく小さい目標を決めて達成すると安心して気を抜く私。σ(^^;)

    「僕は子どもの頃から人に笑われてきたことを常に達成してきているという自負はある・・・」
    笑われることを恐れて目標を公開しない私。σ(^^;)

    「ピート・ローズが喜んでくれていたら全然違う。全然違いますよ。」
    ピートローズが何を言ったって、負け犬の遠吠え~とか思っちゃう私。σ(^^;)

    やはり何かを成し遂げる人はノーベル賞受賞者でもスポーツ選手でも、私とは全く精神構造からして違いますね。

    取り敢えず、ブログの記事数4257本以上を目指します! o( ̄^ ̄*)

    いんちょ

     ←ランクアップにご協力下さ~い! ポチッとな。
    テーマ:スポーツ
    ジャンル:ニュース
    食欲が止まらない!
    2016年05月05日 (木) | 編集 |
    食欲止まらない遺伝子変異=ラブラドール犬で多く発見-英大学

     犬のラブラドールレトリバーには、食欲が止まりにくくなる遺伝子変異を持つ個体が比較的多いことが分かったと、英ケンブリッジ大などの研究チームが3日付の米科学誌セル・メタボリズム電子版に発表した。
    盲導犬や介助犬、警察犬によく使われるのは、頭が良く親しみやすいほか、餌を褒美に訓練しやすいことも理由ではないかという。

    食欲遺伝子?

     この遺伝子「POMC」の変異は人間の過食、肥満症患者でも見つかることがある。
    働きのメカニズムを詳細に解明すれば、犬と人間の過食、肥満治療法開発に役立つという。

    「JIJI.COM」 より

    ◇          ◇          ◇

    ウチにもPOMC変異遺伝子を持っているダルメシアンとイタリアングレーハウンドが居ます。(*^。^*)

    あ、そういう人も居ます。σ(^^;)

    いんちょ

     ←ランクアップにご協力下さ~い! ポチッとな。
    少年を噛んだアライグマは狂犬病だった!
    2016年01月30日 (土) | 編集 |
    RACCOON THAT ATTACKED 6-YEAR-OLD BOY
    IN ELMWOOD PARK
    TESTS POSITIVE FOR RABIES,
    POLICE ISSUE SAFETY ALERT

    狂犬病のアライグマ

    今週初め、ニュージャージー州で登校中の6歳の少年を襲ったアライグマを検査したところ狂犬病陽性でした。
    警察は市民に警戒警報を発令しました。

    少年アリアン・ガバリー君のご家族が金曜の朝Eyewitness Newsに公表しました。
    水曜の朝、アリアン君はエルムウッドパークの16番通りをお母さんと一緒に歩いているところを襲われました。
    目撃者によると、アライグマは後ろから走り寄り、彼に飛びつき、顔に絡みつき、それから少年を噛んだり引っ掻いたりし始めました。

    良きサマリア人(A Good Samaritan=困っている人に親切な人)が飛び入り、ポールでアライグマが少年から離れるまで叩き、アライグマが死ぬまで叩き続けました。

    アリアン君はハッケンサックメディカルセンターに運び込まれましたが、顔に深い傷を負いましたが、その内の一つは右目のすぐ近くでした。

    エルムウッドパーク警察は狂犬病のアライグマの広報のため警戒警報を発令しました。
    「野生動物にご注意!餌をあげたり、近づいたり触ったりしないように。
    犬や猫を含む見知らぬ野生動物に子供たちを近づけないで。」

    (後略)

    「EYEWITNESS NEWS(abc)」 より

    ◇          ◇          ◇

    もともとアライグマはカワイイ顔して大変凶暴ですが、狂犬病に罹っていたら・・・と思うと恐ろしいですね。

    狂犬病の潜伏期間は、一般的には1か月から3か月ですが、1週間未満から1年以上とかなり幅があります。
    この少年は大丈夫でしょうか?
    治療は受けていると思いますが、数か月間は狂犬病発症に怯えなければなりません。

    日本では狂犬病は、海外渡航者が海外で犬に噛まれ、帰国後発症死亡した例はありますが、国内での感染は昭和32年(1957年)以降発生していません。
    が、これは人や、飼われている動物での話です。
    2013年に台湾で、52年ぶりに狂犬病が発生したのも野生動物(イタチアナグマ)からでした。
    日本の野生動物が大丈夫かどうかは未知数です。
    もし野生動物に噛まれてしまった場合、このニュースのようにその動物を捉えて(殺して?)検査しなければ狂犬病に罹っているかどうか分かりませんねえ。

    自衛(=ワクチン)するしかないですね。


    ところで・・・
    「samaritan」を辞書で調べたら「good Samaritan」で「困っている人に親切な人」という訳が載ってました!
    聖書を読んでない非キリスト教徒なので知りませんでした。^^;)

    いんちょ

     ←ランクアップにご協力下さ~い! ポチッとな。
    テーマ:海外ニュース
    ジャンル:ニュース